1997年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1997年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヘールボップ彗星と光司の出現

ありがとう彗星よ

ありがとう

何万年かに一度 あらわれる

その彗星を

何日間も見れた

そのありがたさ


ありがたさに 満足いっぱい


人生のよろこびは 頂上に達した

そして他にも 満足感でいっぱいである


光司が ここまで大きくなってくれた

大学入学もきまった

これも私にとては 彗星の出現の

ような 出来事である


親のように 親として

子供を育てるよろこびを 満喫

させてくれて

ありがとう


ここで彼が 我が家からさろうとも

もう満足で いっぱいである

よく親と子と 子と親の育ての中での

よろこびを

与えてくれた

ありがとう


それと 宇宙だ

彗星のあらわれと

光司の入学と同時に

「原形相」がみつかった


これがまさしく

天下一の 何億年かに一度

あらわれる星だ


光司も私にとって星なら

宇宙も私にとって子供のような

気がする


よくも私を ここまで

求道の道で たのしませてくれた

子供なる 宇宙のよろこび


私の半生は これでみごとに

おわった

72才の半生は よろこびに

みちている


1997.03.31.
スポンサーサイト

| 1997年 | 21:48 | TOP↑

≫ EDIT

言語は自然のために

人は地上で 開拓するのでなく

それら 自然と共に

それらの中で 生きるのだ


自然を かきまわしてはならない

彼らの中にいるのだ


根源的形相が 掛け橋である

その橋を 渡ることが

かたりかけの原形である


言語の原形でも それはある

言語は何のために来たのか

何のためにあるのかが 分ってくる


事物と事物とが 

自然に 存在するために

その語りかけが 必要なのである

同居することが

言語の役目である


自然に暴力を ふるうことは

それに反する

暴力は その掛け橋を

こわしてしまう


1997.03.30.

| 1997年 | 13:30 | TOP↑

≫ EDIT

彗星がつれて来たもの

白い紙が フワフワと

まいおりてくる


オチャメ 羽毛は

根源的形相が 初めに

あらわれとなったものであり

それが物質 即ち形ある

すべての事物をつくった


すべての事物のもとに

白い紙の宇宙より 舞い降りる様と

羽毛と オチャメがあり

その元に 根源的形相がある


それは 眼に見えない

宇宙以前のものであるから

そして それは神話から

来たものである


この閃きは コメットと共に来た

彗星がつれてきた

時間と空間も 

その形相の所産である


その形相はいかにも 神々しい

ものである

透明なものである


1997.03.30.

| 1997年 | 13:22 | TOP↑

≫ EDIT

原初の形が

形が分ってきてから

宇宙が まるはだかにされて来た


言葉も 知も 何もかもがとんで

しまった


形即ち 次元かも知れないが

もとのかたちが はじめにこの宇宙に

きた

それから 形あるもの共が 形をつくった


言語 心情 霊 魂など

その形のあとに きたものである

宇宙が 裸にされてしまった


マーケットの品物を すべて

戸外に 放り出したようなものだ


我々は今日まで それ等品物の中に

あって

云々して来た

何がどうなっているとか

何が必要だとか――


1997.03.29.

| 1997年 | 12:27 | TOP↑

≫ EDIT

形相の発見

言語の掛け橋以外に 

「形相」の掛け橋を

みつける 

時間は 以前からみつかっているが

形相という真理なるものの 

あらわれがある


神話は 言語と形相となって

この世に来た


時間というものがあるから 

物質がが存在しうる

そのように形相というものが

あるから

物が存在しえるのである


物が物となり

形をもったものと なりうるのである


しかし その形相 即ち

真理の現われなる 元なる形相は

祈りという真理を

内蔵しているのではないか


祈りなる真理なるものが

時間 形相をもち 物質宇宙が

創造されてきたようだ


そのもとに 「祈り」という 

真理 真実なるものが

ひそんでいるように

感じられてならない


言語もその形相からあらわれた

一つのものである

もとは 一つだ「祈り」だ


言語が現われようが

知恵が現われようが

すべて「祈り」の変形したものである


それから 散りこぼれ

展開してきたものである


だから 形相を土台とする人間形相 

人間存在そのものは

「祈り」の相を もたねばならない


「祈り」そのものの相が

現われてこなければならない

神々しい相とはこれだ


すべてに「祈り」を見る相で

なければならない


1997.03.29.

| 1997年 | 00:52 | TOP↑

| PAGE-SELECT |