2002年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

思考の停止はじまる

思考は 自己があるから

思考が おきるのである

ではどうすれば 思考が 止まるのか


それには 自己を 消せばよいだけである

では 自己をどのように 消すか


それは 自己が物事を 見るのでなく

自己が物事を 考えるのでなしに

宇宙の呼吸の中に すいこまれる

のである


入って行こうとするのは 自己がある

悟ろうとするのも 自己がある

なろうとするのも 自己がある


だから 宇宙の中へ 吸い込まれたら

自己が消える

消えると 思考がなくなる


即ち ずっと以前に経験した半導体である

半導体の中へ 吸い込まれる事によって

運動がおきる宇宙

おどりがおきる宇宙


そうだ 吸い込まれるのだ

他力でも 自力でもない

そこに 立つだけである

強力な力の前に 立つのだ

思考がとまり 自己が 舞そのもの

となる


自己を吸い込む力は 直線のもつ

斜めの角度の中にある

斜めの角度は 創造の角度だ


創造は造り はき出す力のみではない

その角度は 吸い込む力である

吸い込み はき出すのが 斜めの

角度である


我々人間 何を悟ろうとしているのか

そんな意志 思考をやめて

幾何の世界を知らねばならない


デカルトは言った 私は精神世界の

探求は止めた

なぜならそこには 決め手がないから

だから私は きめ手のある自然科学に

目を向けると


そのデカルトの言う通りである

今日までの哲学的 或いは道徳的な

聖者たちは

精神面のみを 扱った

それでは いつまでたっても

らちがあかぬ

間違った方向に 人をひっぱってゆく

おそれが多分にある


真理を 究めようとすれば

自然科学に 目を向けねばならない


角度をみよ 斜めの角度をみよ

そこに宇宙を動かす 根源の原理がある

吸い込み はき出す


我々は そこに吸い込まれて

自己を消すのだ

そして 形の世界に自己を

もどさねばならない


そして 自己のDNAを その形に

したがわせ 帰郷させねばならぬ

我々のDNAは 思考というまつわりきった

よごれのDNAをもっている


油の無い機械か

油のよごれきった 黒い油のつまった

機械みたいなものだ

つまらぬ思考が まつわりきっている


角度で出来た 機械的なDNAに

もどさねばならない

昔の人が言った 人間は機械であると


人間のDNAは 宇宙のDNAの形に

合わさねばならない

非平衡系の形に

斜めの形


それで 天を向いて歩くと

その斜めの形が 自己の頭の中に

入ってくる

それで人は 救われるのだ

宇宙根源のブラフマンは 呼吸して

いると 太古の人は 言っているではないか


2002.04.29.
スポンサーサイト

| 2002年 | 23:25 | TOP↑

≫ EDIT

時の天使は舞う

時の天使は 舞う

時の天使は 舞う


人間でなく 時の天使であった


時の天使は 舞う

時の天使は 舞う


それは 舞うように

歩いている


寝ている時も 舞うように

ねている


ある時も 無い時も その

時の天使は 舞う


今の人々は

ほとんど 病気になっている

人間という 病人なんだ


時の天使は 彼らを

めざます


時のゆりかご 時のゆりかごは

天使のつばさ


2002.04.16.

| 2002年 | 17:02 | TOP↑

≫ EDIT

発声と歩行の秘密がもっとはっきり分った

遠い歴史の 時間制があった

そこから 自己が生まれた


その時間制は 瞬刻 瞬刻の

連続された 時間の歴史であった


更に その歴史は 瞬間という 遠い

歴史をもつものであった

それは連続した 歴史的な

時間ではなかった


永遠という歴史をもった 瞬間であった


瞬間のもつ歴史は 古い


その歴史の中から 自分も この

宇宙も 生まれた

しかもそれは 詩という

生きたものが 宿っていた


詩という生きものが 降って

来たのである

遠い歴史時間の 彼方から

詩というものが 歴史と共に

降って来たのである


そして 宇宙や 自分になった

それが自分である


自分とは 今まで  思いこんでいた

人間というものでは

なかったのである


先ず人間は 人間というものを

すてねばならない

それには 知識を

すてねばならない


頭脳というものは いつも何を

考えているのだろうか

それは 我々は人間である 

故に この人間は何をすべきか

……それだけである


人間は 人間ではないのだ 

いつの間にか

自分は人間と 思いこまされてきた


人間だ という言語の中に 入れこまれてきた


人間は本当は 時間なのである

この宇宙も 時間なのである


その時間も 瞬刻 瞬刻の連続した

時間なのである

その瞬刻という 瞬間こそ

世界時間と この宇宙を つくっている

ものであり

そのもの自体の本性は 瞬間という

ものである


尚 その瞬間以前の物こそ

自分なのである

その その物に成る為には

その瞬間を通らないと

瞬間以前のものに なれない


ただ 科学的な分析の知識で

理解できても

それは そうなれない


即ち人間であったものが

人間を捨てて

時間にどうしたらなれるのか


その為に1、2、3、 1、2、3、と

それを唱えながら 歩くのである

ゆっくり歩くのである


人は 欲の時間制の上を

歩いている

人は世界時間の上を

歩かねばならない


この1、2、3、 1、2、3、は世界時間である

即ち1 2 3の中に 瞬刻がある


瞬刻 瞬刻の 連続の世界時間が

そこにある

そこで人は 人から 世界時間に

戻れる


人間は 人間でなく 

世界時間そのものである

瞬刻 瞬刻の世界時間そのもの 

それが自分である


その1、2、3、 1、2、3、と歩く実験

によって 知識だけでなく

体験の実現への進行が

なされるのである


進化とは これだ

今の人間とは 人間という

個人人間の 利己中心人間に

退化している


時間となり 時間をも

こえた者となれ

そこに オチャメが待って

くれている


お前の名は オチャメ

宇宙の初めに オチャメがあった

ふるえるもの 踊るもの 舞うもの

があった


2002.04.14.

| 2002年 | 22:36 | TOP↑

| PAGE-SELECT |