FC2ブログ

2001年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2001年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

銀行に行った時

銀行に行った時

モデルのような女性の 歩き方に

出会う


それで 形に一定の形のある事が分った

一定の形をもつと 形そのものとなり

知の世界から ぬけられる事が分った


そして 形の世界そのものとなり

形の全身像という宇宙が

ある事がわかってきた


我々は 人間でなく 形なのである

それを忘れて 知識あるのが 人間で

あると思いこんできた


我々はそんなものでなく 形こそ

自分であるのだ


エジプト人は ピラミッドという形を

つくった

それを 自分と見

それを 神と見

それを 真理と見た


知識文明より はるかに

賢い


2001.09.27.
スポンサーサイト



| 2001年 | 20:23 | TOP↑

≫ EDIT

無知なる礼拝の幾何学

やくざでも形をもっている

立派だ 統一しそのものになりきっている


普通人はあれを考えたり これを考えたり

目的をもったり フラテンでフラフラしている

統一していない 分散 散漫になっている

自分を見失っている


まわりに 翻弄されないで人の眼や

人の言葉を気にしないで

シャンと一人立ちして ビクともしないものに

ならねばならない


自分を見失ったら 徒らに時を費やす

ばかりだ

人から離れ 宇宙を突き抜けて

唯一人で立て


商売人も求道者も同じ

儲けよう 良くなろうと目的をもって進んでいる

禅宗の坊さんも

坐禅して悟ろうという求めがあるなら

道は遠のく


無知は質問をもたない

ヴィコのいう太古の神学詩人は

無知であったがゆえに

詩人たりえた


目うつりしたり気を散らしたりしないで

きっぱりと断念して

本筋のみでおれ


自己の内をじっとのぞき見よ

無知なる自己の無限性

無知の深淵にじっとたたずむ


礼拝するたびに 地に頭を下げるたびに

汚れがとれる

礼拝は幾何学

幾何学の線が自分であり

線は消える


消えたあらわれ

それが自己の本性である


2001.09.18.

| 2001年 | 22:17 | TOP↑

≫ EDIT

女性のもつはすかい構造

女性は子供を生む 

生み出すということはすばらしい


生み出せるというのは

はすかいの構造 

はすかいをもっているからである

元なる構造をもっているからである 

本質的な性質がそこにある


男は生むことの出来ないため

本質的でないもの 

いわゆる知性をみがき

意識が頭の方へいきやすい


生きているということは

はすかいがあるということだ

存在しているということは 

はすかいがあるということだ


存在していないということもまた

はすかいである


すべての人間は はすかいの元にある

男女の性差を越えて

そのはすかいのみをみよ


存在する しないの枠を越えて

そのはすかいのみをみよ

そこに宇宙を生み出す

深淵の姿をみよ


2001.09.16.

| 2001年 | 12:17 | TOP↑

≫ EDIT

偉大なるアホ

ついに「アホ」が発見された

世の賢者や人々は 上へ上へ積み上げようとする

真理の探究 悟りなるもの 

上へ上へと求めは続く


逆に皆がそこを出よう出よう

それから抜けて 上へ上へ行こうと

している一番底のものが拾い上げられた

それが「アホ」であった


人々にとっては そこに

みるべきものは何もなく

少しでもそこから遠くへ昇ろうと

後にする対象に

真理があると見つけた

アホの真の偉大性を発見した


アホは一切を含んでいる

知は必ず分断の方向へいく


「自分は知識を持った悪人だ」

その認識が

アホの神秘ベールを開く


2001.09.10.

| 2001年 | 12:19 | TOP↑

| PAGE-SELECT |