FC2ブログ

1996年11月 | ARCHIVE-SELECT | 1997年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なぞにみちている宇宙

この世は「謎」に満ちている
それが神話だ
それがオチャメだ

その「謎」の中から物質が生まれ
生命をもつものが生まれた
思考するものたちは動き始めた 人である

人は言語を創った
相対感念が そこから生まれた
そして そこから<何故>をもつようになった
悩みはそこから起き始めた

思索 哲学 宗教 科学そして経済へと
苦の道を歩み続けて来た
人は言語を持たなかった元の人間に帰らねばならない

<何故>が消えて友をもつ
宇宙の全てが彼自身となる

友が来た 彼の内から友が来た
風の中からも 空間の中からも自己なる友が来た
手拍子をうって オチャメの手拍子をうって
それらは近づいて来た

謎に満ちている世界では<何故>は通用しないのである
科学も 宗教も全てがオチャメの中で微笑み始める

1996.12.20.
スポンサーサイト



| 1996年 | 15:37 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメは生命をいかす

始めにドロ沼の中から生命が生まれた
そこに オチャメが来た
すると生命体は躍動し始めた

オチャメが来ないと 躍動しないのである

オチャメは 躍動のもとである
生命を生命たらしめる基である
オチャメが来ないと生命は ただの生命で留まってしまう

人が人となるのはオチャメによってである
しかるに人はオチャメを忘れて 
知のかたまりとなっている
合理主義のかたまりである

人は人でない知のロボットが 歩いているのである
街々には そんな人間が動きまわっている
本当の生きた人間でなしに

オチャメを全細胞に流し込め
細胞は燃えてくる
それは贈り物である

贈り物のために生きよ
贈り物として生きよ

1996.12.15.

| 1996年 | 19:52 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメのほほえみ

インドのスリー・ラーマクリシュナは特異な存在であった
スリー・ラーマクリシュナや クリシュナ神話には
オチャメがある
オチャメは哲学を笑わせ 腰を抜かせる

大空にかかる虹
黄色い花 赤い花
透明なオチャメのささやき
損得 生死を超えて存在するオチャメ

もしここにいつもニコニコしている人種が
いたらどうだろうか
教典も哲学書も持たない人種が ここにいたらどうだろうか
何をしても 何をされてもいつもニコニコしている者が
いたらどうだろうか

ドイツの詩人ゲーテが ドイツの哲人ニーチェが
イタリアの太陽の許に降参してしまった
なぜ今までつまらぬことを考え続けて来たのかと
大自然の中に オチャメを感じとろう
自分の顔がほころびてくる

今までの精神文明にオチャメがなかった事が一大欠陥である
聖者や賢者はあまり合理的な固い 賢いことを言い過ぎて来た

トマトや 柿や 太陽が何も言わず
赤い顔して微笑んでいた

1996.12.08.

| 1996年 | 23:15 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの木が

科学技術が発展して来て
オチャメの前で 頭を下げる
経済が いやらしい顔して走っている
オチャメが顔を そむけてしまった

人間は宇宙という木の果実を 食いつくし
踏みつぶし
根まで 掘り起こそうとしている

そして理論 論理 発明という
網をひっぱって
倒した木が 自分の頭の上に倒れて来た

1996.12.08.

| 1996年 | 23:11 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの種

一粒の種が
いずこからともなく
飛んで来た

それはオチャメという
種であった

それが 人間の始まりであり
それがトマトや リンゴや
時間や空間の始まりであった

1996.12.08. 

| 1996年 | 20:26 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの翼

オチャメは 精そのもの

オチャメは 精神世界や 
合理的な物理学の上を飛ぶ

オチャメは善悪 上下 恨み
憎しみの上を飛ぶ

オチャメは 知的な聖者
賢者の上を飛ぶ

トマトも 柿も赤く色づいた
オチャメは言葉以外に 形となって現われる

花の精も せせらぎの精もオチャメそのもの 
神話そのもの

オチャメが 人を救ってくれる
自己の内なるオチャメによって

リンゴも トマトも 柿も 人間も
みんな オチャメの
翼をもっている

1996.12.04.

| 1996年 | 19:27 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの登場

糸車があった
その糸車を廻している者がいた
四十数年間 その糸車を廻し続けていた

宇宙の真理を引き出そうとして
その者は廻し 引き出していたのである

それは長い年月であった
朝に夕に一時たりとも その手をゆるめなかった
そしてついに見つけたものは
オチャメというものであった

それは神話にも 詩にも
精にも 通じるものであった
しかもそれは 人間の本性的なものであった

善悪 超越意識をよそにそれはあった
精神文明はそれによって 
その正体をさらさなければならなかった
いわゆる 精神文明の崩壊期が来たのである

神話 詩 精 オチャメの登場である
糸車は急速に廻り始めた

1996.12.04.

| 1996年 | 00:36 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメは訪問者

神話は歌う
神話は歌う
神話は オチャメで訪問者

訪問者であって
贈り物そのもの

そこに無があり 無私がある
おお 無限の贈り物をする者よ 
夢の贈り物をする者よ

無私の訪問者は踊る
アンリアルの世界を飛び回る

1996.12.03.

| 1996年 | 14:57 | TOP↑

| PAGE-SELECT |