FC2ブログ

2003年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2003年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

甘えると浄福に満たされる

相対事物は
甘えさせてもらえる相手であるから
浄福に充たされる

浄福が来るから礼拝が起きる
甘えから 頭が柔らかくなり
素朴になる

素朴になると オチャメになる
やさしさも来る

甘えが やさしさを創る 
やさしさは甘えから出て来る
オチャメも 羽毛の舞の軽やかさも
甘えから来る

花が咲いて 自らそれを楽しみ
歓び 浄福にひたれる姿は甘えにある

花は甘えているのに
人は甘えずに 苦をもっている
浄福を忘れたのである

星もきらめいている
宇宙は自ら花を咲かせ それを楽しんでいる
甘えのひとしずくである
そしてそれは 浄福に輝いている

2003.10.30.
スポンサーサイト



| 2003年 | 20:56 | TOP↑

≫ EDIT

これ程幸せがどこにあろうか

甘えると 
自己に甘えると
頭までが柔らかくなる

相対物は消える
自己が 甘えさせてもらえる相手であるから
浄福にみたされる

礼拝が起きる
素朴になる
素朴になるとオチャメになる
やさしさも来る
親切も来る

甘えが全ての良きものを創る
羽毛の軽やかなものも
甘えから来る

花が咲いて 自らそれを楽しみ
歓びと 浄福と 礼拝にひたされる姿は
人間の開花の永遠の姿である

星や太陽が 迎えに来てくれる
こんなうれしい事が
どこにあろうか

2003.10.30.

| 2003年 | 18:37 | TOP↑

≫ EDIT

ドルガに

おお ドルガよ
おお ドルガよ

涙が 涙が
ふき出て来ます

おお ドルガよ
おお ドルガよ
涙が 涙が
ふき出て来ます

甘えるという事の
秘密を知ったので
急に 涙が
ふき出てきました

甘えなければ
星もきらめく事は出来ない

太陽も昇ってくるのは
甘えているからである

2003.10.30.

| 2003年 | 11:32 | TOP↑

≫ EDIT

自己に甘えよ 時間が消える

霊感をも求めるな
あたたかさ 甘さを求めるのと同じだ
平凡な人間に 素朴な人間に
何物にもひっかからぬ 羽毛のような人間となれ
そうでないと神はやって来ない

軽くなって 神を誘い入れよ
神は軽く 明るい儀式が好きである
オチャメ踊りをしてもよい 羽毛のようになれる
それが又 つっ立ちを創る
時間を越えよ

時間は思考の産物であり その時間が又 思考を作る
時間は善悪を考えさせ 重苦しい人間を作ってしまう
それを儀式でぶっ飛ばせ

つっ立つ儀式によって
それは時間を越えた儀式だ
知的になると 真面目になると時間の虜となってしまう
真面目から 軽い人間に変身せよ

人に甘えるのでなく 自分に甘えてみよ
良いものが吹き出てくる
羽毛のように 軽やかに吹き出てくる
神がそこで 近寄って来てくれる

今日まで人間の造った歴史は思想は 悪魔的であった
良きもの 甘いもの 親切なものを求めた
それは人間を狂わせて来た

真理など 体裁のいい言葉を追い求めるな
人に甘えず 自己に甘えてみよ
かたい絆が断ち切れて来る

そこから 本物のやわらかい人間が現われてくる
光り輝いた 香り高い人間が現われてくる
それが自分だ

一つの助かる儀式をもて
自己に甘える儀式をもつのだ
我が内から神が出て来る

香り高い人間になれ
それを美人という
美人とは神の事である

そこで初めて本当の 脈拍の感じる人間となれたのである
なれるのである がんばれ!!

おお ドルガ女神よ おお ドルガよ
涙が 涙がふき出てきます
甘えるという事の秘密を知ったので
急に涙が吹き出て来ました

甘える事がなければ 星も煌めく事は出来ない
太陽も昇ってくるのは 甘えているからである

2003.10.29.

| 2003年 | 17:36 | TOP↑

≫ EDIT

「甘える」ことのひらめき

知的になると 時間の世界に入る
知を取ると 時間を超えた世界に入る
それがオチャメ踊りの儀式となる

そしてオチャメという儀式から 「羽毛」に意識を移してみた
すると食事中ずっと体が揺れていた
そこでこれは 脈拍なのであると感じた

オチャメには 羽毛のような軽やかな動きがあり
それが生きてある事が分かり
それが現に形となって 動きをとり始めた

それは存在生命のもつ脈拍であり
その生命はオチャメで しかも羽毛のような軽やかで
自由をもっている事が分った

オチャメと羽毛 そして脈拍を持つもの……
という事まで判明してきて
しかもそれは時間の外にあるものだという事である
それが魔法使いになれる秘訣かも知れない

脈拍を感じ 足のかかとから上に揺れて来るのを感じていると
「甘える」というものが閃いて来た 

となると オチャメも「甘える」ことかも知れない
「羽毛の舞」もそうかも知れない
「謎にみちている宇宙」も「躍動」も「白紙の舞」も……

2003.10.29.

| 2003年 | 11:31 | TOP↑

≫ EDIT

自己の天地を開け

自己の天地を開け 
それが知によってふさがれている 
時間もそのふさぐ物の一つだ
過去 現在 未来を越えて 無時間の中へ入って行け

今 軽やかになるのだ 羽毛のように 
そして無時間の風に吹かれよ
それが一つの儀式だ

汝は宇宙につっ立って来る
それがオチャメ踊りだ
踊ることばかりが踊りではない

オチャメ踊りの儀式が始った
宇宙は光をもって膨張している
悠々と膨張し続けている
そのスピードは速い

人間社会や 善悪を考え
真理を探しまわるバカ者とは違う

人間様は一体 何をもたもたしているのか
スピードのない者はもたつく
あざやかさがない
いつまでも暖かい物を求め 旨い物を欲しがる
悪魔の仲間になってはダメだ

2003.10.28.

| 2003年 | 15:35 | TOP↑

≫ EDIT

かわいそうな白鳥ホロホロ鳥

今日は少し 淋しい事があった
それは二匹になった白鳥が 一匹になって現れた

その一匹がたまりかねたのか 大きな声を上げて鳴き 
淋しみ 友を呼んでいた

大きな声で鳥が鳴くので 駆けつけていったら
庭のつげの植木の所で探し 淋しみ 呼び続けていた

彼らが魔法のように現れて 一年ぐらい居た
又もう一度 彼の一匹の為に白鳥よ 来いと
私は心の中で呼び続けた

かわいそうに この一匹もそのうち
コヨーテかタヌキに やられてしまうのかと思うと
淋しく 悲しくて堪らない

img019.jpg


2003.10.11.

| 2003年 | 15:35 | TOP↑

≫ EDIT

血の通っていない人間像

血の通っている人間像――
人間くさい人間という意味

知情意を抜けていない人は 血がまだ体内に残っている……
ということは いくら世の中から離れても 
世の中というものがあり 俗人の思考の域を出ていない

血のある人間というのは どこまでも知情意の 
いずれかが残っており この宇宙という実在の中に
実在として人間(私)があるのである

それは時間 エネルギー 距離 そして自然から
縁が切れていないという事である

我々はこの時間 エネルギー 距離 自然というものを
意識しているし 
その中で生きているという事は 
それらを持っている――という事であり 
そういう血を持っている人間であるという事である
それから抜けねばならないのである

血の通っていない人というのは
どんな人なのか………
それは宇宙と人間という実存を
蹴落とした人である――と分って来た 
その者には時間 エネルギー 距離 自然もない

すると今までの哲理も 真理も 文化も 宗教のような
ものもすべて血の通っている人間が造ったものである 

だから社会や世界が 
人間の苦の対象となっているのである 
即ちそれらは 生きている人間が
作ったものであるといえよう

生きてある人間は 生があり 様々な心配があり
自己があり 自然があり 宇宙がある
そういう現象世界の中に 我々が生きていた
即ち欲のある人間社会をつくり
何とか平和に生きる方法を考えていたのである

しかしはたして これで人間世界は
まともになったといえるのか
血を抜く事 自己の血を抜く事が必要である

自己の血を抜くとは 宇宙存在と
人間存在という実在を消し去る事である

実在が在る以上 血の通った生きてある欲と
破壊 創造 保持という三つの動きのとりこから
抜け出せない
その実在の罠の中にいる限り 人間は苦しむのである

実在そのものを消し去るのである
それが自己という破壊 創造 保持という
乱れを起こす原因から 抜け去ることなのである

2003.10.09.

| 2003年 | 21:57 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメ踊りは人を助ける

いろんな事があって
心が乱れる事があるのを鎮めるのに
右の手(自分)と左の手(宇宙)の実在を
オチャメ踊りでぶつけて音を出す 
その踊りをすると 何もかも忘れてそれに成れる

オチャメ踊り――右の手の平を人間(自己)とし
左の手の平を宇宙実在として その二つを踊らせるのである

何もかもを忘れて 自分の実在と宇宙の実在という
二つの存在を 左右手の衝突の中で
それによって意識を停止させ
思考を止めて 踊りに変えるのである

宇宙のすべての物は
オチャメ踊りをしている
踊れ
オチャメ踊りを

思考の世界から 詩の世界
神話の世界に入る
理性 理知 その世界に入るな

踊れ 両手を打って踊れ
実在と実在の触れ合いの中で

オチャメ踊りは 人を助ける

2003.10.06.

| 2003年 | 22:14 | TOP↑

| PAGE-SELECT |