2002年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2002年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さて神話研究だが

今までの神話研究で まだ

見つけていないものがある

それは神話とは 形相であると

いう事である

神話の中には 言語がない


言語でなく 形相が神話の

領域である

ところが人は 言語をつくった

それから 神話を追い出してしまった


ではその形相とは 何か

どんな形相か

それは 斜めの形相である

斜めの角度をもつ 直線の形相である


そこには オチャメがあり 踊りがある

直線は 有と無の架橋の役を

なすものである

そこにおどりがあり オチャメがある


有でもなければ 無でもないもの

それが直線であり しかも

かたむきをもった直線である


かたむいた直線上の上は 運動を

おこす

それが創造と存在の 元のものである

その形相と その運動・創造が

神話の言語であり

太古の人の歴史である


2002.10.31.
スポンサーサイト

| 2002年 | 21:06 | TOP↑

≫ EDIT

形をみつめよ

神話の言語とは 形相である

人は 言葉を停止して 形相でおらねば

問題ばかりを おこす


言語の世界に入ると 知力の世界に入る

知力の世界は また言語をひき出す

言語は 説明することに使われ

言語と知力は そのくされ縁が切れない


その知力は 何かを説明しようと

するものである

それは迷いの姿であって

何かに あやつられている


宇宙は何かとか 

人間とは何かとか

そんな事を考えるな

そこからは 本当の解答は出てこない


形を しっかり見てみよ

そこから 解答が出てくる

そしてそこから 躍動への道が

ひらけてくる


2002.10.31.

| 2002年 | 20:04 | TOP↑

≫ EDIT

白い七面鳥があらわれた

三羽の白い七面鳥

その出現には ビックリした

神の鳥が あらわれたのだ


昨夕 白い七面鳥が現れて

ほしいと 

言っていたら

実際にそれが 現実となってしまったのだ


白い七面鳥がいたら 

どんなに 美しいだろうなと

その我々の言葉が

天に通じたのか

いつもの十三羽の七面鳥の中に

三羽の白い七面鳥が

今朝 まじっていたのだ

img018.jpg

はしゃぎにはしゃいで それを

8ミリに 長い間うつした

こんなうれしい事は 今まで

なかった

明日は又 来てくれるかな


光司が就職する時にも

大きな渡りガラスが来て

庭の電柱のてっぺんに 停って

大きな翼を 悠々とひろげていた


それと 一羽の七面鳥がいて 私が

近づいても 逃げないで

それと十分以上いっしょにいた


2002.10.05.

| 2002年 | 09:17 | TOP↑

| PAGE-SELECT |