FC2ブログ

2001年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2001年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

形は命である

自分という人間を 右手にたとえ

宇宙を左手にたとえ

その右と左の二つの形が

踊る


右と左が手を打っておどる

人と宇宙を その立体から

ぬけ出させ

その形と形を踊らせよ


人からも 宇宙からもぬけ出せる

ただ形だけが残る


鳥の翼は はばたく

翼の上下運動は形であり

形の遊戯である


生命はその形から

形の遊戯から創られる

遊戯そのものも形だ


2001.11.20.
スポンサーサイト



| 2001年 | 23:03 | TOP↑

≫ EDIT

無と有で踊る幾何学の舞

線は点の集まりであり 0次元である

即ち無いもの 無である

立体も構造として線で成り立っている

だから立体も無であるといえる


現象の世界において立体はある 

有としてある

しかし有であるが 0次元なる線によって

構成されている

ということになると

有は 無であるということになる

つまり有は存在しないのだ


存在していない有

しかし現象世界では

有は有として認識されうる

これはどう理解すべきなのであろうか


無と有の関係において 無である線は

平面として拡張し 有である立体を

形成する


逆に立体は平面として解体され

線として解消される

一筋の線が 一枚の紙になり

立体になり また線になって消えるのだ


消えたものが 又あらわれる

点が始めとされ 線として連続し

平面となり 立体を形作る

それがまた 点に 無に帰してゆく

幾何学の舞が ここにある


この舞の構図のみでおれ

この幾何学で歌をうたえ

これで歌うと 身体がゆれて

オチャメになる


白紙の舞も

オチャメ踊りも

この構図なくしては

生きてこないのだ


2001.11.20.

| 2001年 | 10:30 | TOP↑

≫ EDIT

瞬間は形を掴む

瞬間のない所に 真実はない

瞬間をつかんだエジプト人にとって

立体も時間もなかった


形のイメージの中で

平面と線の中で

瞬間のはばたきの中で

生きていた

オチャメの中で 生きていた

神話の中で 生きていた


立体は 神話をけちらす

言語もそうだ


しかし 人の心の中に 有り難い事に

まだ 神話がのこっている

太陽は東天から 昇ってきたという


それは 神話の言葉である

それは 知識でなく 形の世界だ

形がエジプトでは 声であり

言葉であった


今の人間の声は にせの声である

西アフリカの人の中に

今もその形の声が のこっている

彼らは体全体を動かして 声となす


2001.11.15.

| 2001年 | 20:40 | TOP↑

≫ EDIT

透明な線と時間の遊戯

お祈りの時の歌声 その音声

今自分たちが出している音は

本当の音ではない 

相対が出している音だと とらえた時

音に金が入ってきた 

金の声が出てきた


線になって すべての物ものがそれによって

できている幾何学の織り物
 

その透明なる線に意識を定着させる

さらに その線に時間をかけ合わせる
 
その時 時間は瞬間であり

瞬間は永遠となる


永遠なる存在物 

生きた線で編まれた宇宙

即ち「現存」


その生きて在る線と 瞬間をかけ合わせた

ものが音である  

本当の音である


先日見たモデルのような女性の歩きは 

線上の時間を歩いていた

瞬間瞬間の線の上の歩みに集中していた


イシス女神のはばたき 羽ばたきの中にも

瞬間がある

線と時間がある

本当の生命は

羽ばたきの中から光とともに復活する


光が斜めに走って宇宙が生まれた

そこに真実の音がある

線と時間の一対になった音がある


存在するものはすべて破壊 保存 創造と

変化をくりかえしている

破壊は創造のはじまりである

ここに永遠がある


知を超えるには 相対の音を見破り 立体を解体する

魂はそこから復活する


古代エジプト人は 立体を描かなかった

線と時間の秘密を知っていた

立体になると相対が姿を現す


太陽は東から出て 西に沈んでゆく

立体になると相対的になり それを見る自分が

出てくる

太陽を見る者から その光の中に消えてゆく者となれ

そしてそれを導きいざなう者となれ


本当の音声は線であり 光であり 

それは金色

線と時間との永遠の遊戯の中から

ひびき 躍動がやってくる


2001.11.13.

| 2001年 | 09:30 | TOP↑

| PAGE-SELECT |