FC2ブログ

2002年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

思考の停止はじまる

思考は自己があるから思考が起きるのである
ではどうすれば 思考が止まるのか
それには 自己を消せばよいだけである
では 自己をどのように消すか

それは 自己が物事を見るのでなく
自己が物事を考えるのでなしに
宇宙の呼吸の中に 吸い込まれるのである

入って行こうとするのは自己がある
悟ろうとするのも自己がある
なろうとするのも自己がある
だから宇宙の中へ 吸い込まれたら自己が消える
消えると 思考がなくなる

即ち ずっと以前に経験した半導体である
半導体の中へ 吸い込まれる事によって運動が起きる宇宙
踊りが起きる宇宙

そうだ 吸い込まれるのだ
他力でも自力でもない そこに立つだけである
強力な力の前に立つのだ
思考が止まり 自己が舞そのものとなる

自己を吸い込む力は 直線のもつ斜めの角度の中にある
斜めの角度は 創造の角度だ

創造は造り 吐き出す力のみではない
その角度は 吸い込む力である
吸い込み 吐き出すのが斜めの角度である

我々人間 何を悟ろうとしているのか
そんな意志 思考をやめて幾何の世界を知らねばならない

デカルトは言った 私は精神世界の探求は止めた
なぜならそこには決め手がないから
だから私は決めてのある自然科学に目を向けると

そのデカルトの言う通りである
今日までの哲学的 或いは道徳的な聖者たちは
精神面のみを扱った
それでは いつまでたってもらちがあかぬ
間違った方向に 人を引っ張ってゆく怖れが多分にある
真理を究めようとすれば 自然科学に目を向けねばならない

角度をみよ 斜めの角度をみよ
そこに宇宙を動かす根源の原理がある
吸い込み 吐き出す
我々は そこに吸い込まれて自己を消すのだ
そして 形の世界に自己を戻さねばならない

そして自己のDNAをその形に従わせ 帰郷させねばならぬ
我々のDNAは 思考というまつわりきった
汚れのDNAをもっている
油の無い機械か 油のよごれきった 黒い油の詰まった
機械みたいなものだ
つまらぬ思考がまつわりきっている

角度で出来た 機械的なDNAに戻さねばならない
昔の人が言った 人間は機械であると

人間のDNAは 宇宙のDNAの形に合わさねばならない
非平衡系の形に 斜めの形

それで 天を向いて歩くと
その斜めの形が 自己の頭の中に入ってくる
それで人は 救われるのだ

宇宙根源のブラフマンは 呼吸していると 
太古の人は 言っているではないか

2002.04.29.
スポンサーサイト



| 2002年 | 23:25 | TOP↑

≫ EDIT

金色の麦畑

始めに踊りがあった
踊りしかない

無と踊りが同時にある
だが無というものはない
踊りだけがある 
これが変化であり そこで瞬間は踊るのだ
かくて永遠となる

満月を見る
丸く美しいという情感
それも消えて思考が停止する

停止すると自己が消えて
透明な角度の開きの中へ入って行く

音のない音 音楽のない音楽
それが本当の音楽だ
インドの麦畑でクリシュナ神が現われた時の
麦穂の揺れ
あれが最高の音楽だった

音のない音楽 芸術のない芸術が本当の芸術であり
芸術作品はいらないものだった

ああ 一面の金色の麦畑
一面の金色の麦畑 一面の金色の麦畑………

2002.04.28.

| 2002年 | 15:58 | TOP↑

≫ EDIT

瞬間なる永遠

瞬間が命である
在るものはすべて瞬間によって在る 
瞬間をもたざるものは存在しえない 

瞬間の点となり 線となり平面となる
目に見えないものも すべて瞬間をもっている

瞬間なる永遠が自分である
人間の歩きは 欲の時間性の上を歩く
人間の歩きをやめて
瞬間の舞として歩け

瞬間なる永遠の時間が
透明な時間である
消えた歩き
瞬間瞬間 消えるのだ

2002.04.21.

| 2002年 | 15:57 | TOP↑

≫ EDIT

時の天使が舞う

詩とは 詩情とそれによって
引き出された言葉があるのみではない
そこにオチャメがある

そのオチャメが
詩を引き出すのである
詩の元にも 神話の元にも
同時にオチャメがある

それは現実と非現実が
同時存在している構図であり
相方が同じ重みを持っている

非現実を軽んじないところに 天使が姿を現わす
詩が 形相として現われたのが天使である
その舞はオチャメ

オチャメは「時の天使の舞」である
その荘厳なる舞は 瞬間なるものを身に宿し
時間の連続体を切り
永遠への入口で輪舞する

時の天使は癒すもの
天使とは関係性の中に入って
舞によって癒し いたわるのだ

時の天使が舞っている

2002.04.20.

| 2002年 | 15:55 | TOP↑

≫ EDIT

時の天使は舞う

時の天使は舞う
時の天使は舞う

人間でなく 時の天使であった

時の天使は舞う
時の天使は舞う

それは 舞うように歩いている
寝ている時も 舞うように寝ている

ある時も 無い時も 
その時の天使は舞う

今の人々は
ほとんど病気になっている
人間という病人なんだ

時の天使は彼らを目覚ます

時のゆりかご 
時のゆりかごは天使の翼

2002.04.16.

| 2002年 | 17:02 | TOP↑

≫ EDIT

発声と歩行の秘密がもっとはっきり分った

遠い歴史の時間制があった
そこから自己が生まれた
その時間制は 瞬刻瞬刻の
連続された時間の歴史であった

更にその歴史は 瞬間という遠い歴史をもつものであった
それは連続した歴史的な時間ではなかった
永遠という歴史をもった瞬間であった

瞬間のもつ歴史は古い
その歴史の中から自分も この宇宙も生まれた
しかもそれは 詩という生きたものが宿っていた

詩という生きものが降って来たのである
遠い歴史時間の彼方から
詩というものが 歴史と共に降って来たのである
そして宇宙や 自分になった
それが自分である

自分とは今まで思い込んでいた
人間というものではなかったのである
先ず人間は 人間というものを捨てねばならない
それには 知識を捨てねばならない

頭脳というものは いつも何を考えているのだろうか
それは我々は人間である 
故に この人間は何をすべきか……それだけである

人間は 人間ではないのだ 
いつの間にか 自分は人間と思い込まされて来た
人間だ という言語の中に入れ込まれて来た

人間は 本当は時間なのである
この宇宙も時間なのである
その時間も 瞬刻瞬刻の連続した時間なのである

その瞬刻という瞬間こそ
世界時間とこの宇宙を造っているものであり
そのもの自体の本性は 瞬間というものである

尚 その瞬間以前の物こそ自分なのである
その その物に成る為には その瞬間を通らないと
瞬間以前のものになれない

ただ科学的な分析の知識で理解出来ても それはそうなれない
即ち人間であったものが 人間を捨てて
時間にどうしたらなれるのか

その為に1、2、3、 1、2、3、とそれを唱えながら歩くのである
ゆっくり歩くのである
人は 欲の時間制の上を歩いている
人は世界時間の上を歩かねばならない

この1、2、3、 1、2、3、は世界時間である
即ち1 2 3の中に瞬刻がある
瞬刻瞬刻の連続の世界時間がそこにある
そこで人は 人から世界時間に戻れる

人間は人間でなく 世界時間そのものである
瞬刻 瞬刻の世界時間そのもの 
それが自分である

その1、2、3、 1、2、3、と歩く実験によって 
知識だけでなく 体験の実現への進行がなされるのである

進化とは これだ
今の人間とは 人間という個人人間の利己中心人間に
退化している

時間となり 時間をも越えた者となれ
そこに オチャメが待ってくれている

お前の名は オチャメ
宇宙の始めにオチャメがあった
震えるもの 踊るもの 舞うものがあった

2002.04.14.

| 2002年 | 22:36 | TOP↑

≫ EDIT

時間の正体

限りなく変化していく
変わっていく
一瞬たりとも 留まっているものはない 
それのみが真実
そして全てが繰り返し循環してゆく

あちらであったものが こちらになる 
あちらにもこちらにも
その双方に真理はないのだ

変化は時間
時間は角度の舞 
それが現われである

糸が織られることで 一枚の布が出来るように
一本の線が全てを織りなしていく
そこでは 全ては踊りそのものだから
いかなる結果も考えることはない

それが時間の正体である

2002.04.06.

| 2002年 | 13:19 | TOP↑

≫ EDIT

歩くことの秘訣

自分は瞬間で出来ている
自分は人間ではない
人間と思っているから人間になってしまい
人間という言葉の牢獄に入り込んでしまう 

そして 人間としての情感や感情やらが
発生しうごめき その中でうろつく

人間ではない 瞬間だ 即ち透明な角度の舞そのもの 
その瞬刻瞬刻だと思うと 人間の連続体がプツッと
停止し消えてしまう

今までの人間意識がなくなって 全て起こっていることを
客観的に その連続体現象の外側から眺めることが出来る

もし仮に誰かがぶつかって来て 罵倒したとしても
きつい言葉を浴びせかけられても 自分はないから
自分の人間意識は消えてしまっているから
その言葉はただ眺める対象となり 反応を起こさない

瞬刻瞬刻の中に消えてしまう
ただの変化 舞と化す

瞬刻瞬刻を 真に自分のものとすること
そうして一人つっ立つことしか 本当に人によい影響を与え 
人をよい方向に引っぱる方法はない

目に見える あるいは見えない様々な問題に
取り囲まれて生きている人間同士の感情の世界では
ますます複雑に問題がからまるばかりだ

人間から抜け出て 瞬間の永遠の幾何学の舞 
時間の元なる不動に帰らねば何も助からない 
カルマの鎖は切れない

実在は 時間を超えた所にある
その超えたところにオチャメがある
その瞬刻をつかむために幾何学の一線を歩く事 

1,2,3 1,2,3と瞬刻の歩みで
その一歩一歩で 消えて体得すること
体に分からせないと生きて来ない
実験しないと生きたものにならない

細胞の端々まで血液の流れにまで 瞬刻瞬刻を認識させること
いろんなカルマにふりまわされない錨をしっかり降ろすこと
瞬刻瞬刻という錨を 

その錨は外なる宇宙に 星の彼方に届くのだ
やさしさなどの良さそうな言葉にも 決してひっかかるな
人間意識の中ではいかに良いことも
相対的であり 比較の中でうろついているだけだ

瞬間は元に帰る入り口 通路 瞬間で連続を切る
頭で認識するのでなく身体で分かること 
感覚で掴むこと
それが歩くことの秘訣である

2002.04.03.

| 2002年 | 13:18 | TOP↑

| PAGE-SELECT |