FC2ブログ

2002年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

光司と渡りガラスの話

光司が 就職の決まる一週間前から

とんでもない 大きなカラスのつがいが 現れて

むかいの高い電柱のてっぺんに 雄がとまり

大きな羽をひろげて

長い間 その雄姿を あたり一面に

輝かせて みせていた


その渡りガラスは 元々北方の鳥だが

こんな所まで来て

何やら意味ありげに

大声で ガーガーないていた


そして 光司が就職が決まり

初出勤した その翌日から

電柱の上に 来なくなった


居なくなったのかと 少し淋しく

なったが

その夕方 はじめに来て 大声で

ないていた所に 現われて また

大声でないて 別れを告げた

それ以来 いなくなった


太陽の使者と インディアンが言っている

その渡りガラスは

光司の就職を知らせに

来てくれていたのだった


2002.08.01.
スポンサーサイト

| 2002年 | 18:55 | TOP↑

| PAGE-SELECT |