FC2ブログ

1996年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1996年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

芸術と科学の統合教育

芸術と科学が はなればなれで

研究されている

それらはどこかで 結ばれねばならない

本当の教育となれない

人も又 本当の人間とならない


科学が情緒の世界にまで のび

芸術が科学的 数学的な世界を

のぞかないと

それらは永遠に 結ばれない


それがなされなかった原因に

詩と神話の研究が 足りなかった

いやほとんど 科学的に分析される

ことがなかった


400年前に生まれたデカルトは

おり返し運動まで 見付けていたが

神話研究を 全然していなかった

それを70年後に生まれたイタリアの  

哲学者ヴィコによって 指摘された


ヴィコの神話研究は 神話物語の

研究でなく

本物の本実在の 神話そのものを

みつけていた


それを ドイツの数人の哲学者が

影響をうけ

その研究にかかった


しかし 時代は早すぎたのか

それ以降 神話研究はとだえて

しまった


それを私がほりおこして 実を

むすばそうとしている

そして見つけたのが おり返し運動の

構造と 神話の出場所であった


すべては 呼吸している

月も 太陽も 水素も 酸素も

呼吸していない物は この世に

存在し得ないのである


時空構成距離の 慣性力を 

入力し それを増幅して

出力にかえている


そのおり返す地点が 零地点である 

そのポイントが神話の出てくる

地点である

ワニの眼が パクッと静かに眼を

あける地点である



そこが 神話のおどり出す姿である

静かにしかも 強力に動きはじめる


その時 その動きの源となる力は 

どこに 存在していたのか 

どこからそれが くるのか

それは 時空構成距離の持つ力である


そのように入力され 増幅して出力に

かえる

それがまた物質の 出力となって 

入力として吸収される

そこに芸術性を 

感じないわけにはいかない


我々は その働きによって生き 

存在しているのである

それら エネルギーは黙々と

その働きをくりかえしている


それによって 組み立てられている

生命の集合体である人間が

何をし 何を考えるべきなのだろうか


自己をなくし 他の為の

働きの力とかわる

その献げの世界を

目の前に 見るのである


神話は 献げの一面であり

進化の一面であり 大いなる母の

一面でもある


宇宙に存在するあらゆるものは

その出力と入力と 増幅作用の連鎖の中で

存在している


産み育て ふれ合いの連鎖であった

神話は 存在の源である

神話は 存在の源である


1996.05.25.
スポンサーサイト

| 1996年 | 22:26 | TOP↑

≫ EDIT

未来時間が神話をひき出す

神話は どこから

出てくるのか

どこに かくれているのか


そは  零の中

零の中に  かくされている力

可能性 それが神話だ


未来時間に ひき出されて

現在時間の中に 顔を出す


現在は  詩と神話ばかりだ

それしか ないのだ


1996.05.23.

| 1996年 | 21:31 | TOP↑

≫ EDIT

おり返し運動


大河の 一輪

大河の中の 一輪

そは 汝自身


ラーマクリシュナ のほほえみ

そは 大河の中の一輪の花

おり返し運動の宇宙に うかぶ

大いなる花


ほほえみは 流れゆく

ジャムナとガンガの合流

詩と神話の合流


構造は 構造は

酸素も水素も 自らの

呼吸の中に のみこんでしまう


命令だ 大法だ

構造の大法に 従わない者は

落ちこぼれてしまう

img004.jpg


この構造に 従え


1996.05.17.

| 1996年 | 14:10 | TOP↑

≫ EDIT

デカルトがそれを知っていた

img004.jpg


この構図に 自己をゆだねること

その事によって 自己が改革される


この構造は 宇宙をつくり

宇宙を 動かしている構造である


構造 構図 幾何が

はじめにあって

現在時間が ここから 生まれて

くる


この構図は 今から四百年前に

生まれたデカルトによって

すでに みつけられていた


大河の上を ひとつの花が

流れてゆく様を

デカルトは とらえていたのである


無限の可能性の大河を

そこに みたのである

矢印 矢印にのって

それは ゆくのである


人間という ひとつの小さな花が

やすらかに 静かに 

ゆだねの中に それは行く

科学と芸術の合流 

宇宙意志は 神話を押し出す


1996.05.16.

| 1996年 | 21:15 | TOP↑

≫ EDIT

遊戯なる大鳥

大鳥の上にのって

とんでゆく

大鳥はゆく 大鳥はゆく

大鳥の上に のってゆく


静かに零が 目をさます時

大鳥はゆく 大鳥はゆく

神話の女神 をのせてゆく


大鳥はゆく 大鳥はゆく

静かに零が 目をさました時に


1996.05.07.

| 1996年 | 11:03 | TOP↑

≫ EDIT

遊戯の中に入ろう

すべては プレーしている

すべては プレーしている

その中に入ろう

その中で プレーしよう


人は そのプレーの中にいない

人は そのプレーの外にいて

何やかやと考えている


すべては プレーしている

すべては プレーしている

その仲間入りしよう


すべては プレーしている

その仲間入りしよう

詩の構造と 神話の出場所

未来時間と 現在時間が

相互的に関連しあって

プレーしている

その中へ入ろう


1996.05.05.

| 1996年 | 20:28 | TOP↑

≫ EDIT

零が呼吸する時

未来時間の引く力によって

現在時間が つくり出される

その構造そのものが 詩である

形而上学の形に似ている


未来時間に引き出されて

零がおもむろに 目をさます

そこに 神話が生まれる


引き出す力と 引き出される

もの

その形が詩である

その引き出されるものは 神話である


引き出す力と 引き出されるものは

一対である

一対であるその二つのものは

すでに零の中にあり

あるもの自らが 引き出されて

くるのである


詩としての その構造も

引き出されてくる神話も

引く力の未来時間も

すべて 零の中にその源が

あるのである


宇宙は一つの大きな 

遊戯の中にある

遊戯は ピュアーの一面である


宇宙の根源ピュアーは

遊戯と共に生き 呼吸している


1996.05.03.

| 1996年 | 16:48 | TOP↑

≫ EDIT

流れゆく一輪の花

地上のこざかしい 聖者や

賢者のとどかない所に

詩はある

あったのだ


宇宙は 詩と神話に

みてちている

それだけを とらえよ

こざかしい知恵で 

それ以外の事を考えるな


詩と神話の美しい

婚姻の相をみよ

音楽 舞 芸術 

宇宙的ロマンが 花ひらいている

それにひたれ


おり返し運動の秘密の中に

時間の花咲く中に はいって行け

大河が流れる

一輪の花が それに浮いて

流れてゆく


大河は流れる

その花は 宇宙だ

お前だ


1996.05.03.

| 1996年 | 11:16 | TOP↑

≫ EDIT

認識と目覚め

img004.jpg


おり返し運動の 零の所

そこに 意識を集めよ


未来時間が 零を引っぱり

目ざめがくる

神話は そこからやってくる


静かに清く それは

認識をもって 目を開く

認識された 詩と神話の 

世界時間が 来たのである


時間は 前にのみ動くのではない

後ろにも動き 友を助け

友を生かしながら

直進してゆく


時間は 自分だけが 

勝手に動いて

いるのではない


助け合いながら

笑いの世界へ みなを

みちびいている


未来時間は 夢と

希望を与えつつ

みんなをひっぱってゆく


目ざめ 目ざめ 認識 認識

無限の可能性は そこから

やってくる

ワニが 静かに目をひらき

魂の奥を 見すえる


時と物のふれ合い

詩と神話の婚姻を 

そこに 見る 


宇宙は これによって動き

これによって 成り立っている

合理主義なる 現在人は

この目覚めを ふさいでいる


感性をもて 

感性を目覚めさせよ

零をもつと その特別な感性が出てくる


その神話性が 分る感性なくして

宇宙の根源に 達することは

出来ないのである


いかなる 哲学の一元論といえども

いかなる 神の恩恵といえども


1996.05.02.

| 1996年 | 11:46 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーバードが来た

幸が 彼方からやって来た

人に気付かれずに それは来た

遠い彼方から ブルーバードは来た

それを運ぶ為に


どこから来たのか 

誰も知らない

しかもそれが 私の所に

来ているのだ


幸をはこぶブルーバード

だまってそれは そこにある

いるだけで それは神々しい


人はいるだけで のいてほしいような人が

たくさんいるが

このブルーバードは

そうではない


約束もしていないのに

幸を持って 来てくれた

こんな鳥を あなたも持てたら

     (プレゼントされたクリスタルの鳥の置物に寄せて)


1996.05.01.

| 1996年 | 09:25 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT