FC2ブログ

2004年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ある男の手伝い

宇宙を動かしている者がいたとするなら
それは我々人間の親である
宇宙の時空の中から生れた子が我々である

リグ・ヴェーダの詩に ウシャスの詩というのがある
これは太陽の上る前に その前進を祝して
ウシャス女神が 東天を紅に染め清める

太陽よ 来ませ とウシャス女神は太陽を導く
……これは手伝いでもあり 詩そのものである
理性即ち 合理を越えた世界を展開している
すると詩というものは 合理の中から生れてこない事になる

詩は透明で 我のない芸術的な遊戯の中にあるようだ
神話もそれと同じである
合理を越え 自己存在を越えている
むろん欲も 善悪も越えている

すると善悪は欲と 我と 合理から出てくるようである
詩と神話と縁の遠い世界だ
そんな世界を人間は理性としているのだ

ところがウシャス女神は そうした我とか 欲とか 
善悪というものを 少しも持たず
太陽の上ってくる前の東天を 紅に染め清め
太陽の進行を手伝っている

ここに親への手伝いが見られる
そこで我々人間は 宇宙の親に対して
手伝いをしているであろうかと ある男が考えた

そこで彼は ウシャス女神にならって
朝 太陽の昇る前に魔法の小箱から筆をとり出し
東天を紅に染める手伝いをした

その男は その行為をするようになってから
毎日が満足であった
そして夜は星空を眺めて 両手を上に向けて天体を
動かす宇宙の親の手伝いを始めた

朝は朝で 夜は夜で 天の手伝いを始めた彼は
かつてなかった心の安らぐ
うれしさ一杯の毎日を 送れるようになった

人生にはじめて満足が来た
詩そのものに 彼はなれたのである

2005.01.30.     
スポンサーサイト



| 2005年 | 20:28 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの飛翔

この大きな宇宙があるだけで
詩であり 神話である

それだけでいい
そうなれ 
そうなっていればいいのだ

それ以外に 思考するな
目標をもつな

この大宇宙を 
距離と 時間の大宇宙を
翼をもって 
飛翔しておりさえすれば
それでいいのだ

オチャメの飛翔となる

ニコニコも 光った顔も 香りも
出て来る

2005.01.28. 

| 2005年 | 23:40 | TOP↑

≫ EDIT

原始の言語

宇宙には 閉ざしと開きの構造がある
隠れと現われ とも言える
それらの遊戯は 斜めの角度をくぐって 
行われる

宇宙は遊戯している
斜めの角度の中で

宇宙の全ては この遊戯をしながら
光り輝いている

遊戯とは 踊る事ばかりを言うのではない
ニコニコ顔で遊戯すること
ニコニコ顔で光り輝くこと
それが遊戯である

原始の言語は ニコニコ顔と光ることが 
言語であった

太古の人々は 生れながらにして
神学詩人であった
黄金の音色と 色彩と 香りに
輝いていた

2005.01.25.

| 2005年 | 16:56 | TOP↑

≫ EDIT

ある男がいた その5

ある男がいた 
彼は瞑想して 宇宙を動かす親の手伝いをしていた

誰がこれをバカ者であると言えるであろうか
言う方の人間こそバカ者である
詩とは空想力の世界であって 合理の世界でないという

しかし詩とは そうした空想の世界
感性の世界のみを詩というのではない
詩とは 詩人とは 親と子の関係を結んで 
離さない人のことを言うのである

手伝うこと ――これを大昔の人々 エジプト人も
インド人もちゃんと心得ていた
イタリアのヴィーコが「太古の人は神学詩人であった」と言った
そして それに帰れといった

しかしそこまでで それになれる大切な道
親の手伝いを子がするのだという そうする事が 
神を知る 神の知恵を知る詩人なのだという事まで
見つけていなかった

それなのにエジプト人と インド人が太古の昔にその知恵
その方法をちゃんと発見していた
それがイシス女神と ウシャス女神の
物語を通して知る事が出来る

しかしそこに 秘められてあるその出来事を
今日まで 見つける事が出来なかった
私がやっと 天の助けを得て
その秘伝を見つける事が出来た

それが見つかれば 今日までの人間の
歴史 文明の歴史を
書き変える事が出来るのである
欲ばかりに走っていた人間の歴史を

2005.01.24.

| 2005年 | 23:15 | TOP↑

≫ EDIT

ある男がいた その4

しかしニーチェは その古里に帰って来る者のことを 
書いているが
どうしたら その古里に帰れるかを言っていない

今日までの哲学 聖賢のたくさんの言葉
それら いい事を言ってくれているが
その最後の一番大切な
親と子の関係と手伝いの事を見つけていない

自己を発見せよとか 無我無欲になれと
言ってくれているが
これらは皆 自己を仕立て上げよというラッパに過ぎない 

そのラッパにのって 前方に突撃する者は
皆前線で撃ち殺されてしまう

自己を仕立て上げよ というラッパを吹いて
くれただけであった
しかしそれがアダになっていたのである

ニーチェも 無意味なる真理の実態を言ってくれたが 
それ以後 狂うしか道がなかった
ニーチェにしろ ヘルダーリンにしろ帰郷を説いたが
真の方法を見付けずじまいで終っている

それが 今日までの求道の歴史の結末である

2005.01.24.

| 2005年 | 23:11 | TOP↑

≫ EDIT

ある男がいた その3

手伝い
それからこの男は いつも親と離れないことを誓った
そして 親のしている事を真似始め
親の手伝いを微力ながらするようになった

これをバカな男といえるであろうか
科学者 哲学者 聖者や賢者 その他
良識ある方々に それを尋ねたい

彼の心の中に 詩の世界が展開したのである
良識 理性 合理をかなぐり捨てて
彼は詩そのものの井戸の中に 泉の中に
波紋となって入っていったのである

彼は今まで忘れ去られていた古里 親と子の関係
親の許にやっと帰れたのである

ニーチェの言う あの家出息子が生れ故郷に帰る事が
出来たのである
故郷は彼を迎え 祝宴を催してくれるとニーチェは言っている

その男の膝元に 猛獣までが近づいたと彼は言い
その者はもはや地を歩かず 空を飛ぶとニーチェは言っている

人はこの 親と子の関係をすっかり忘れ
家出息子となって うろついているのである

2005.01.24.

| 2005年 | 23:08 | TOP↑

≫ EDIT

ある男がいた その2

親と子 その男はそこに 
親と子の関係を見たのである

親と子の関係を見付けるまでの
その男の考えは いつも自己を仕立て上げようと……
そういう事ばかり考えていた
そして その為に多くの時間とエネルギーを費やして来た

しかしそれは 欲であった事を知った彼は求道を断念した
求道は 欲の結果することであると気付いた彼は
幸せ者であった
なぜなら それに気付く人は少ないからである

気付いた時から 彼の運命は急速に好転しはじめた
そしてそこに見付けたものが 親と子の関係である

子はそこで 何をなすべきか……が分かって来た
彼は最初に思い浮かべた事は アヒルの親と子の関係であった

アヒルが生まれると そのそばに居たものを彼は親と
思ってしまうのであった
そばに動くオモチャの車があったら その車を追っかける
その車の後を付いて走る

ある時 そのアヒルのそばに白サギが居た
その白サギは いつもそのアヒルのそばにいたので
アヒルの子供は その白サギを親だと思い込んでいた

その白サギが 片足を折り曲げて一本足で立っていた
するとアヒルの子は その真似をして
一本足で立つようになった
……これは事実である
この男は その映像を見た事があった

そこで彼は考えた
親の真似をすべきだと
……それから彼は 天体を動かしている
親の真似をするようになった……という物語である

2005.01.24.

| 2005年 | 08:50 | TOP↑

≫ EDIT

ある男がいた その1

ある男がいた というタイトルを思いついた
ある男がいて 彼はいつも夜空を
ながめて瞑想していた

その男は 何をしているのかというと
宇宙を動かすことが出来ると 
そんなバカげた事を考えていたのである

しかしこれはバカげた事であろうか
科学者や哲学者 或いは意識ある者たちの
仲間以外の世界に 住む男かも知れないと
先ずは大目に見てあげる事も 
必要な世界があるやも知れない

このバカげた男の考えは こうである
宇宙根源の一者は 時々刻々に
この宇宙を動かしている
という事は この大きな宇宙を動かしている者が
あるという事である

空想ではない 現に宇宙は動き 
しかもそれを動かしている者がある
それが宇宙の根源 宇宙の親とでもいうべき者 
そいつがいるのだ

そして我々は 即ち動かされている者は皆
子である

2005.01.24.

| 2005年 | 08:38 | TOP↑

≫ EDIT

オリオン座と魔法の小箱

神は時々刻々に 宇宙に魔法をかけています
見て下さい 夜空の星空を
オリオン座でも 地上すれすれに
現われたかと思うと
一寸したすきに もう大分上の方に
移動しています

夜が明けた頃には
魔法の小箱の中に仕舞い込まれるのか
消されてしまうのか
オリオン座はまた 明日の夜でないと
現われて来ません

朝が来ると 星々はすっかり消えてしまい
太陽が小箱の中から
引き出されて来ます
神はたしかに 宇宙の魔法使いかも
知れません

黄金で輝く星々や 太陽や 人間や
樹を創って動かしています
金粉を撒き散らして
それは詩である

2005.01.19.

| 2005年 | 23:21 | TOP↑

≫ EDIT

科学するとは

科学者にしろ 哲学者にしろ 宗教家にしろ
あの夕焼け空を創れるであろうか

なぜその前で 頭を下げないのだろうか
神は何を人間に求めているのであろうか

神への 信仰あつい人間の心であろうか
そんな事を考えるのは ロボット人間の考える事だ

詩の世界から離れ切った人間のする事だ
神は人間に何を欲しているのだろうか

知恵かしこい人間 信仰あつい人間
便利な機械を上手に造れる人間
ものすごい武器を 上手に造れる人間を
神が欲しているのだろうか

人々よ 地に両手をついて
地の温かさを感じとってみよ
それが科学だ

その温かさは詩である
親のふところである
それを知るのが科学である

2005.01.19.

| 2005年 | 20:20 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT