1996年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1996年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宇宙の中心につっ立つ者は

受けるのでなしに

与える者となれ

与えられているのでなしに

与える者となれ


月 太陽 その他星雲からくる

電磁波

それを すい受け

はき出すエネルギーとなれ

それに 重点をおけ


宇宙の中心となれ

宇宙をうごかす者となれ


透明な角度は ヘルプ者である

神話はつねに ヘルプ者である


神話の高みとは

これである


ヘルプ者とは

人間にヘルプする事ではない

ヘルプ者とは

宇宙にヘルプする事である

宇宙に立つ事である


エネルギーを 自己から

与える事である

それが 神話の高みである


これが 宇宙につっ立つ事である


1996.08.26.
スポンサーサイト

| 1996年 | 19:32 | TOP↑

≫ EDIT

透明な角度とは

意志には 丸みと

けんがあるように

意識には 意識的図形がある

それは

図形と意識が 一対であると

もいえる


そのように 透明にも

幾何と交わるところがある

その形が 角度であるともいえる


芸術作品や 芸術そのものの

中にも

意識的表現の 幾何学的な

色彩や 形がある


色彩が 一つの形であり

角度でもある


その色彩と角度の組み合わせの

中に

意識がある


宇宙の根源は

透明そのもの 神話そのもの

詩そのもの である


……そこに角度が 点と線と

時間と空間を

存在たらしめている


1996.08.26.

| 1996年 | 13:08 | TOP↑

| PAGE-SELECT |