FC2ブログ

2004年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

振り子のように

自己が自己をコントロールしてゆく形
それが振り子の構造である
振り子は 相対からの逃げ道
ここにこそ 永遠がある

振り子は自力のない世界 力のいらない世界 
振り子の運動によって ただ揺れているだけで
そこに自力はない

自力のない魂というのはものすごい
永遠なるものが そこに輝いている

我々のもっている魂は
生きてやろうとか こう生きようとかいう
自力の鎖に繋がれている
これは哀れなあがきの姿でしかない

我々はあがきの存在でなしに 
永遠そのものの安らぎに到ろう思うならば
振り子のように揺られることだ

振り子になったらここから 永遠の幸せの世界にゆける
否 振り子の世界には今ここだけしかない
こちらに揺られて踊り あちらに揺られ舞い 遊ぶ

自力がない 自力のない栄光
力以上のものになる 

人間なんていらなかった
ただ揺られよ
振り子のように

2004.11.02.
スポンサーサイト



| 2004年 | 13:36 | TOP↑

| PAGE-SELECT |