FC2ブログ

1999年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1999年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニーチェより学ぶ

善いことをせよ
聖者のような人間になれ 愛情深い人間になれ 
この教えは間違っている

これは弱い人間に与える教え
弱い人間に必要な教えでしかない 
それをニーチェは偽善であると言った

彼は善と悪の問題を考えた
それは無価値だと結論づけた 
人間生活の中で人が頼りとする価値を
全部取ってしまった

ニーチェは善悪を超越した存在
人を超えた存在「超人」というものを
指し示したが
最終的なものをつかめず 彼は狂ってしまった

善悪を区別する考えを合理主義という
仏陀の教えも合理 キリストの教えも合理
あらゆる聖者や哲学者のいったことは
合理主義でうずまっている

合理を超えるものは何か
それは非合理である
超非合理なるものである

白紙の舞い降りるさま
羽毛の風に漂うさま
ここにその超非合理がある

物が動く 物が落ちる 物がそこにある
その元にこれがある
あらゆるものの元に この構図がある
これが宇宙の元の構図である

リンゴに羽を生やしてみよ
そして白紙の舞の軌跡を作って
羽の生えたリンゴをその軌跡に
置いてみよ

リンゴが超非合理の神話の舞を
そこに展開しているのが
見えないか

非合理が 超非合理が
宇宙の全ての存在を
舞い踊らせるのだ

1999.02.15.
スポンサーサイト



| 1999年 | 09:48 | TOP↑

≫ EDIT

生きよ 宇宙時間の中に

全ては宇宙時間を持っている 
木 樹々 山 草々 水 空気
その他それら全ての物は
宇宙時間を持っている

その時間はゆったりとした長い波長を
持っている
その宇宙時間を人も持とう
それを自分のものとしよう

すると動作もゆっくりとなり
言葉づかいもゆっくりとなる
すると人は助かる

だのに人は人間時間を造って
短い意識波長を造って
短い緊張した動作と言葉を使い
生きている

自分の中にある宇宙時間に帰ろう
時間のウェーブこそが
人間を助けてくれるものである

幾何学的な構図がそこにある
それが人間を助けてくれるのである

それに気づかず人は
合理の意識世界を造り
人と社会を整えようとした
それでは人は永遠に救われない

経典 聖典……神 神々 
人の救いはそこにはない
美術 芸術 文学 
これらはしばらくの間 人間を楽しませてくれる
しかし 根本的なものではない

人間そのものが根本的に元に帰らねばならない 
幾何学的な世界に

宇宙は長い時間の中に生きている
人間は短い時間の中に生きている
そして人間は感情と知識の中で生きている

人は花を美しいとして愛でるが
その花の中に入っていない
花やその他の長波の時間に語りかけてみよ

それらと一つになって
もっと違った宇宙意識が出て来る

幾何学的な時間がそこにある
オチャメと神話がそこから出て来る

1999.02.03.

| 1999年 | 11:31 | TOP↑

| PAGE-SELECT |