2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

聖らかなるものの誕生 創造は

香りは静かなものだ 

本当の香りがないと

余裕が出てこない

時空のひろがり 高貴なるもの


香り 舞 余裕 静かさ 高貴

その中で 創造が行われる


なめらかなるもの おだやかなるもの

黄金の香り

時空の外なるもの

そこで 創造が行われる


創造は 誕生は 聖らかなるもの

一滴の聖らかなるものが ポトンと落ちる

その音が世界中に 響き渡っている


それは聖らかな舞である

一滴の聖らかなるもの

命の誕生はつづく


黄金の香りの中から


静かさが その舞台

けがれなさ なめらかさ

やさしさ


麦の穂のゆれの中から

その波動の中から クリシュナ神が 

現れて近づいて来た


2006.05.26.
スポンサーサイト

| 2006年 | 12:47 | TOP↑

≫ EDIT

黄金の波動に帰れ

人はこの世に 生をもって存在して

いるが

これまでの歴史の落とし子であり

常に「成ろう」とする

自己を 自己たらしめる為に

成ろうとする


すると永遠にその道は その段階は

つづく


成ろうとするのでなく 

元に帰れば良いだけの事である


太古の人々にとっては 道はなかった

三宝そのものであった

黄金の音と 色彩と 香りの波動その

ものであった


それが黄金の波動に 

あらわれているのである


味と香り高き人に

波動の人間に帰るべきである


2006.05.09.

| 2006年 | 21:50 | TOP↑

≫ EDIT

波動人間こそ本当の人間

波動人間と 言語人間の違いが分った


波動人間は 波動の中で生きる人間で

言語人間は言語でつくった 固まったようなもの

即ち 合理の知識のようなものを

追っかける人間である


だから 幻想の世界に生きるのでなく

固まったものを 追っかける人間である


そして波動を研究しても 

幻想波動でなく

かたまった合理波動を 扱うのである 


それは芸術的でない世界をうろつく

人間である

そして何とか自己を 仕立てあげようとする

欲の苦しみを

続ける人間である


そこには進行形があり 

永遠にその求道と迷いの形が

消えない

今日までの人間の 築いて来た歴史は

そういう文明の歴史であった


2006.05.06.

| 2006年 | 13:16 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙大の半導体的空間

のみ込まれる事は 安らぎである

無力状態である

自己の無い状態である

踊りの状態である


のみ込まれるは 

オチャメの状態である


オチャメとは オチャメになる事ばかりではない

オチャメは 軽やかな事である

羽毛のような事である


吸い込まれるもの そこにオチャメが出てくる

宇宙空間の空間(穴)の中へ

吸い込まれてゆけ


生命がおき 生命を越えたものが

つくられてくる


吸いこまれないで オチャメ踊りをしても

ダメである

それは ただのオチャメだ


本当のオチャメは 吸いこまれねば

オチャメにならない

思考は そこにはない

ただ両手をあげて 踊りあるのみ

そこに三宝が輝く


2006.05.04.

| 2006年 | 21:15 | TOP↑

| PAGE-SELECT |