2002年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

 img015 - コピー


はじめに

アホのような

円満な 無欲に輝いた

やさしい顔があった

img015.jpg


それに 精神 知力 欲望が

ひっついた

すると 賢い顔になり

他人に警戒を 与えるような

他人に緊張を 与えるような

知的 感情的な顔となった

img013.jpg

それが 不健康になって

たちまち 衰えた顔

まじめそうな顔

希望を失った顔となり

知力も 欲望も 役立たず

なやみに満ちた顔だけが 残った


2002.09.05.
スポンサーサイト

| 2002年 | 09:09 | TOP↑

≫ EDIT

二つのポケットがあった

二つのポケットがあった


その一つに きたないものが

入っていた

もう一つのポケットに 本物の

きれいな 自分が

入っていた


人は人と 人は自然物と

会う時

そのポケットの きたない方の物を

つかんで

それを 相手にさし出す


もう一方のきれいな 本物の自分を

出さないで

一生そんな バカな事を しつづけている


それで 人と人 人と物との おつき合いが

うまくいかなかったのだ


それは もう一つのポケットにある

本物の自分が どんなものか

知らなかったからである


その本物の自分とは

価値をおわない 無欲な

自分である


それを出せ 出したら

自分の すばらしさに 

自分が おどろく


2002.09.01.

| 2002年 | 18:59 | TOP↑

≫ EDIT

二つのポケット

二つのポケットがあった


一方には 知力 感情 その他の 

きたないものが入っている

もう一方のポケットにはきれいな 物が

入っている


ところが 人は

人と 或いは 自然物と出会う時

きたないポケットから 物を出して

向い合う


きれいなポケットの品物は

本当の自分である

本当の自分の歴史である

それを出さずに きたない歴史で

人と 自然物と

おつき合いをする


欲の顔が ありありと現れている

知力の顔が ありありと現れている

それが 人間の歴史の顔である

人間のDNAの顔である

きれいなポケットを使わなかった  

DNAの顔である


そのきれいなポケットには 何が

入っているか

それは 「躍動する踊り」であり

純情で 素朴な オチャメな顔である

その者にとっては それが その者の

言語であった


神話は 太古の人の歴史であり

言語であったと 或る学者が言って

いるが

その通りである 

純情で 素朴で 躍動する踊りこそが

神話である


その神話の歴史が きれいなポケットに

つまっているのである



2002.09.01.

| 2002年 | 08:50 | TOP↑

| PAGE-SELECT |