FC2ブログ

1999年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1999年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

透明の無意味が踊る

宇宙は喜んでいる
なぜか 私には分からない
宇宙は透明な喜びに満ちている

なぜなら それは無意味の線によって飾られているから
そこまでしか分からない

その喜びが 無意味の中に 
透明な無意味な喜びが 踊る

踊る喜びもオチャメの顔
宇宙も踊る その喜びは踊る
二人でなしに 一人が踊る
自然や 人や そんな物に気をつかわない
一人が喜び 踊る

それは宇宙の中味 宇宙そのもの
相対物に気をとられるな

一人になれ 一人になれ
それ自体になる それが全てだ
それから 自然と他との語らいがはじまる

酔う人が来た 酔う人が来た 
酔う人が来た
酔いが回って来た やっと酔う人になれた

人の事も 自然の事も何も考えない 何も気にとめない 
酔う人が来た

自我そのもの 宇宙そのものもなく
その二つもない ある一つのもの

その透明で 無意味なものの喜びの中で
そのものは 「酔い」そのものとなる

ソーマ酒が回って来たのだ
ソーマ酒が 酔う人を作った

あいさつや オチャメや 白紙の舞や
そんなものを何も考えずに
しかもそうなれている人が来た

酔っている人が

1999.09.01.
スポンサーサイト



| 1999年 | 14:30 | TOP↑

| PAGE-SELECT |