FC2ブログ

1996年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1997年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神話からの贈りもの

この統一構図の 頂点は
人間は自然から現われた
神話の贈り物である

透明な角度をもった透明そのものである
罪人でもなければ 罪悪に満ちた悪人でもない

贈り物そのもの 贈られてきた者そのもの
透明に それは輝いている
邪心は 相対構図から現われる
相対構図が 悪い心を起こさせる。のである

心にオチャメを持っていないと ついつい固い考えや
他人を裁く考えや 不安が起きて来る

オチャメになると考えが和らぎ 運命をも変えてくれる
この統一構図の頂点は

img007.jpg

すべてのものを 透明な幸せに導いてくれる
そこから 幸せが創り出されてくるのである

また 人の顔は少し上向き
視線は人々の上を越えてゆく

堂々と余裕のある 親しげな柔らかい。
しかも透明で オチャメの態度が現われてくる

おお 透明な角度をもつ者よ
神話からの贈り物よ
堂々と オチャメの顔をほころばして歩く

1997.01.24.
スポンサーサイト



| 1997年 | 13:13 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙構図が現われだした

宇宙構図が現われだした

img005.jpg

神話は 宇宙根源と物質宇宙との中間にあって
その両方にまたがっている

根源から 神話の世界が起き
その神話の世界は物質宇宙を作った

物質宇宙は 三角の構造をもっている
創造 破壊 保持である
宇宙の基には この構造がある
これは幾何を意味している

天体の周りにある神々は 人間が考え出し
そこから神の霊が出来上がって来たのである

宇宙の元なるものには 神という名称も 
人間が考えるような力はない
宇宙の元は 力や名称を越えている

img006.jpg

この三段になっている構造が
また一つの構造にまとめ上げられる
それがこれである

img007.jpg

そこでは 自我が消される
こまっしゃくれた知恵は 消される
神も 自我も消えている
救うものと 救われる者が消えている
あちらも こちらも 私も あなたも消えている

体内のコンピュータが調子よく動き出し 創造が起きる

創造を知る者は 創造者となると
インドのウパニシャドはいう
まさに この頂点を知る者のことである

1997.01.21.

| 1997年 | 21:52 | TOP↑

≫ EDIT

神話がもつ自然治癒力

人には 善性 動性 慢性の三種類の人間がいる

善性とは善いこと 清いことを好み
仕事も 食べ物も芸術化されて来る

動性とは活発で よく動くが よく食べ闘争的である

慢性とは怠け者で 腐った物でも まずい物でも腹一杯食べる
よく飲み よく食い しかもあまり働かない

また人は他力的な人と 自力的な人と 禅的な人とがいる

私とあなた あなたと私 あちらとこちらと こちらとあちら
という相対構図のなかに生きている人は
この他力と自力のいずれかをとる

その他に禅的な人がいて その人は全て一つであるという
統一構造の中に生きる人である

他力と自力は いつも悩みを内在している
統一的な人は他と争わず 何があっても慌てず 焦らず
おだやかで 透明で いつも幸せを胸にもっている

しゃべったり どなったり 言いたい事を言ったり 
内らで怒っていたり他人 の悪口を言ったり
これは 動性と慢性である

統一的な人は 合理の世界から非合理の
神話の世界に入っている
その人の体内のコンピュータは 宇宙的に動き
正しく 清く 透明な行為と言語をもっている

非合理の神話の芸術的意識は 自ずと自己をコントロールし
創造的である

この湧き上る苦しい経済の中にあっても 力強く立ち上り
天なる無邪気さを持って 弱き者を助けてゆく

1997.01.14.

| 1997年 | 20:21 | TOP↑

≫ EDIT

秘密者は

秘密者なる神話は
人間の林の中で
ドロンコの大人となって
遊び給う

聖なるものの中からは
神話は 現れて来ないのである

聖なるものは 知性の考えだす
一つの部門である
ドロンコの大人は あらゆるものを
飲み込んで 平気である

そこに 神話の真相を見よ

秘密者は あらゆるものの中に
隠れ給う
舞そのものが 大きく
揺れている

1997.01.07.

| 1997年 | 09:44 | TOP↑

≫ EDIT

神話学は科学である

仏陀は 母親の腋の下から誕生したという
何と素晴らしい譬えであろうか

キリストも 聖なる母から誕生したという
その譬えは理性をはるかに越えている

そこに透明な 線と角度によって織られた
神話への入口のあることを知らねばならない

幾何と意志が 一対になって存在している世界
それが 神話の世界である
しかもそれが 宇宙存在の元なる世界である

宇宙も人もそこから生まれ その中で存在している
透明なる構造の世界
透明なる幾何と 透明なる意志が同時存在する世界
それが神話の世界である

生命はそこから誕生し 人は更に進化して
意志は オチャメの相へと進化した

人は動き 知的な事を考えるばかりでは 
進化した人とは 言えないのである
オチャメを持つ人こそ 本当に生きた人といえるのである
かたぐるしい合理的な知識から 非合理の神話的な人間
透明でオチャメをもった人間社会
これが 未来の宇宙と社会と人である

神話学は 新しい世界秩序の建設者である
コスモス
コスモスという言語をこの宇宙に与えたのは
ピタゴラスであった

コスモスとは「輝かしき秩序」という意味である

大地の子等は この「輝かしき秩序」の母なる
自然の透明なふところに帰り 
憩わねばならない

1997.01.06.

| 1997年 | 19:49 | TOP↑

≫ EDIT

羽毛の舞 2

羽毛が飛んでいる
柔らかい羽毛が

何の抵抗もなく
柔らかく それは飛んでいる

透明な角度をもって 
それは飛んでいる

そこにオチャメの線と 角度がある
人間の知識の林を超えた
角度の向こうに そんなものがある

視線をそこに向けよ
ワシの一線よ 飛べ

天上から舞い降りる白紙の舞い
柔らかく 軽い羽毛の舞い
その躍動の中へ 飛んでいけ

1997.01.02.

| 1997年 | 08:40 | TOP↑

≫ EDIT

羽毛の舞 1

羽毛の舞が見える 
羽毛の舞が見える

これは 白紙が天から
舞い下りてくる角度と同じだ

何の抵抗もなく
それは飛んでいる
透明な角度をもって
飛んでいる

それは オチャメと同じだ
宇宙の根源的な構造だ

それを見つめると
視線は 人々や
ありふれた相対構図から出て来る
様々なものを超える

一人宇宙の真理につっ立つ相が
現れる

羽毛の舞は自由そのもの
根源そのもの
オチャメそのもの

1997.01.01.

| 1997年 | 09:21 | TOP↑

| PAGE-SELECT |