FC2ブログ

1998年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1998年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

空間のエネルギーで生きよ



相対思考の中ではいくらでも 

いくらでも 考えが

生まれでてくる

在る人はこう 在る人はこう……

これは あれは……

とめどがない いくらでもふくれ上がる


クローズすると その頂点から

自然に 本当のものが生まれてくる

この統一構図これさえあれば

何の教理も教典も教えもいらない


目の前にあるのは 目の前に人間が展開させているのは

すべて迷い

目の前におかれた皿の上の食べ物も 迷いの食べ物

これを食べないと 生きられない……迷いの考え

衣服も こういうのを着ねばならないなど


統一構図になれば 

宇宙のエネルギーで生かされる


人間の考えは すべて迷いであった

今までの何千年の歴史は 全部迷いの歴史であった


人間は図形で出来ている

宇宙も図形で出来ている


空間には 無限のエネルギーがある 

0にも 無限のエネルギーがある 


空間は距離 距離はエネルギー

そこに意識を集めれば 

きっと生命がふき込まれる


今の人が死んだような状態で 

躍動して生きていないのは

いわば生ける屍なのは 

空間に在りながら それに気づかず

自らを閉ざし 宇宙の呼吸をしていないからである


目も耳も細胞も 皆閉ざしているからだ

ただ目を開けて空間を 

生きた空間を意識し 受け入れるだけでよいのだ


1998.06.17.
スポンサーサイト

| 1998年 | 16:09 | TOP↑

| PAGE-SELECT |