FC2ブログ

2003年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気息という自分があった

気息だけが自分だ
自分の名は「気息」だ
自己一人が生きている世界だ

古代インドの詩集 リグ・ヴェーダに
「我は気息なり」という言葉がある

それにならい
この世における全ての出来事 
行為を捨て
自分そのものだけがある気息に
帰り 留まること

それが助かる道である
酸素は酸素を呼吸して生きている
気息こそ自己であり 世界である

それ以外の全てから
言語からも離れよ

創造以前の世界に帰れ
そこは光でない光 白光に輝いていた

2004.01.21.
スポンサーサイト



| 2004年 | 23:13 | TOP↑

≫ EDIT

気息はゆれである

オチャメは 斜めを創った
斜めは 気息をつくった
動きである

動きは興奮となり 躍動となった
生きるものが産まれた

それが翼の躍動となった
柔らかい躍動は
空を飛んだ

全てのものを その柔らかい
舞によって包んだ

羽毛は柔らかく 自由をもった
柔らかさ 自由 やさしさ
その舞はオチャメ儀式となった

点が線になる様に
オチャメが儀式となった
それがやさしさ 自由 柔らかさである

気息は シャボン玉を吹き出すように
その舞で 儀式をもって
拡がった

2004.01.21.

| 2004年 | 09:37 | TOP↑

≫ EDIT

無心の勝利に手が上る

無心の踊りは 進化と存在の骨子である
無心 無知を意識すると手が上ってくる
それは神聖なる門に入る姿であり
同時に知を投げ捨てて 無心になった姿である

手が自然に顔の高さまで 二つ共上がる
俗に人々が「お手上げ」という事を言うではないか
又降参する時も 両手を上にあげるではないか

これは自力が無くなった 限界であると自力を捨てた時に 
両手を上げて無力 無心 無抵抗となる
そのように無心無知といったような知力 知恵 思考に
限界が出来て 手を上げる事である

そのように 人は両手を上げて万歳をするのである
万歳とはこんな勝利の時をいう
即ち神聖なる門に立った時の事である

無心を意識して 無心になれて 無心に入った時
人は神聖への門に立つのである
その時人は 両手を上げた姿勢をとる

また様々な舞踊でも両の手が高く 
眼の高さまで上がるのである
それが踊りの元型である
完成の印である
自然に人は確かなるものを すでにもっていたのである

2004.01.18.

| 2004年 | 22:19 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメは踊る それがオチャメの儀式

オチャメは 踊らなくては
オチャメにならない
点は 線にならなくては
点ではない

線があるから 点も存在価値がある
1があれば 2がなければ
1の存在価値はありえない

オチャメは 踊らなければ
静かなものは 停止しているものは
動かなければ
停止などはなくてもよい

零が 1になる可能性がなければ
零なんて いらんものだ

オチャメが 踊りとなって初めて
オチャメらしくなるのである
その遊戯こそが儀式である
儀式なくして 太陽も無価値だ

オチャメは 斜めの揺れを創る
平面立方の舞は その儀式である
やわらかく それは揺れる

2004.01.17.

| 2004年 | 09:34 | TOP↑

≫ EDIT

親の手伝いをする者が詩の形相をもつ

自分をウシャスだと思え

詩の世界以外に

何も真実なものはない


詩からも 神話からも

言語からも離れよ


光でない白光

創造もない世界に帰れ!

何も望むな

2004.01.15.

| 2004年 | 13:25 | TOP↑

≫ EDIT

中庸を解き明かす円とメビウス

宇宙とは何か 
宇宙とは存在するものである
その存在するものとは何か それは無か 有か
それは無でもなければ 有でもないものである

そういう存在するものがある
それは 性子のような存在である
有でもなければ無でもないもの 
それが中性子である

宇宙の初めに何があったかを尋ねるのは愚である
宇宙には初めがない
宇宙とは存在してあるものの事である
宇宙は在るから それを尋ねるのである
それは問題提起を引きおこすのだ

在る者同志が 向い合っているのである
宇宙は 向い合っているのではない
人間の心が向い合っているのである
そして宇宙とは何かと今まで問い詰めて来たのだ
そのように人間は 無駄な長い時間を費やして来たのである

しかし対象物を調べるより
自己自身を調べた方が賢いのではないか
では自分自身とは何か それは存在物である
では 宇宙も人間も含めて存在とは何かを尋ねた方が賢い

さて存在とは何か
存在するものは 時間の上にのっかっている
存在するものは 距離の上にのっかっている
では時間とは何か 距離とは何か
それらも在るものである
となると在るものは 何を根拠としているか

それは点を根拠としている では点とは何か
点というものはあるのか
いや点とは在るのに無いのである 線と同じだ

それらは無から現われたのか
いや 無から何も生れてこない
これはヘーゲルも言った通りである

シェリングは 有は無から生まれたと説いて
ヘーゲルに批判された
しかし老子も同じように 無から有が生れたと言っている

もしかすると 無も有もないのかも知れない
あるのはただ存在というものが在るだけなのかも知れない
雲の上に浮いているようなものだ
在るかと思っても 姿が変わる
これは有の内には入らない

変るものは変るものであって 有ではない
では変るその存在物は何なのか
それは雲のように浮いている何かのようなものである
有でも無でもないもの
しかもそれが 巡環していて永遠である

永遠に循環しているものとして円とメビウスがある
先ず円の構図を見てみよう
それらには端がない
端のあるものは 有とか無の部類に入る
ここでメビウスの図式を見てみよう
そこに一つの交差する点がある

さらに円に直径となる直線を引くと
直径と円周の交差する箇所が出来る
ここにおいて交差する所もあるし 距離のある直径と
距離のないものの同居がある

これは一つの遊戯であり オチャメの遊びである
存在物はすべてこんなオチャメの遊びを 内在しているのか
それとも遊戯そのものか オチャメそのものか
有でもなく無でもなく オチャメ
そんなものが 存在というものかも知れない

存在は中性子を骨子として存在しているのであると
言えるかも知れない
すると存在は 進化するものであり
進化の骨子に中性子的な法則があり
それに従わねば 進化しないのかも知れない
そうでないと 存在の意味もないのかも知れない

そうだとすると人は永い間 有と無を論じる事に時間を
費やし過ぎたのではないか
道徳も宗教も 哲学も共にその線上を歩んで来たのではないか

何が善で 何が悪かとか
真なるものを その線上で探し回っていたのではないか

そこで仏陀は中庸を説いた
しかしその中庸というものは どんなものだったのか
有と無 善と悪の中間という意味のものではなかったか

もし中庸を宇宙存在の骨子としたいならば
それは有でもない無でもない 
しかも有であって 無である
無であって有であるといったような
中性子的なものならば まともなものとなろう

1は1であって 2になり得る
2は2であって 
1にも0にもなり得るといった働きをもっているもの
円とメビウスのように 距離のあるものとないものとの交わり

仲良く行こうというオチャメな遊びそのもの
それが1であり2であり それが数学の骨子である

科学 哲学 宗教をより良く 高貴にするもの
それが中性子である いわゆる点である

点が踊ると線となり 線が踊ると平面となり
立体となる

その踊りなくしては
この宇宙は出来て来なかったのである

2004.01.10.

| 2004年 | 22:17 | TOP↑

≫ EDIT

点と線の異質の同時存在が エネルギーをつくる

「今ここで」は点文化である 
人類は今日でも線文化(距離文化)の中に生きている
だから 様々な言い分が出てきているのである
距離文化では真理なるものは その姿を現わすことはない 

点と線の関係が分った 
線は点なくして エネルギーを出せない
距離は 距離だけではエネルギーとならない
そこに 点なる支点がなければ……

点と線は異質の同時存在をしている
そこに非平衡系がある
興奮である 躍動が起きる

光の翼は 点と線の異質存在の中から起きる
興奮は翼を動かす
舞うもの 踊るもの 飛ぶもの
それは点と線の異質存在の非平衡系から起きる

おお 光速で天駆ける者よ
強力な翼の上下運動をする者よ
光速は飛ぶ
斜めになって それは飛ぶ
生命は生れ 永遠に輝く

これで イシスがオシリスを甦らせた
その謎が分かった
イシスは 自らの翼を羽ばたかせることで
オシリスを甦らせたという

翼はなぜ 生命の甦りに関係があるのか?
それは 翼には支点と距離(点と線)があるからだ

距離なる大鳥はとぶ
大いなるエネルギーをかかえて

点と線
点と線よ
異質の同時存在する者よ

エネルギーはそこから生まれ
宇宙は かくあり続けるのだ

2004.01.09.

| 2004年 | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメ踊りだけがあった

私とは何か この肉体をもつものが私か
否 これは欲の塊である
ではお前とはどれか

いえ 私というものはありません
しいていうなら私は点です
今ここでオチャメである それが私です

天国から滑り落ちた者がいた
その者は欲望をもって 肉体をもった人間の形ある者を造った
人はそれを進化というが 実は退化である

そして人は その欲望によって幸せを探し始める
聖者とか賢者という者が その幸せの道を探し始めた
それは 欲望の結果である事も気付かず
真理とやらを 探し始めた

欲望の薄き者は貧乏でありながら その生活を満足していた
真理など 探す暇がなかった
ただ お天道さんを拝みながら農業にいそしんだ
彼らは無力に見えた
しかし彼らは 本当に強い人々であった

そこに満足を感じ 欲望をもたなかった
それが強い人なのである
何も望まない人程 強い者はない

そして その人は死んでいった
煙となって その姿は燃えてしまった
或いは土となってしまった
その人に残ったものは 今を満足する心だけがあった
死でも生でも 何も関係がなかった

今を生きるだけであった
その者は今をもつ人であった
今という点がしっかり彼の中に実っていた

彼は永遠をもった
今ここでオチャメで 幸せに生きる者は天国にゆく
いや 天国もゆく自分もない
今だけがあった
その今という点の中に 彼はいた
今を楽しむオチャメの踊りを 彼はもちえたのである

欲望なき者は 今を握る
今という点の中に 彼は生きたのであった
この人生に 何の幸せをも探そうとはしなかった
学問は何も 彼には必要ではなかった
今ここで オチャメ踊りだけが自分であると思っていた

その者には自分も 宇宙も 他人も 自然もなかった
今ここで オチャメ踊りをすることだけがあった
ピュアーなるものブラフマンだけがあった

それは 今ここでオチャメ……
それが ブラフマンであった

2004.01.06.

| 2004年 | 20:33 | TOP↑

≫ EDIT

今ここで それが宝をみつける秘訣である

人間のその中で オチャメの光を放つことが 
高貴たるものである

人間は何を望んでいる者であるか
それは幸せを欲しているのである
その為に真理を探しまわって来たのである

ところが人間は弱いから 距離の中(線)に生きているから
何かを求めるのであって
常に宝となるべきものを探し回り それを欲して来た
欲がそのようにうろつかせたといえる

そして真理 とどのつまり平和と 自由さを創る方法を
追い求める……という欲がある事が分かって来た
人間とはそんな低き者であったのだ

本当の幸せ 宝というものは
そんな程度で喜ぶようなものでなく もっと高く高尚で 
近づけない程のもの 犯す事の出来ないもの……
宝とは そんなものかも知れない

その為に必要なことは 統一ということである 
それにも連鎖がある
平たく横に連なる連鎖でなく 高きもの 
犯すことの出来ないものとの連鎖となるのが 高貴であり 
それは真っ直ぐに立つ直線の先端が
光っているようなものである

先端の位置の高きもの 絶対なるもの 
そしてそれを そうあらしめる為のものは
いうまでもなく「オチャメ」の光である

そして その光と統一しているという連鎖があるのだが
統一者の光り輝く姿
その高貴の高きはどこにあるのか 

それは点にある 
その高き位置がわかって来た
それは高低の高き所でもなく 低き所でもない
それは「今ここ」である

「今ここ」で オチャメで光る事が
高貴という宝を得ることなのだ

やはり点だ 点とは 距離も 時間もない
「今ここ」である

「今ここ」でオチャメになる事だ
「今ここ」には距離がない
ここ といえば距離がないし 
時間のない今がつくる点 そのものであり
真理なるオチャメと 点が合成された所である

宝は 高貴は その「今ここ」で
オチャメになることであった

2004.01.05.

| 2004年 | 22:15 | TOP↑

≫ EDIT

点の輝きとは

「今ここで」 それしかない 
点とは今ここで オチャメの輝きあるものである
今ここで オチャメの光を放つものが点である

そこでは自分も宇宙もない
ただ それがあるだけである
今ここで輝くもの 
オチャメとは 今ここで輝くものである 

点とはそれだ
それ以外に何もないのである
それがあるだけ――それをピュアーという

ピュアーとは何かと思い探し 
それを透明と 当てはめてみても
ピタリとこなかったが
ピュアーが 分った

ピュアーとは 
今ここでオチャメになる そのそれ以外に
何もないという事であった

ピュアーとはそれ以外にない
それがそれだ というそれが 
ピュアーなるものである ブラフマンである
と 今分った‼

2004.01.05.

| 2004年 | 20:09 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT