2002年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

太陽のおしゃれは消えた

我々の住む太陽系と 違う太陽系に

住む人々がいた

毎日あがる太陽は 紅の衣を ひろげて

昇って来た

人々や鳥たち その他のものに その美しい

姿を見せんがために


人々や鳥類や その他のものは その麗しい

太陽を仰ぎ見て

自己のなせる業のように 満足していた


太陽はもっともっと その麗しさを示した

西の空に 沈むときも

静かに長く 別れを惜しみながら

紅の布を 閉じようとはしなかった


瞑想の時間は 一時間も 二時間も

その麗しく 静かな ピュアーの中に続いた


しかし 聖者が言語を造り出した

人々のバイブレーションは 意味のあるものに

傾きはじめ

神聖なるバイブレーションを 失い始めた


言語は事物に 意味を与えた

あちらとこちら 私とあなた も生まれた


私が 太陽を見 

私が 月を見るようになった

それまでの人は 太陽も 月も

自己そのものであった


太陽のひろげる朝夕の

紅の衣は

自己そのものの衣であった


言語は人々を 相対の中へ

ぶち込んでしまった


人は 死を感じ始め

死後の世界を 考え始めた

人々は 次第に自信を失い

食べ物を 蓄え始めた


太陽は 紅の衣をひろげても

人はそれに 見向きもしなくなった


太陽はしまいに その衣を

しぼめてしまった

暗闇が 世界を覆った


太陽は光をなくし 人間の住んでいた世界は

冷え切ってしまった


生名は絶滅し

氷が寂しく その太陽系の歴史を

物語っていた


光も 熱も 生物も そこには

なかった


2002.06.06.
スポンサーサイト

| 2002年 | 21:26 | TOP↑

| PAGE-SELECT |