FC2ブログ

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一粒のブドウと 木そのもののブドウの木

決定的なものが来た 
巾は拡がり 翼となった
その巾は 宇宙大に拡がる巾となった

ブドウの一粒一粒がブドウであるが
ブドウの木そのものが ブドウである事が分って来た
すると一粒一粒の今の自分は本当のブドウでなく 
数多い複数のブドウの一粒である

しかし本当のブドウといえば 一粒一粒ではなく
その本体のブドウの木がブドウというものであった
一粒一粒のブドウであっても 
それはブドウの木になった一粒に過ぎない

その事から自分というものは ブドウの木そのものが 
自分であると分った
となると自分というものは 
宇宙という一本の木そのものである という事になってきた

大きな巾そのものを持つ大木
樹が一本立っている それが詩である

自己という一粒が踊るような踊り観念は
吹き飛んでしまった
そんな小さな一粒の踊りをするのでなく 
木が一本立つのである

それが詩であり 悦ばしき踊りそのものである
慄然とその木は立ち 
悠々と翼を拡げて その巾なる木は飛んで行く

立つ事は飛ぶ事である
立つ事は巾がであり
立つ事は踊りそのものである

2005.10.26.
スポンサーサイト



| 2005年 | 13:57 | TOP↑

≫ EDIT

DNAの改善のために

生命に巾がある 
それは金の巾であり
燃えている炎も 金によって出来ている

即ち 生命は物質であると同時に
この金は 単なる鉱物としての金でなく
生物としての金であることが分る

という事から 生命は基本的には
物質によって創られている機械的なものであると同時に
生物によって創られている機械的なものである……といえる
その重大な証明が この巾と金によって明白となって来た

それ故に 分子から細胞へ
更に生物としての 物質的個体の内容を通して
精神や 行動の問題に致るまで
細やかに かつ総合的に見てとって
ゆかなければならない

2005.10.21.

| 2005年 | 23:31 | TOP↑

≫ EDIT

命の自己複製

無価値の軽やかな無限の喜びが 大空指して羽ばたき渡る
刻々 寸刻寸刻の生命がそこに踊る
自己複製 新たなる炎と燃える
生命は踊る

生ある者は すぐ価値あるものを求める
それは自己の内に光(命の炎)を持たないからである

その価値あるものを求める自己を消すと
相対の中にいる自己が消える
すると無価値と思っていた物の中にある真相が感じられて来る

その真相とは無限の価値なるものである
その無限の価値あるものを 感じとれるようになる為には
眼の前の物で価値あると思われる その価値としての相対物
それに執着する自己を消すことにある

すると全ての物に 平等に内在する真なるものが見えて来る
即ち自己を価値の世界から外すと
軽やかなる自己が現われて来る

価値を求める者は 価値と無価値の中でうろつく
その価値の意識の消えた軽やかなる世界を無価値 
即ち価値を考えない世界という

価値から離れ その無価値の世界にいると
次は自己のなすべき事が分って来る
それは 天と自己との関係である

自己は天に対して何をしただろうか
求める事のみの世界にいた自己が そこで分って来る

天は親であり 我は子である
人や物の中でうろついてはならない
一番大切な親と子――天と子の関係をどうするかである

子は天と離れず 子は天の手伝いを
手助けをしなければならないのである

これに気付く事が 本当の自己を甦らせ
創り始めるきっかけとなるのである
自己複製の始まりである

天の手伝い 
それは何をすべきかを考えよ

2005.10.19.

| 2005年 | 19:46 | TOP↑

≫ EDIT

吸い込まれ 消えて踊るもの

ここで起きる踊りは
自己が消えつつ 炎となる
命の甦りとは この消えて
それから 燃えるに移るのである

そこに 自己増殖の秘密がある
一旦消えること
消えつつ炎となること
命の炎は消え 飲み込まれ
軽やかになること

その軽やかになる事が命である
そういう命が燃えるのである

中性子の運動も そこにあるのである
消えて再び現れる命の運動
そこに 永遠に連なる命の姿が
あるようだ

無価値なるもの 軽やかなるもの 悦ばしきもの
この三要素が 自己を自己の道へ
ブラフマンの道へ導いてくれるのである

詩とは 無価値なるもの 軽やかなるもの 
悦ばしきものの羽ばたき
その舞である

2005.10.18.

| 2005年 | 19:40 | TOP↑

≫ EDIT

『命の滝』を考えている

命の滝は 大きい滝で
それが天から降って来る
その命の滝は大きい

それに軽やかなる我々は
飲み込まれるのである
そして上に上がり 消えるのである

ここに 半導体的吸い込む空間があるし
吸い込まれる軽やかな者がある

その飲み込まれる時に 踊りが始まる
それが踊りだ
人が人工的に 様々な踊りを創って
踊るが
それは人工的な踊りで 孔子流に似ている

吸い込まれて 自然に踊ること
それこそが本当の踊りである
人工の踊りでなしに

――やっと踊りが分った
ここで生命が創られているのである

2005.10.17.

| 2005年 | 21:13 | TOP↑

≫ EDIT

踊りの映像

ドルガプジャの日

ローソクの巾の話をする
命は巾をもち 炎と燃えている
その炎の巾が踊りとなる

こうしてドルガプジャに参加してきた全員に
踊らせた
これが始めて全員が踊りの中に
入った事になった 

不思議にも 先日篠瀬さんが踊りの映像を 
その眼で見たといっていた

そして 踊ることが命だと思って
毎日踊っている
その時だけ自己が消えていると
興奮していっていた

尊い彼の体験だ
これらもドルガのお陰だ

2005.10.16.

| 2005年 | 22:23 | TOP↑

≫ EDIT

巾を持て

人はローソクの火のように いつも燃えてあるものである
命が躍動しているものである 
にもかかわらず 人の命は燃えていない 
金である自己を忘れているからである

金を思い出すと 人の命は燃えてくる 
そして光と熱を放ち 辺りを明るく照らす 

金を忘れた人は 辺りに害を及ぼしているのに気付かずに 
価値あるものを探し歩く
求道もそれである 
火の消えた者が 良きものを見つけられるはずがない 
書物を読み 聖者の言葉を研究し 神よ神よと拝み続ける

火(金)を持たない者が 掴んで来る物は 
ろくでもない物しか掴めず
それを知恵という頭の袋に詰め込んで 
一時の喜び 慰みを得ている 
それは金である自己を忘れた盲人のする事である

自らが神(金)となれ 
金の波動 粒で出来上っている自己に気付いた者は 
光りを放ち 辺りを明るく 楽しいものとする

しかし始めは その火の炎は小さい 
それがもっと金を認識すると 
火の周りに 火の巾が拡がって来る

巾を持て‼ 人よ 
巾は光りの巾だ 命の輝ける巾だ 
欲ではこの巾は掴めない
自己のものと出来ない

無欲になること 素朴になること
「無価値なるもの 軽やかなるもの 悦ばしきもの」が
そこから出て来る

それに帰ると 光の巾(金)命の巾が出て来る
踊りと舞をもった金の人となる
欲は金の巾と踊る人を 
迷いとぶつかりの人にしてしまう

巾を持て 金の巾を持て
無価値なるもの 軽やかなるもの 悦ばしきもの  
光る人となれ

迷いは価値あるものを探し求める

命は光る 広き光る巾をもて‼
人よ‼

2005.10.16.

| 2005年 | 09:50 | TOP↑

≫ EDIT

人から黄金の波動に帰れ

金とは 無価値なるもの 
軽やかなるもの
悦ばしきものの事である

そのものは踊る 人から離れて

人が人になると 価値の世界に
転落する
悩み 取り合い 損得が生まれ
感情が生まれ
救われようとして思考 哲学 或いは
宗教が生まれる

人は無価値と 軽やかなるものを意識すると
価値あるものを 探し求める自己が消える
軽やかなる自己を思うと 求めをもっている重さ
から自由を得る

軽やかなるものは 遊戯する羽毛の世界である
踊りの世界 舞の世界である

2005.10.15.

| 2005年 | 21:50 | TOP↑

≫ EDIT

命の滝を忘れた人間

金とは無価値なるもの 軽やかなるもの 
悦ばしきものの事である
そのものは踊る 人から離れて

人が人になると 価値の世界に転落する
悩み 取り合い 損得が生まれ 感情が生まれ 
救われようとして思考 哲学 宗教が生まれる 

そこでは人は 人から金(羽毛)に帰ることは出来ない
命の滝はそれを最初の者に教えてくれた
ドルガの恩恵である 
金は全ての物の素材である

ブラフマンがあった
それは無色透明であった
彼は呼吸していた
その無色透明なるものが意志をもっていた
その意志が踊り始めた
それは静かであるが 躍動し始めた 

躍動は非平衡系 即ち斜めをつくった 
上と下 斜めである
斜めなる角度は運動の母胎である
高きより物は低きへ動く 
その斜めなる角度を通って
そのブラフマンの命が降り注がれた

踊りながら それは命の滝となった
それは無色透明であるが 金色の波動粒子となった 
光がそこから創られて来た

その光が 斜めの角度から時間と空間となって
噴出してきた
物質が生まれた
生命あるものも生まれた

天からの命の滝は 永遠に降っていた
すべての物はそれを呼吸し
受ける事によって存在した

しかし人は 生まれてから成人している間に
自我をもった 
それが天を忘れて 自力で生きるようになった
天を忘れ 天の命の滝を忘れた

さ迷える人間というものの歴史が繰り広げられた
そして救いを求め 真理を探すようになった
聖賢が生れ 哲学を説いた

2005.10.15.

| 2005年 | 15:29 | TOP↑

≫ EDIT

金をつくる命の滝

ピュアーは無色透明であり
命の滝(水と同じで無色透明)によって 上から下にという
非平衡系を通る事によって 色が出てくる

それが金色であり それによって創造が起きる
時間も金 空間も金 波動も金 音も金 物質も金
鉱物の金がここで出来る 光も金

人間は最後の鉱物の金と 光の金だけを知っている
これら全ての金が認識されると 命の滝を浴びる事によって 人は生命が躍動して来る

炎となって燃えると そこに巾が出来る
その巾はソーマ酒の如く 喜びの巾であり
天国そのものである

人は地上界から 天上界の者となる
喜びは踊りであり 躍動する舞となる
他に関係なく ただ一人舞う者となる

巾の調べ 舞が法の調べとなる
人の世は喜びのみとなる
喜びこそがこの世の調べ 法であり真理である

無も空も瞬間も 存在するもの全てが 喜び舞っているのが
感じられてくる
天国も地上も喜びの世界なのである
小賢しい知を捨てよ! それは悪魔のささやきである 
その悪魔も人が創ったものであり
更にそのものに翻弄されているのが 今の人である

真理とは喜びの事である
天の滝(命の滝)を受けると それが実現されて来る
それ以外の横道にそれるな
それるから 哲学や宗教が起きてくるのだ
救われようとして

救いは自分で行え
他に手助けを求めると 悪魔の餌食となる
真理は一つだ 
自分の事は自分で行え

物を食べるには 自分自身で口を動かさねば
ならない様に 他にたよるな
頼ると 虫食い人間のようになってしまう
虫に喰われた果物はどうにもならないように
虫喰い人間から救うのは 自分自らである

立って歩け 立ち上れ 命の滝を浴びて金の巾を出せ
金の巾が出て来ると 踊れて来る
天国の為に 喜びと軽やかさの為に踊れて来る

すると必然的に羽毛となる
羽毛はやさしく 軽く 喜びの翼
その踊りが翼の飛翔である
喜びが渡る

2005.10.14.

| 2005年 | 15:17 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT