2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

世界は一人である

ついに 羽毛の中にある斜めの構造が

見えてきたので 助かった


これは 斜めをつくろうとして 現われたもの

でなく

また 斜めになろうとしたものでもなく

羽毛のお陰で

知と心の動きを 止めたので

羽毛の中に 斜めがあることまで

見えてきたものである


すごい事だ これでやっと助かった

求めは消えた

なろうとする事も 消えた

あらゆる努力は 後退した


孔子も 老子も この羽毛の恩恵を得れ

なかったので

人工の道を 歩かざるを得なかった


もしこの羽毛が 現われていなかったなら

思考を止める事が 出来なかったであろう

これで 他のない一人が出来た

世界は一人である


2005.09.28.
スポンサーサイト

| 2005年 | 23:10 | TOP↑

≫ EDIT

一人が居た

羽毛を瞑想しよう

羽毛を考えよう


羽毛になろう

フンガラ フンガラの羽毛に


それに 黄色いカラーをつけても

赤いカラーをつけても 

また 楽しく遊べる


天空に 舞い上がる羽毛よ

自己をもたないものよ

私はそれだ あなたもそれだ


舞おう 天女の羽衣のように

何の抵抗もない 羽毛の羽衣

それが 宇宙だ


今がおどる 今がおどる

時間も距離もどこかへ 行って

しまえ


私は舞う者 一人で舞う者

一人以外に 何も他がない

舞う者だけがある世界


2005.09.28.

| 2005年 | 23:04 | TOP↑

≫ EDIT

羽毛なる終着駅

羽毛が終着駅だった

風のまにまに フワフワ動くもの 

気楽なもの 気楽な形相


大空をとぶにも 何らかの力がいる

羽毛には 力みがない

自由が そこにある

しかも そこには自分がない


思考から完全に 放たれる

しかも しかも

その羽毛の動きの中に

斜めの角度のある事を 発見した今


すごい事だ

斜めをつくろうと したのでもなく

斜めになろうと したのでもなく

ちゃんとその中にあった事が 見つかった


すると 本質を見つけた事になる

本質を見つけ 認識の領域に入ると 

それが 動いてくる

それが 生き物となる


その 生き物になったところが

創造の一点である

創造は よきものを 楽しいものを

つくるのである

楽しいものを創ることを 創造という


創造は 生命を甦らせる事でもある

その創造の所に 神がある


神とは 創造する者であり

神とは創造の 別名である

楽しいものをつくる者に 与えられた

名前である


しかもそれが 神が 羽毛の中から

あらわれてくるのである


ここで知から のがれられたし

心からも のがれられたし

心で何かに なろうとすることも

孔子流の 人工が入るし

老子も 自然にかえろうとして

なんらかの 人工が入る


知と 心と 目標 目的 計画といったものが 

取りのぞかれる事が

肝腎であったが

やっと フンガラ フンガラの羽毛のお陰で

助かってきた


羽毛よ ありがとう

五つの啓示の 最後のもの

それは 羽毛だった


2005.09.28.

| 2005年 | 00:16 | TOP↑

≫ EDIT

自由とは

高きとは 穴かも知れない

広大というのも 穴かも知れない

その穴に すいこまれるのが 自由かも

知れない


自由とは 自力をなくして

羽毛のように 軽々となることなの

かも知れない


軽いという事は 自力をもたないもの

かも知れない


羽毛とは 吸い込まれる者

神の意志に 従う者


羽毛となれ ナーラーヤンよ

ドルガ女神は それを伝える

もう二度とうろつくな!!


2005.09.20.

| 2005年 | 00:06 | TOP↑

| PAGE-SELECT |