FC2ブログ

2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

香りが飛ぶ そのよろこびが

香りで飛ぶことを 考えてみよう

よろこばしき者となる 軽やかなる者

このよろこびは 生命を越えている


そしてさらに その余裕をもって

今度は 天の手伝いをする

泣けてくる 詩そのものとなって


ドルガを思うと泣けてくる様に

涙が出てくる

透明にふれたよろこびだろう

天の手伝い 親と子の関係

幻想の中で 実を結ぶよろこび


人の悪を見ない為に

歴史感が大分 役立ってくれている

歴史の中で 出来上った間違った理性が

人のDNAに その間違った理性を

植えつけてしまっている


それ故に人のもつ悪は 

その者の悪でなく

社会がそのものを 作り上げたのである

人は皆 黄金の巾をもった 

香りそのものである


涙が それを知ったよろこびからも

出てくるのであろう


2006.04.25.
スポンサーサイト



| 2006年 | 21:11 | TOP↑

≫ EDIT

歴史観

人の悪は 人が悪いのではない

それはその人を そうさせた歴史が

悪いのである


間違った教え 間違った知識

間違った道徳

自然から湧き上った心でなく

そうした間違ったものが

その者に悪として へばりついて

いるのである


人間は皆 善である

悪いのは歴史感である


2006.04.16.

| 2006年 | 21:04 | TOP↑

≫ EDIT

実現すべき九つ

『素朴な人は求道も考えない 苦も持たない

ありのままに 自然と共に無欲で生きている』


人間と社会の為に 最も大切な九つの事

これは今までの歴史の闇を破つような 

画期的なものです


これは三種類から出来ていて

その一つ一つに各々 又三つあり 計九つの

知っておかねばならぬ事 

実現せねばならぬ事があります



無価値

軽やかなるもの

よろこばしきもの


物や時間は先ず 相対と欲をもっていない

そしてこの三つの本性によって出来ている

価値観は人間(欲人間)だけが

持っている言語観念である


人間は人間にとって 

価値あるものばかりを求めている

求道も学問も皆 そのたぐいである


物を貯め 物を持つのも

人間苦から守るという欲から出ている


欲は自分にとって 価値あるものを求める


元々自分があると意識が 

間違っているのである

それは言語をつくって 

相対人間になったからである



遊戯性(オチャメ)

幻想

ヘルプ



素朴な人は オチャメを持っている

知的な人は それを失い 

現実の世界の中で生き

しかも悩んでいる


この3つを持つと 根源に入ることが出来る


オチャメをなくすと 

人はあれこれ知的に考え始め
 
そこから思考がおきて止まない
 
それが悩みであり求道となる



黄金の音声波動

黄金の色彩波動

黄金の香り波動



これは根源の世界のものであり

ブラフマンは

この三つによって出来ている

いわゆる宇宙意志

かつてこれを見つけた人は 一人もいない 

仏陀とて


ここまでくる為に 先ず言語をやっつけ

相対観念をやっつけ

物や時間(幻想の持主たち)の仲間入りを

する必要がある


2006.04.11.

| 2006年 | 22:09 | TOP↑

| PAGE-SELECT |