FC2ブログ

1997年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1997年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

詩の人

相対構図で出来上がった思想を捨て去り
統一構図の頂点に意識を集め 白紙の舞となり
羽毛の舞となり オチャメとなると
今までの自我は少しづつ 消えてくる 

人はそこに居ながら 人でなく
樹がそこにありながら 樹ではなく
すべてが詩そのものとなる

神話から 贈り物として現われたるものたちよ
それは詩そのもの

アメリカインディアンが言った樹に対して 樹の人
石に対して 石の人と呼んだ
全ての中に 人間の中にある同じ精霊を見たのである

オチャメと 白紙の舞の構造で彼等は呼びかけ 
語りかけ それ等と共に平和に暮らした
鳥の声も 樹の声も 彼等は理解することが出来た

人間は元々 生れながらに詩人である
樹も 石も 鳥も 風も詩人である

そこに 白紙の舞の幾何学的構図
羽毛の軽やかさ なに物ともぶつからない相
透明なオチャメのささやきがある

詩人とは 宇宙構造の素晴らしさを共に歌うものである
贈り物としてある その素晴らしさを

ギリシャ神話の研究家であったヘルダーリンが
神々と呼んだのは この詩の人たちのことではなかろうか

神々しくも 麗しい自然の秩序
幾何学構図は踊る

1997.02.15.
スポンサーサイト



| 1997年 | 20:33 | TOP↑

≫ EDIT

消えて立て

三角構造の物質宇宙の本質は
他力である

他力にならせてくださいと
他力そのものに 拝む

他力にならせてくださいと 拝み
たのむと 
物質宇宙の本質に入ってゆく
そして 物質宇宙から抜けられる

羽毛のように 軽くなって
物質宇宙の外に立つ
消えて立つのである

自信が湧いて来る
余裕が出来てくる

神話の世界がそこにある
オチャメなほほえみがやってくる

視線が上にあがり
人間の林から抜けている
胸をはって その者は歩く

消えたものとして
他力は 神話を現わす

1997.02.01.

| 1997年 | 09:14 | TOP↑

| PAGE-SELECT |