FC2ブログ

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自らの調べ

不動なるものは 踊りそのものである

無価値は 自らなるもの

それは 燃えてあるもの

踊りそのものであり 

自信そのものである


広大なる永遠と 瞬間を一手に

持つものである

自らであり 他がない故に

そこには「価値」は存在しない


自らなる者は 

自ら燃え

光を放ち 自ら香り

その香りを 放っている


太陽が 光を放ち

ゆっくり動いているように

自らは 香りを放ち ゆっくり動いてゆく


それが舞であり 踊りである

それが詩であり 神話である


金の竪琴をかなでる者

その調べは その者の法である


自らが 金の法を持つものよ

他のない調べは 

永遠につづく


2005.11.28.
スポンサーサイト



| 2005年 | 21:21 | TOP↑

≫ EDIT

おどりとは何か

おどりとは何か

それは金の音と 色と 香りで

出来上っているものである


宇宙もそれだ 人間もそれだ


無価値と 軽やかさと 喜ばしきものとの

組み合わせが 

その金の音と 色と 香りになるのだ


詩も神話も 踊りそのものだ

宇宙は踊っている

宇宙は歌っている


宇宙は 喜びに満ちあふれ

涙を流している


それが大洋をつくった

それが 花々 草々 樹々となった


詩と神話の大合唱だ

手に手をとって それらはある


夕べのお祈りの際 又ご神殿が

ローズの香りで いっぱいになった


2005.11.27.

| 2005年 | 21:18 | TOP↑

≫ EDIT

ラーマクリシュナの写真に 色彩が見えてきた

お祈りの時 ラーマクリシュナの白黒の

写真の前に 坐って祈るのであるが

その白黒の写真で 肩にかけている

チャダルも

腰にまいているドティも

白黒でなく

オレンジ色(柿色)に見えてきた


白黒なのに 柿色に見えるなんて

まるでカラーつきの写真を見て

いるように


即ちこれは ラーマクリシュナの神格が

見えてきたのであった

真なるその人の 中味がこうして見える

ようになったのである


顔だけは 白く見えるが

その他は 生きている者として

体の色まで 血のかよっているように

色づいてみえる

こんなことまで起きるとは

香りのおかげだ


2005.11.25.

| 2005年 | 20:04 | TOP↑

≫ EDIT

感謝祭の日に

香りの巾を意識すると おどれてくる

香りの巾は おどりとなる


この頃 9時前後は きれいなオリオン座が

顔を出してくれている

おーいと語りかけると

返事をしているような気がする


好きな星座だ オリオンは


さて感謝祭の日

「無価値」の竪琴が その琴線によって

数個の宝を 奏でるその様を

見せて頂きました

その調べを 見聞しました


八方が朝焼けで きれいでした

女神の香り

涙が流れてきます 今も眼に

涙が

香りが私を泣かせます


2005.11.24.

| 2005年 | 20:01 | TOP↑

≫ EDIT

金の香りで立つ者

二元がなければ 一元もない

一元と二元を論じるのは 二元だからである

そこにあるのは 金の詩の香りだけである


一元も二元も無いから 軽やかなるものである

軽やかなるものには 人とか 物とか 相対とか

対話もない


軽やかなるものは 自由な風のような

とらえる物のないものである

だからとらえる価値というものが 無いのである


自己を見てみよ

金の波動で 光を放っている

昼も 夜も 朝も

金の波動で物が出来 光まばゆい


金の香りでつっ立つ自己となれ

それ以外に 意識を走らせるな

考える事がやまって 光って来る


宇宙は 金の香りの大合唱である

よろこばしきもの 汝

つっ立つ者よ


一者こそ我が相(すがた)


2005.11.22.

| 2005年 | 20:59 | TOP↑

≫ EDIT

金の香りが歩く

黄金の色と 音と 香りで出来上っている

自分を見つめる

それは 光って来る


光るもの 響くもの 香るもの

時には腰をおろして

あたり一面を 眺めるもの


自己の持つそよ風が

そのものの中を 通り抜けよう


無数の星々を 輝いた着物を

無造作にひっかけて

その美しさに 酔いしれるもの

宇宙


花々の香り咲き乱れる昼間

夕焼けと 朝焼けの大合唱の一時

永遠なる時が流れる


時の支配者ブラフマン

時の支配者 ブラフマンがゆく

香りをまき散らしながら

黄金の香りを まき散らしながら

香の巾はおどりとなる


2005.11.22.

| 2005年 | 12:49 | TOP↑

≫ EDIT

ピクニックに行った

今日は久しぶりに 皆でピクニックに

行った

そして花が 何で出来上っているのかが

分った

詩と神話が 何で出来上っているのかが

分った


三つの要素の現われ

――黄金の音と 色と 香りによって

出来上がっているのである


人間というのは 無いのである

即ち今の人間は 汚れ切った

肉体と知で出来上っている異質な

物である

だから 人間ではないのだ


もし人間があるとするなら

黄金の音と 色と 香りで出来上った

ものが それである

即ち詩と 神話のかたまりである


2005.11.20.

| 2005年 | 09:56 | TOP↑

≫ EDIT

女神のつっ立ちの香り

だんだん宇宙と自己存在が はっきりしてきた

それによって 自分が何をすべきかが

まとまって来た


今まで宇宙研究ばかりしていたので

自分はこの宇宙にいて 何をなすべきかが

分っていなかった

というのは 研究段階のみを過ごして

いた事になる

しかし今は 研究でなしに

何をなすべきかが 分って来たのである


最終的に 夕焼けの女神がみつかった事が

その要になる

宇宙全体がそうした女神の 一人つっ立って

いる姿であり

それが神話そのものであり

詩そのものであるという

舞台と その舞台の上に在る自己が

何を集中的に 意思しなければならないかが

……はっきりして来たのである


無価値と 軽やかと よろこばしきものという

三つの宇宙要素を知っただけでは

舞台の上の役者は

では舞台の上で どういう事をすれば良いのかが

はっきりまとまって来なかった


それが 宇宙の要素が分っただけでなく

宇宙の全景が 無価値の香りとして

現れたものであるという事が 分った事によって

その詩の中へ 入りこめば良いのだという

幻想世界の方向性が はっきりして

来たことにある


これで大自然を 我がものとする事が

出来るようになったのである

その一本道に 突っ込んで入ってゆけば

良いだけの事である


金の音 金の色 金の香りをもって

宇宙につっ立った女神のように

つっ立てば良いだけの事である


だんだん人生が まとめ上げられて来て

有難い事だ

こんな事は 有り得ない事だ


金の香りは 宇宙の舞台をつくる

その舞台の上で

女神のように 香りとなって

つっ立つのだ

詩とはそれだ

つっ立つ事だ


他のない所が 詩の領域である

神の領域である


宇宙の根底に 魔法があると

ドイツのギョレスが言った


魔法とは 時間も面積もない

所のものだ

しかもそれは 香りそのものだ


2005.11.19.

| 2005年 | 09:50 | TOP↑

≫ EDIT

香りはすべてを まとめる

黄金の音波 色彩 香り

この最後の香りが出現してきたので

すべてがまとまってしまった


香りは 音楽であり 夢であり

現実の物質である

これを知るのが 感覚的悟性なのだ


宇宙は香りそのもの 詩そのもの 

神話そのもの

太古の人々の言語は この

香りであった


香りで意思が伝わっていたの

である

彼らの歴史は 香りの歴史である


何も言わなくても 何も考えなくても

香りをもって

宇宙につっ立とう

夕焼けの女神のように 


2005.11.18.

| 2005年 | 13:14 | TOP↑

≫ EDIT

無価値とは

無価値とは

一人つっ立ってある者

金声と金色をもって


その雄姿が 宇宙となる

宇宙とは その雄姿の香りである


2005.11.17.

| 2005年 | 20:55 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT