FC2ブログ

1996年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1996年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

詩とは

詩とは 

未来時間が 現在時間を

つくる

その構造が

それである


現在時間が 未来という

一つの矢の方向に

流れ向かうのではない


太陽がのぼる

それは 

東天に ウシャス女神が

くれないに

輝きをみせた


それにひかれて

太陽がのぼったのである


世の中はすべて 現在時間から

ものを きめつけようとしている

それは 詩をけちらし

妄想の生を 送る一切となる


詩を理解する詩人は 少ない

詩人は 天の使い人

余程心を 清めねばならない


未来が現在を 引き出している

その目醒めに 耳かたむけよ


1996.04.30.
スポンサーサイト

| 1996年 | 22:48 | TOP↑

≫ EDIT

芸術感覚が必要

何をするにも いつも 芸術感覚で

やらねばならない 

知的なぶつかり 知的なかたさの中から

本当の物は 産まれてこない

ただ表面的なものしか つくられてこない



すべての中に 芸術的神話感覚を

入れよ

そうでないと人間は 知的な生活で

木や石と同じような人間で 

おわってしまう


経済をおっかけ 能率をおっかける 

機械であってはならない

なぜ 人間はあるのか

なぜ 時間や空間があるのか


そこに立派な 呼吸という世界がある

常に人は 零にもどり

零の力をかりて 生きている


酸素も水素も 自らを呼吸して 

生きている


それは 零をつくる作業にすぎない

存在するための 作業にすぎない


そこから「存在」というもの

「存在」という生きものが立ち

上がってくるのである


1996.04.19.

| 1996年 | 09:11 | TOP↑

≫ EDIT

未来時間が

未来時間が 現在を引き出す

人はいつも 現在時間の中に 生きている

それは 水をもたない 魚のようなものだ


未来時間が 現在を引き出すという

水をもて

水をもたないと 立派な現在を創造

できない


出来ないで困っているから 様々な精神文明の

教訓的言語が

たくさんつくられるのだ

そこには 詩も 神話も 人間そのもの

現在時間そのものに

かかわって来ない


未来時間が 現在を引き出すという

構図の中には

いつも 零から 人間を出発させている

自力で生きようとしている人間には

その大切な零をもたない


零は 可能性の源である

それを持たずに 自力でいきているから

宇宙のエネルギーを しゃ断しているのと

同じである
 

未来時間の中に 莫大なエネルギーがある

空間も 時間も エネルギーのかたまりだ

それを呼吸して生きよ


1996.04.15.

| 1996年 | 23:49 | TOP↑

| PAGE-SELECT |