2001年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2001年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

自然の顔

水の流れそのものが 光っている

オチャメが そこにある

それは 人間の迷いのものでない


自然の顔だ

自然の形相だ


いくら険しい山の峯でも

光っている

オチャメが そこにある


昨日 姫金神の親先生のことを

考えた

笑いも 怒りもしなかった

人の善し悪しをいわず 説教も

しなかった


大声を出すことも 大声で笑うことも

なかった

しかも りりしく 厳しかった

そして 神の人であり やさしかった 

親先生は 「神に属していた人」だった


2001.05.12.
スポンサーサイト

| 2001年 | 13:10 | TOP↑

| PAGE-SELECT |