FC2ブログ

2003年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2003年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

前文化と天文化のちがい

前文化①
これを 前文化という

即ち 前面を見るという事は

相対意識から来る

    
それでは 真理の中に入れない
img024.jpg

目も 顔も 意識も 天に

向けなければ ならない


天文化とは これである

こんな簡単な 間違いをしている


これさえすれば 人間は

神のようになれる


前文化は 欲人間をつくる

人を 警戒する心をつくる

知識で 自分を安心さそう

という人間をつくる


天文化は 人から離れ

天なる親 (宇宙の心)と直結する


この角度が非平衡のこの
 
形 角度である

img025 - コピー

それは 生命創造の角度であり

光をつくる角度である


インドのリグ・ヴェーダに

その事が かかれてある

             
光が斜めに 走った

そこから宇宙が 創造されたと

              
この角度をもつこと
              
そうでないと 人間は改善されない
img025.jpg

               
この首と 顔と 目と 顔と
                
意識が
                
宇宙に 天に 向っていな       
                
ければ 救われないのだ

                
それをしなければ いくら
                
神信仰をしても ダメだ

                
天を向く事によって 天とひっつき
                
自分が 天人となる
                
天の天人たちと 遊戯することが
                
できる

                
78才に やっとこんな事が分った
                
角度が人を 救ってくれる事を
               
鍵は鍵穴を 見つけねばならぬ


                         
2003.07.13.
スポンサーサイト

| 2003年 | 17:42 | TOP↑

≫ EDIT

天上を思考する形人間となる


1eあw




2ee.jpg



3ew.jpg


人はこれまで 知力で前面思考をして来た

それを 上方思考にかえよ


すると 天がおりてくる

本当の知恵が おりてくる

意識で 宇宙をとらえるのである


すると 形人間が 更に形人間となれてくる


2003.07.12.

| 2003年 | 16:32 | TOP↑

≫ EDIT

形があった

薄化粧している山があった

山裾を 広くひろげた山があった

彼は 独立していた


自然にも 自己の知力にもたよらず

それはあった

形を 整えているのである

これは 考える自己の死でもあった


自然をも 書物をも 知力をも 自己から

放して

形となるのである


整った形は 神話である

それは 礼拝する姿である

自己の形への礼拝である

その不動なる形は 儀式である

不動となったのである


自己を 不動とすること

それには貧相で いつも物事を

考えていたのでは 不動がやってこない


自己を 形の上から整えてゆけ

形こそ自己である


2003.07.08.

| 2003年 | 15:29 | TOP↑

| PAGE-SELECT |