2003年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2003年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

完全になった者は 羽毛となる

不動から 動に移る非平衡系から

エネルギーが チャージされてくる

羽毛になるだけで チャージされる


完全と 不完全なる非平衡系が

生命を チャージするのである


大鳥はとぶ 

広く 大きく 静かに


大鳥は 飛ぶのである

広く 大きく 静かにとぶのである

それは無言だ


シアトルの狩野某の絵の老人のように

そこに 無限がある

その停止した静けさ

不動の中に


しかも それは 飛んでいるのである


この不動から 動にくると

充電が できる


2003.08.25.




スポンサーサイト

| 2003年 | 17:15 | TOP↑

≫ EDIT

今朝 宇宙の顔という事に

気がついた

アホの顔の男を見た時

すごくショックを受けた

今度は 宇宙の顔を見たのである


大きく 広くひろがる大宇宙の顔を

見たのである

即ち「宇宙」という形を 見たのである


そこでは 私の思考は動かなかった

私の形が 宇宙という形を とらえたのである

即ち「実存」を とらえたのである


「実存」と 向い合ったのである

それで 総てはおわった

今日まで 分析の道をたどって来た

者が

統合という 全体を完結させる

「実存」の形そのものがあるという

ものに 定着したのである


その世界を 静かに浄福に満たされて

翼は翼となる


それは礼拝の姿 そのものである

神話そのものである


形は形そのものを 創ってゆく

知的なものを入れない 素朴なるもの

形は

礼拝と 浄福に輝く

それには 限界がない


宇宙の顔は 広く大きい

2003.08.23.

| 2003年 | 17:07 | TOP↑

| PAGE-SELECT |