2002年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一羽のターキーが私に教えたもの

いつも追っている ターキーのむれ

その中に一羽だけが 逃げずに

私のそばにいて 餌をあさっていた


私ははじめ そのターキーは目が見えないのかと

思った

なぜなら 逃げないからである


ところがそのターキーが 道端のたまり水を

のみはじめた

私はやっとそれを見て このターキーは

目が見えている事を知った

気付くのがおそかったくらいだ


私はこの 逃げない一羽のターキーを

見ていて

これは 神の使いのターキーだと分った

それで 教えられた事がある


この土地は 私がお金を出して買った

ものである

だから 私の持物だとばかり

思い込み

他の動物が 特に畑を荒らす

ような 動物がくると

それらをおっぱらっていた


しかし この土地には 彼らが初めから

住んでいた 土地である

彼らのほうが 先住者である


私は 彼らと共に この土地にいなければ

ならないのだった

と気がついた


私はこの一羽のターキーを 見ていて

私自身を あわれな存在だと思えてきた


神のつかわして下さったターキーよ 有難う

私はやっと 今年 この年令になって

少しは まともな人間になる事を

知ったかのようだった


今までの思考は 一体何だったのか

神からの啓示が 来なければ

私は一生 バカな人間で終っていたの

かも知れない


土にも 土地にも 大気にも 天にも

一切存在する者たちにも

頭を下げてあやまった 


私のものというのは 何もないのだ

私は あとから来たのもなのだ

けんきょになって みんなの仲間に

入れてもらわねば 

ならない

思考するどころの さわぎではない


仲間にになる為には 人間を捨てねば

ならないのだった

自由をもとめる感念も 個我から

出ていた


2002.07.20.
スポンサーサイト

| 2002年 | 18:50 | TOP↑

≫ EDIT

オリンピック選手は一人で走る

オリンピック選手は 一人で走る

その走りは 寸刻 寸刻の走りである


その寸刻 寸刻がにぶると

人は 敗人となる


人は瞬間の ひとふれから 生まれた

そのひとふれの神話は 瞬間の舞


その瞬間の舞は 寸刻 寸刻の

フレッシュな舞


人は瞬間の フレッシュの中から

生まれた

そのフレッシュを 曇らせるのが

欲である


欲は 価値あるものに 目がくらむ

目がくらむと 心が曇り

迷いはじめる


純粋な者は 先ず欲から

離れ

心身を清め 真っ直ぐ前を向いて

走りつづける

一人で走りつづける

誰の助けも それにはいらない


無欲の世界に 走りつづける

そこに瞬間 瞬間が 我が

ものとなる


人間とは 瞬間の舞である

瞬間は 永遠に連なる

未来のひろさと 連らなるのである

フレッシュと 連らなるのである


吸引力の中へ とびこんで行く

のである

それが 自己との対話であり

宇宙との対話である


対話は 舞である

無欲 無価値との対面である


よろこべ 誇りを持ってよろこべ

誇らしくよろこべ

生命とは それだ

誇らしきよろこびだ


瞬間 瞬間 寸刻 寸刻

一人で つっ走れ

舞いながら 走れ

ゴールなき ゴールに向って


2002.07.11.

| 2002年 | 23:32 | TOP↑

| PAGE-SELECT |