FC2ブログ

2003年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気息という自分があった

気息だけが 自分だ

自分の名は 「気息」だ

自己一人が 生きている世界だ


古代インドの詩集

リグヴェーダに

「我れは 気息なり」という

言葉がある


それにならい

この世における 全ての出来事 

行為をすて

自分そのものだけがある気息に

かえり

とどまること


それが 助かる道である

酸素は 酸素を呼吸して 生きている

気息こそ 自己であり世界である


それ以外の すべてから

言語からも はなれよ


創造以前の世界に かえれ

そこは 光でない光 白光に

輝いていた


2004.01.21.
スポンサーサイト

| 2004年 | 23:13 | TOP↑

≫ EDIT

気息はゆれである

オチャメは 斜めをつくった

斜めは 気息をつくった

動きである


動きは 興奮となり 躍動となった

生きるものが 産まれた


それが 翼の躍動となった

やわらかい躍動は

空をとんだ


すべてのものを そのやわらかい

舞によって包んだ


羽毛はやわらかく 自由をもった

やわらかさ 自由 やさしさ

その舞は オチャメ儀式となった


点が 線になる様に

オチャメが 儀式となった

それが やさしさ 自由 やわらかさである


気息は シャボン玉を吹き出すように

その舞を 儀式をもって

ひろがった


2004.01.21.

| 2004年 | 09:37 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメは踊る それがオチャメの儀式

オチャメは 踊らなくては

オチャメにならない

点は 線にならなくては

点ではない


線があるから 点も存在価値が

ある

1があれば 2がなければ

1の存在価値は ありえない


オチャメは 踊らなければ

静かなものは 停止しているものは

動かなければ

停止などは なくてもよい


零が 1になる可能性が

なければ

零なんて いらんものだ


オチャメが 踊りとなって初めて

オチャメらしくなるのである

その遊戯こそが 儀式である


儀式なくして 太陽も無価値だ


オチャメは 斜めのゆれをつくる

平面立方の舞は その儀式である

やわらかく それは ゆれる


2004.01.17.

| 2004年 | 09:34 | TOP↑

≫ EDIT

親の手伝いをする者が詩の形相をもつ

自分をウシャスだと思え

詩の世界以外に

何も真実なものはない


詩からも 神話からも

言語からも離れよ


光でない白光

創造もない世界にかえれ!

何も望むな


2004.01.15.

| 2004年 | 13:25 | TOP↑

≫ EDIT

点と線の異質の同時存在が エネルギーをつくる

「今ここで」は 点文化である 

人類は今日でも 線文化(距離文化)の

中に生きている
 

だから 様々な言い分が

出てきているのである

距離文化では 真理なるものは

その姿を 現わすことはない 
 

点と線の関係が 分った 

線は 点なくして

エネルギーを出せない


距離は 距離だけでは エネルギーとならない

そこに 点なる支点がなければ……


点と線は 異質の同時存在をしている

そこに非平衡系がある

興奮である 躍動がおきる


光の翼は 点と線の 異質存在の

中から起きる

興奮は 翼を動かす


舞うもの 踊るもの とぶ者

それは 点と線の 異質存在の

非平衡系から起きる


おお 光速で 天かける者よ

強力な翼の 上下運動をする者よ

光速はとぶ

斜めになって それはとぶ

生命は生れ 永遠に輝く


これで イシスがオシリスを甦らせた 

その謎がわかった

イシスは 自らの翼を羽ばたかせることで

オシリスを 甦らせたという


翼はなぜ 生命の甦りに関係があるのか?

それは 翼には支点と距離(点と線)が

あるからだ


距離なる大鳥はとぶ

大いなるエネルギーをかかえて


点と線

点と線よ

異質の同時存在する者よ


エネルギーは

そこから生まれ

宇宙は かくありつづけるのだ


2004.01.09.

| 2004年 | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメ踊りだけがあった

私とは何か

この肉体をもつものが 私か


否 これは欲のかたまりである

では お前とはどれか


いえ 私というものは ありません

しいていうなら 私は点です


今ここでオチャメである それが

私です


天国から すべり落ちた者がいた

その者は 欲望をもって

肉体をもった人間の形ある者を

つくった


人はそれを進化というが 実は

退化である


そして人は その欲望によって

幸せをさがしはじめる

聖者とか 賢者という者が

その幸せの道を 探しはじめた

それは 欲望の結果である事も

気付かず

真理とやらを 探しはじめた


欲望の薄き者は

貧乏でありながら

その生活を 満足していた


真理など 探すひまがなかった

ただ お天道さんを拝みながら

農業にいそしんだ


彼らは 無力に見えた

しかし彼らは 本当に強い人々であった


そこに満足を感じ 欲望をもたなかった

それが 強い人なのである

何も望まない人程 強い者はない


そして その人は死んでいった

煙となって その姿は燃えてしまった

或いは 土となってしまった

その人にのこったものは 今を満足する

心だけがあった

死でも生でも 何も関係がなかった


今を生きるだけであった

その者は 今をもつ人であった

今という点が しっかり彼の中に

みのっていた


彼は 永遠をもった

今ここで オチャメで 幸せに生きる者は

天国にゆく

いや 天国もゆく自分もない

今だけがあった

その今という点の中に 彼はいた


今を楽しむオチャメの踊りを 彼は

もちえたのである


欲望なき者は 今をにぎる

今という点の中に 彼は生きたのであった

この人生に 何の幸せをも探そうとは

しなかった


学問は何も 彼には必要ではなかった

今ここで オチャメ踊りだけが

自分であると思っていた


その者には 自分も 宇宙も 他人も

自然もなかった

今ここで オチャメ踊りをすることだけが

あった

ピュアーなるものブラフマンだけが

あった


それは 今ここでオチャメ……

それが ブラフマンであった 
 

2004.01.06.

| 2004年 | 20:33 | TOP↑

≫ EDIT

今ここで それが宝をみつける秘訣である

人間のその中で オチャメの

光を放つことが 高貴たるものである


人間が 何を望んでいる者であるか

それは 幸せを欲しているのである

その為に 真理を探しまわって来たのである


ところが  人間は弱いから 

距離の中(線)に生きているから

何かを求めるのであって

常に 宝となるべきものを

探しまわり それをほっしてきた

欲が そのようにうろつかせたといえる


そして真理 とどのつまり平和と 自由さを

つくる方法を 追い求める……

という欲がある事が わかってきた

人間とは そんな低き者であったのだ



本当の幸せ 宝というものは

そんな程度で よろこぶようなものでなく 

もっと高く 高尚で 

近づけない程のもの

おかす事の出来ないもの……

宝とは そんなものかも知れない


その為に 必要なことは 統一ということである 

それにも 連鎖がある

平たく 横に連なる連鎖でなく 

高きもの おかすことの出来ないものとの

連鎖となるのが 高貴であり

それは 真っ直ぐに立つ直線の 先端が

光っているようなものである


先端の位置の 高きもの 絶対なるもの 

そしてそれを そうあらしめる為のものは

いうまでもなく

「オチャメ」の光である


そして その光と 統一しているという 

連鎖があるのだが

統一者の 光り輝くすがた

その高貴の高きは どこにあるのか 


それは 点にある 

その 高き位置がわかって来た

それは 高低の高き所でもなく 低き所でもない

それは 「今ここ」である


「今ここ」で オチャメで光る事が

高貴という宝を 得ることなのだ


やはり 点だ 

点とは 距離も 時間もない

「今ここ」である
 

「今ここ」でオチャメになる事だ

「今ここ」には距離がない
 
ここ といえば距離がないし 

時間のない今がつくる点 そのものであり

真理なるオチャメと 点が合成された所である


宝は 高貴は その「今ここ」で

オチャメになることであった


2004.01.05.

| 2004年 | 22:15 | TOP↑

≫ EDIT

点の輝きとは

「今ここで」 それしかない 

点とは 今ここで オチャメの

輝きあるものである


今ここで オチャメの光を

放つものが点である


そこでは 自分も宇宙もない

ただ それがあるだけである

今ここで輝くもの 

オチャメとは 今ここで輝くものである 


点とはそれだ

それ以外に 何もないのである

それが あるだけ――それをピュアーという


ピュアーとは何かと 思いさがし 

それを透明と あてはめてみても

ピタリとこなかったが

ピュアーが 今分った


ピュアーとは 

今ここで オチャメになる そのそれ以外に

何もないという事であった


ピュアーとは それ以外にない

それがそれだ というそれが 

ピュアーなるものである ブラフマンである

と 今分った!!!

2004.01.05.

| 2004年 | 20:09 | TOP↑

≫ EDIT

金は低きにあって光を放つ

高い所は 低い所にあるという

事である

そして 低い所で光るという事が

高い所である


その光るという事は 

オチャメであると 光るという事である
 

やさしさや 親切は 弱い所から

弱い者をつくる事である


中国の老子は

最も弱いはずのものが 真に強いものである

という 

そのように 無為自然をといた


しかしその自然とは オチャメである 

またそれは 無ではない 

無から有が 生まれるのではない


有は オチャメから生まれるのである 

そのオチャメとは 何か
 

それは 点である 

点は 無でもなく 有でもない

それでいて 有としてある
 

この中性子的なものが 

宇宙の根源にある 

それがオチャメである


高く 低くもない低所で 

その真理なるオチャメを もつ事によって 

点が出来 無は有となる 


即ち 低き所「そこで」

オチャメになる事が 有なる光となるのだ 

それが 高貴なる姿である


低きによりて 金は光りを放つのである 

金は地下の産物である が故に

金は 高い空中の産物ではない 


金は 己れ自らの位置にあって

しかも オチャメとなり

光るのである


2004.01.04.

| 2004年 | 22:04 | TOP↑

≫ EDIT

光にかがやく鏡となれ

人間は この地球上にあるが

……何やかやと 考えて 

助かる事を 考えようとしているが 

すべて無駄な事だったのだ と分った


なぜなら 人間は 二級品だったのだ 

それでこの 地球に生れおちたのだ!


二級品はあくまでも 二級品であり 

上を向いて

真なるものを探して 

うろたえねばならない……

そういう生きものなのだ 

と言う事が分ったのである


そこで この二級品が 

何をあがいてもダメだ……と

いう事がはっきりしてきた


それと もう一つある 

それは あがくのでなく一級品

になればいいのだ という事である 


即ち 二級品の位置でいて 

何をしてもダメなのだ という事 


その二つの事が

やっと分ってきたのだ 


二級品というのは 

三級品も 四級品も どうしようもない

くずも一緒に

ある場所に 追いやられているという

事なのだ


真珠でもよいのは はねて 

くずは くず物としてあつかわれる 

人間様というのは そのくず者なのだ 

皆が どうにでもなれ――

といった扱いを 受けている者たちなのだ 


そのくずものがどうしたら 

くずから逃げられるのか 

その牢屋から ぬける方法を探せ 

それには これしかない


高きに立つことだ 

連鎖するのでなく 統一者となる事だ

そして 言葉を使う者でなく 

光をはなつ者と なる事だ


言葉は 悪い奴の使うものだ 

思考もそうだ 

言葉と 思考を止めてしまえ 

光が出てくる 


それは 無知の光だ

アホの 輝ける鏡だ 

人から 鏡になるのだ 

人をやめて 鏡に変身せねば 

一級品になれないのだ


2004.01.04.

| 2004年 | 21:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT