FC2ブログ

2000年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2000年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

無意味のゆりかご

自分たちの頭の中に入っている合理的な知識を捨てないかぎり
人は踊ることは出来ない

合理は時間と因果に支えられている
これによって人は自らを縛りつけ 
一見賢そうな顔をよそおっている
聖者と呼ばれる人さえ 賢そうな顔をしている

ところが 言語と窮屈な合理によって作られた
賢そうな顔というのは良くない
反対にアホのような顔にならないと 
躍動はやって来ないのだ

私が昨年12月23日 ランバージャックという店に
材木を買いに行った時のことである
私の車に注文した材木を積んでくれた若い男がいる
私はサンキュウと言って その男の顔を近くで見て
びっくりした

賢そうな顔ではない アホのような顔であった
欲にまみれた知識が 頭の中に全く入っていない顔だ
言語と合理に全く毒されていない顔だ

私はその知と論理をこえたアホの男の顔に魅せられて
しまったのである

私も今までは賢くなろう なろうと励んで生きて来た
しかし私はその男の顔を見た時
その考えがひっくり返ってしまった
頭の中に知識を一杯入っている自分は
悪い人間だと分かったのだ

私はこういう顔をもった人間に出会ったのは 始めてであった
その顔は私にとっては鏡だった
鏡を見て 遅まきながら始めて己の姿を理解したのであった
そして人間は 知識を超越して輝くこのような顔を
もつ必要があることを実感した

そこで私はどうしたら 頭の中の知識を捨てられるか考えた
自分の中の合理性を やっつけられるのか考えた

合理は因果性 つまり原因と結果の結びつきによって
かつがれているものである
それを超えるためには
宇宙の大きな無意味をもって来なければならない
そこでひとつのアイディアを考えた

椅子に座って 無意味のゆりかごを考えて揺すった
そのゆりかごで揺すっていると 頭からだんだん合理が
遠のいていった
合理に疲れ緊張していた魂が 解き放たれて来たのである
そしてさらに 右に左にゆれるその形の構図は
原因と結果の世界を打ち消したのだ

合理の知識があちらに行って 
あちらがこちらに入って来て入れ替わる
緊張も束縛も揺れの中で崩れてゆく

それが本当の状態
これが無意味の宇宙
意味付けされた宇宙があちらへ行ってしまって
無意味の宇宙がこの中に入って来る
それが本当の人間である

2000.03.27.
スポンサーサイト



| 2000年 | 23:53 | TOP↑

≫ EDIT

時間も踊る無意味の宇宙

人類は一万年間 間違った道を歩んでいる
それは言葉を作ったことによる

一万年前は言葉をもっていなかった
その時 人は太陽とも月とも大地とも人間 
樹々とも石とも皆一つだった

ところが人は石 人 月 私 あなたと色んな言葉を作った
そのため これは私 月 太陽 石と分れてしまった
そこから人は間違った考えが起き 苦しみをもつようになった

そして終いに自分中心の人間になって 
自分を守ることだけが大事になった
存在物との 詩的で神話的つながりは消え
自己を守る事だけが中心となり
自分以外のものに怖れをもつようになった

そして多くの聖者たちが
それらの人々の悩みを除こうと 多くの教えを説いた
その教えというものは 言葉と合理によって
意味付けされたものであり
それを理解するよう強いられてきた

そして歴史を通じて 代々強いられてきたものが
人間の理性となった
理性は原因と結果の因果律を導き出し
人はますます行為に縛られていった

原因と結果の観測によって
科学の発見はなされたが 
それは宇宙の表面的なことを見つけただけである
科学者のほとんどが宇宙の表面を見ているだけである

過去から未来に進む時間というものにおいてのみ
因果律や科学は成り立つ
その時間の奥に何があるのか
その奥には意味付け出来る世界を超えた無意味の宇宙がある

例えば時間は矢のように一定方向に走るように思われているが
本当はそうではなく
前にいったり 後ろにいったり自由に動く
時間ひとつでも止まった時間というものもなければ
一つの方向というものもない
そのように宇宙の深層というものは 我々には計り知れない

宇宙の知恵は謎に満ちている
そのような宇宙に存在する人間には
意味付けた世界は崩壊してしまうのだ

ところが人間は一万年間 強いられた理性によって 
こうあるべきだと言い続けて来た
そういうものに人間が縛られて来た

人間は一万年間 言語によって 
理性によって 意味付けた教えによって 
自由を失って来た

それをよく認識せよ 
そうすると 自分の中からそういうものを
破つ力が湧いてくる
その力が躍動と踊りとなる

無意味が踊りを導き出す
そこでは 過去と未来の両手を繰り出しながら
時間それ自身も踊り出す

2000.03.26.

| 2000年 | 23:51 | TOP↑

≫ EDIT

あいさつからオチャメが現れる

オチャメという言葉は
天啓として授かったものである
もしこのオチャメという言葉が降ってこなかったら
私は永遠に思考の世界から 抜けられなかったことであろう

オチャメが神話実現の 大いなる鍵であることは確かだ
だから どうしたら自分の中からオチャメが出てくるか
どのようにしてオチャメになろうとかと 一生懸命考えた
そしてまた思考の世界に入っていってしまった

自分も小さい時は オチャメだったとよく覚えているし
自分ばかりでなく回りの子供もオチャメそのものであった
だから子供時代を思い出しオチャメになろうと試みたのである

しかしそれは間違いであった
それは作為的であるから
オチャメになろうとしてもなれるものではない
オチャメは自然に内から湧いて来るものなのである

そのようにオチャメになろうとして
なりきれない自分があった
そこに満足していない自分があった
自分の内にそういう人に言えない苦しみをもっていた

そんな中 或る日マーケットにいった
あるアメリカ人の男性と眼と眼があった時 その人が
私の顔をみて心の底から ハーイとあいさつをしてくれた
そこで私も 心の底からハーイと言えたのである

私の内から 本当のあいさつが出て来たのである
その時に私の身体に一つの変化が起こった
そのあいさつをした時 私の顔が
なろうと思わずにオチャメになってきたのが分かったのである

オチャメのバイブレーションが身体の中から
響き始めたのを実感したのである
それでオチャメになるためにはあいさつが必要だと分かった
しかしこの時のあいさつは
普通のあいさつではなかったのである

あいさつということは 誰でも知っている
普通のあいさつ 
それは人と人が相対的にあってするものである
人との関係を円滑にするという目的をもって
なされるものである
それと違ったあいさつがある

あいさつする人と人のその間に
あいさつという生きたものがあるのだ
人と人の間にある真実のあいさつ
このあいさつをすると自分が消え
あいさつを交わした相手も消えてしまうのである

さらにこのあいさつは 相手が人の場合だけでなく
全てのものとの間に あいさつがあることが分かった
そしてそのあいさつに触れた瞬間
意味のある世界が みんな消えてしまうことを発見した

自分があるかぎり 人は意味のある世界を立ち上げてしまう
つまりそこで宇宙を 自己に都合のよいように
意味づけてしまうのだ
しかし本来 宇宙は意味のある世界は何もない無意味の
世界である

そこではあらゆるものは 全てあいさつによって存在している
あらゆるものはあいさつによって衝突して消え 又現われる
世界はあいさつによって成り立ち 
あいさつによって動いている

そのあいさつが動き出す
そこにオチャメが現われて来るのであった

宇宙からエネルギーが自分たちの中に入って来ている 
入ったものは また出ていく
自分が見ている対象にも 同じく宇宙からエネルギーが
来ている 
それもまたそこに入ったものは出ていっている
この循環作用 折り返し構造の中に
オチャメは潜んでいたのであった

アメリカに詩人のホイットマンがいた
ホイットマンは朝窓を開けて
そこに咲く朝顔の花を見て
これ程うれしかった事はないといっている

彼はそこに「あいさつ」を見たのである
朝顔の花が 彼にあいさつをしているのを感じた
詩人はそのあいさつを見逃さない
それをとらえる意識神経があるのだ
そこにあるあいさつを見つけ
詩人はそれによってオチャメをつかむである

これが分かると 我々も詩人になるのである
ここから自分の中に大きい変化が起きるのだ

詩人は全てとあいさつすることにより
宇宙はオチャメにあふれていることを知る
そして彼はそこから
宇宙の讃美の歌を途切れることなく
紡ぎだすのである

2000.03.23.

| 2000年 | 00:13 | TOP↑

≫ EDIT

無意味の笑い

宇宙には限界がない
宇宙の奥は
意味のない世界
その意味のないものこそ 
限界のないものをつくれる

今までの人類は
意味のある世界を造って来た
理性と理論を駆使し
結論を出すこと 答えを出すことに
努めて来た

答えを出すことは 限界を造ることである
限界のある世界は必ず行き詰まる
そういう牢獄の中に 人間は入っていった
自ら造った牢獄の中に入っていった

我々のこの宇宙は牢獄ではない
それは意味づけ出来ない非合理の世界
そこには微笑みがある

無意味には笑いがある
無意味の笑いが見つかったのだ
それがオチャメの笑いである

2000.03.20.

| 2000年 | 19:27 | TOP↑

| PAGE-SELECT |