2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一粒のブドウと 木そのもののブドウの木

決定的なものが来た 

巾はひろがり 翼となった

その巾は 宇宙大にひろがる巾となった


ブドウの一粒一粒が ブドウであるが

ブドウの木そのものが ブドウである事が

分って来た


すると一粒一粒の 今の自分は

本当のブドウでなく 数多い複数の

ブドウの一粒である


しかし 本当のブドウといえば 一粒一粒ではなく

その本体のブドウの木が ブドウというもので

あった


一粒一粒のブドウであっても それは

ブドウの木になった 一粒にすぎない


その事から 自分というものは ブドウの木

そのものが 自分であると分った

となると自分というものは 宇宙という

一本の木そのものである という事になってきた


大きな巾そのものを 持つ大木

樹が一本立っている それが詩である


自己という一粒が おどるような踊り観念は

ふきとんでしまった

そんな小さな一粒のおどりを するのでなく

木が一本立つのである


それが 詩であり よろこばしき踊り

そのものである

慄然とその木は立ち 

悠々と翼をひろげて その巾なる木は

とんでゆく


立つ事は とぶ事である

立つ事は 巾がであり

立つ事は おどりそのものである


2005.10.26.
スポンサーサイト

| 2005年 | 13:57 | TOP↑

≫ EDIT

DNAの改善のために

生命に巾がある それは金の巾であり

燃えている炎も 金によって出来ている


即ち 生命は物質であると同時に

この金は 単なる鉱物としての金でなく

生物としての 金であることが分る


という事から 生命は 基本的には

物質によって創られている機械的な

ものであると同時に

生物によって創られている機械的な

ものである……といえる


その重大な証明が この巾と金によって

明白となって来た


それ故に 分子から細胞へ

更に生物としての 物質的個体の

内容を通して

精神や 行動の問題に致るまで

こまやかに かつ総合的に見てとって

ゆかなければならない


2005.10.21.

| 2005年 | 23:31 | TOP↑

≫ EDIT

命の自己複製

無価値の軽やかな 無限の

よろこびが

大空さして 羽ばたきわたる

刻々

寸刻 寸刻の生命がそこに

踊る


自己複製

新たなる炎と燃える

生命は踊る


生ある者は すぐ価値あるものを求める

それは 自己の内に光(命の炎)を持た

ないからである


その価値あるものを 求める自己を 消すと

相対の中にいる自己が 消える

すると 無価値と思っていた物の中にある

真相が感じられて来る


その真相とは 無限の価値なるものである

その無限の価値あるものを

感じとれるようになる為には

眼の前の物で 価値あると思われる

その価値としての相対物

それに執着する自己を 消すことにある


するとすべての物に 平等に内在する

真なるものが 見えて来る


即ち自己を 価値の世界から

はずすと

軽やかなる自己が 現われて来る


価値を求める者は 価値と無価値の

中でうろつく

その価値の意識の消えた軽やかなる

世界を 無価値 即ち価値を考えない

世界という


価値から離れ その無価値の世界に

いると

次は 自己のなすべき事が分って来る

それは 天と自己との関係である


自己は天に対して 何をしただろうか

求める事のみの世界にいた自己が

そこで分って来る


天は親であり 我れは子である

人や物の中で うろついてはならない

一番大切な親と子――天と子の関係を

どうするかである


子は天と離れず 子は天の手伝いを

手助けをしなければならないのである


これに気付く事が

本当の自己を甦らせ

創り始めるきっかけと

なるのである

自己複製の始まりである


天の手伝い 

それは何をすべきかを考えよ


2005.10.19.

| 2005年 | 19:46 | TOP↑

≫ EDIT

吸い込まれ 消えて踊るもの

ここで起きる踊りは

自己が消えつつ 炎となる

命のよみがえりとは この消えて

それから 燃えるにうつるのである


そこに 自己増殖の秘密がある

一旦消えること

消えつつ炎となること

命の炎は消え のみ込まれ

軽やかになること


その軽やかになる事が 命である

そういう命が燃えるのである


中性子の運動も そこにあるのである

消えて再び現れる 命の運動

そこに 永遠に連なる命の姿が

あるようだ


無価値なるもの 軽やかなるもの よろこばしきもの

この三要素が 自己を自己の道へ

ブラフマンの道へ 導いてくれるのである


詩とは 無価値なるもの 軽やかなるもの 

よろこばしきものの 羽ばたき

その舞である


2005.10.18.

| 2005年 | 19:40 | TOP↑

≫ EDIT

『命の滝』を考えている

命の滝は 大きい滝で

それが天から 降って来る

その命の滝は大きい


それに 軽やかなる我々は

飲み込まれるのである

そして上に上がり 消えるのである


ここに 半導体的吸い込む空間があるし

吸い込まれる軽やかな者がある


その飲み込まれる時に 踊りが始まる

それが踊りだ

人が人工的に 様々な踊りをつくって

踊るが

それは人工的な踊りで 孔子流に似ている


吸い込まれて 自然に踊ること

それこそが 本当の踊りである

人工の踊りでなしに

――やっと踊りが分った

ここで生命が つくられているのである


2005.10.17.

| 2005年 | 21:13 | TOP↑

≫ EDIT

踊りの映像

ドルガプジャの日


ローソクの巾の話をする

命は巾をもち 炎ともえている

その炎の巾が 踊りとなる


こうして ドルガプジャに参加してきた

全員におどらせた

これがはじめて 全員が おどりの中に

入った事になった 


不思議にも 先日篠瀬さんが 踊りの映像を 

その眼で見たといっていた


そして 踊ることが 命だと思って

毎日踊っている

その時だけ 自己が消えていると

興奮していっていた
 

尊い彼の体験だ

これらもドルガのお陰だ


2005.10.16.

| 2005年 | 22:23 | TOP↑

≫ EDIT

巾を持て

人は ローソクの火のように 

いつも 燃えてあるものである

命が 躍動しているものである 


にもかかわらず 人の命は

燃えていない 

金である自己を 忘れているからである


金を思い出すと 人の命は燃えてくる 

そして 光と熱をはなち 

あたりを明るく照らす 


金を忘れた人は あたりに害を

及ぼしているのに気付かずに 

価値あるものを 探し歩く


求道もそれである 

火の消えた者が 良きものをみつけ

られるはずがない 

書物をよみ 聖者の言葉を研究し

神よ神よと おがみつづける


火(金)を持たない者が つかんでくる物は 

ろくでもない物しかつかめず

それを知恵という頭の袋に つめこんで

一時のよろこび なぐさみを得ている 


それは金である自己を 忘れた盲人の

する事である


自らが神(金)となれ 

金の波動 粒で出来上っている自己に

気付いた者は 光りをはなち

あたりを明るく 楽しいものとする


しかし はじめは その火の炎は小さい 

それが もっと金を認識すると 

火のまわりに 火の巾がひろがってくる


巾を持て!! 人よ 

巾は 光りの巾だ

命の輝ける巾だ 

欲ではこの巾は つかめない

自己のものと出来ない


無欲になること 素朴になること

「無価値なるもの 軽やかなるもの よろこばしきもの」が

そこから出てくる


それに帰ると 光の巾(金) 命の巾が出てくる

踊りと 舞をもった金の人となる

欲は 金の巾と踊る人を 

迷いと ぶつかりの人にしてしまう


巾を持て 金の巾を持て

無価値なるもの 軽やかなるもの よろこばしきもの  

光る人となれ


迷いは 価値あるものを探し求める


命は光る 広き 光る巾をもて!!!

人よ!!!


2005.10.16.

| 2005年 | 09:50 | TOP↑

≫ EDIT

人から黄金の波動に帰れ

金とは 無価値なるもの 

軽やかなるもの

よろこばしきものの事である


そのものは踊る 人から離れて


人が人になると 価値の世界に

転落する

悩み 取り合い 損得が生まれ

感情が生まれ

救われようとして思考 哲学 或いは

宗教が生まれる


人は無価値と 軽やかなるものを意識すると

価値あるものを 探し求める自己が消える

軽やかなる自己を思うと 求めをもっている重さ

から自由を得る


軽やかなるものは 遊戯する羽毛の世界である

踊りの世界 舞の世界である


2005.10.15.

| 2005年 | 21:50 | TOP↑

≫ EDIT

朝やけの女神

朝やけ 黄金の朝やけ

黄金で出来ているウシャス女神


黄金で出来ているななめの線

創造は そこからおきる 

詩的黄金なくして ななめも 光も 創造もない


角度も おどりも 舞も その黄金の

ななめからおきる

オチャメは 黄金のほほえみ


ソーマ酒とは 黄金の水のことかも

しれない

黄金は巾をつくり その黄金の波動の巾は

黄金の心をつくる

黄金の波動は すべての物の創造の

材料となる


その舞が 法の調べとなる時

人の世は よろこびにみちる


2005.10.10.

| 2005年 | 23:27 | TOP↑

≫ EDIT

金の舞

昨日 お祈りの時 炎の巾で歌っていた時

その巾が 金だと分った

それで今夕 その金を意識して 歌っていたら

歌声に金の声がたくさん はっきりと

出て来た事に気付いた


この金声に関しては 古くは姫金神当時から

金の鈴の音が お祈りの時に盛んに出ていた

それが最近は その音と質がちがう金の音色が

歌う声に まじって来ていた


しかし 大きい音色となって来ていなかった

それが今夕は はっきりすごく大きい音色で

歌声から 出て来だしたのであった

炎の巾を 意識して歌ってから


今までおどりとか舞は 人間のおどるとか

舞を そんなものを 思っていたが

そんなおどりと舞でなく

金そのものが 舞うのであった


これを見つけた人は かつていなかったと思う

それでくわしく 書いておきたい

もし私が 書いておかなかったら

この事は永遠に この地上に出現して

こない事だろう


金といえば 人は鉱物としての金

しか知らない

液体の金 

気体の金

波動の金

そんな金がある事が 分って来たのである


それと この世にあるすべての物は

この金で出来上っているのを 人は

知った事がない

すべてが金である事が 見えないし

感じとれないのである


それ程今の人間の 知識と意識感覚が

地におちてしまっているのである

そんな頭脳で何を考えても ろくな事はない

そんな立派な神経を 失っている

人間なのだから


ろくでもない事を 考えに考えて

ろくでもない社会を

けんめいに 力いっぱいつくっているのである


しかしこんな事を 何回くりかえしても

ろくなものは 出来ない

宗教にしろ 科学にしろ 哲学にしろ

芸術にしろ

ここで目をさめねばならない


もう一度1からやりなおしである

人間の文明の歴史づくりを


2005.10.09.

| 2005年 | 14:41 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT