FC2ブログ

2000年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2000年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ある夜のこと フト考えた

我々の頭の脳みその何か どこかが

発達していない

それは ピンボケというところである


ピンボケといったら あほのところだ

合理の通らないところだ

そんな所を 発達させる必要がある


すると 無意味のピンボケ的な世界に

入っていける


はっきりした答えや はっきりした結果を

求めない訓練が 必要だ

すると 全身の筋肉がゆるんでアホ

(ピンボケさん)になってくるはずだ


ピンボケのアホ意識振動を 全身に

与えなさい


今まで 合理知の賢い意識振動を 

全身に与えていたから

空をとべなかったのも そのせいかもしれない


アホになる栓の所が つめられていて

かしこい方に ひらいているのだ


それを 切りかえよ

全細胞の流れを かえよ


何でこんな大切な事が 次々に

分ってくるのかな

アホのゆりかごを つくれ

それにゆられよ

もっとすごいことが 分ってくる


1+1= 1+5= 10+10=

とあった
 
  2     6     20 

と答を書いた人ばかりだった


合理知の人々の車が走る車道があった

かしこい人々の 通る道である

そこを通してくれるのは

かしこい人の乗った車だけであった


アホの車は 入口でストップさせられた


そんな社会があった

そこの人々は皆 苦しんでいた

法律をいくつも つくらねばならなかった


アホの社会には 法律というものが

なかった

それなのに 人と人は楽しく

すごしていた


2000.07.22.
スポンサーサイト

| 2000年 | 20:09 | TOP↑

| PAGE-SELECT |