2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

発芽

自己に甘え 

春風と香気の 二つを持って

遊戯する

太陽の笑いの顔 そこに春風がある

発芽が始まる


生命の誕生だ

香気がみなぎる

黄金の香りの波動に 満たされる


自己自らに定着すると

相対が消える

言語が消える


ブラフマンは一者そのもので 

他者がない

自己自らを呼吸する

遊戯である


その春風を味わい

甘えて

生命の舟に 帆を張れ

大洋に舟を進めよ

自己に甘えることは

自己自らとなる事である


2007.02.23.
スポンサーサイト

| 2007年 | 13:05 | TOP↑

≫ EDIT

自分の使命の再認識

最近不思議な事に 出くわしている

私が40才頃に読んだ

リグ・ヴェーダの詩集の中に

ウシャス女神の詩があり

その素晴らしさに 魂の目を

開らかされた事がある


それと それ以外に

「光が斜めに走った そこから

宇宙が創造された」 という

宇宙創造の詩があり

それ以来 その頁を開けて

何回となく読んだ事がある


ところが最近 その頁にそんな事が

何も無い事に気付いた

文章が形そのまま消え失せて

いるのである それで……


これは私に特別に 天が教えてくれ

たものだ……と気が付いた

何回もなつかしくて その頁を

開けて 読んでいるのに


それと もう一つ

そのリグ・ヴェーダの詩についてである

その詩集の出来た由来についてである


アメリカで手に入れた英文の本

ドイツ人とフランス人によって出版された

『リグ・ヴェーダ』という写真集がある


その序文 「聖賢が言語をつくった」 

において

「初めに人は その言語によって自分の

思いを他人に伝えられるので 大変喜んだ

ところが 僅かな年月の内に人は苦を持ち

始めた

そこで聖賢が考えた末 言語によって被害があった

未来の人々は その被害を受ける

それで 言語を作る以前の人間は

どんなに平和で穏やかで……

宇宙的 詩的な人生をおくっていたかを

知らせる為に 

まだ汚れ切っていない内に

詩を集めて 昔の人の心の有り様を

知らせておこう

という事で 多くの人から詩を集めて

編集しておこうという事で 出来た

のが リグ・ヴェーダである

いわゆるこれは 未来の人々への

警告書である」


と書いてあるのを 目を通して読んだ

事がある

その事から私は なぜ人が苦を持つ

ようになったのかを見とどけた

それが人が 相対の世界に落ち込んだ

という大事な事を

私なりにさぐり得たのである


そしてそれが 今の人間の助かる為の

キーポイントになるものだとして

今日まで 求道を進める要と

して来たのである


ところが半年程前に それらを読み直して

みたら

そんな文章は 消え去っていた

不思議に思い 何回も読み直したが

見当たらない

ただ警告書というだけを 見つける

事が出来た


ところが昨今 その文字すら見つからない

これも天が私に 天地を開けと

ばかり白羽の矢を 立ててくれたもので

あったのだ……と自分の役目の重大さ

を改めて認識している


2007.02.20.

| 2007年 | 22:14 | TOP↑

≫ EDIT

甘えと遊戯の世界

自己に甘えること

他に甘えるのでなく

自己に甘える


すると 知的緊張がゆるむ

そこへもう一発 遊戯を打ち込む

すると一時でも 知力は後退して

遊戯が自己の内から おきて来る


ニコニコ顔と 冗談がおきてくる

ここまで来れば しめたものだ

知の世界から 行為の世界

形相の世界へと 自己を運べる


悟ろうとする事も 悪魔力から

逃げる葛藤にすぎない

悟性は神話をおいやるとは

その事である


甘えと遊戯の道順を つたう事を

忘れてはならない

これをしていると

春風が内から 湧いてくる

そして魂の発芽がおきてくる

本当の躍動の世界だ


2007.02.18.

| 2007年 | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

甘えと遊戯

自己に甘えると 知的な心がゆるむ

ところが 甘えると知っても

それも 知識の力である


例えば 合理だけではダメで

非合理の世界を持てば良い

と知っても それも知ったという

知識の力の中から抜けられて

いない


いくら神話が必要だと知っても

これも 知ったという悪魔の力の中にいる

そのように いくら知識の網から

のがれても

知ったという力から 抜けられていない

のである


甘えるという事は 知識の世界でなく

行為の世界であるので

やや知ったという力から 抜けられている


そこでもう一つ 知識でなく行為 即ち

形相の手助けが必要である

……という事は 知識文明の持つ力を

形相文明の光によって 世を明るく

するのである


そこで甘えに 遊戯を加えるのだ

すると人は 魔笛な力から

抜けられてくる

甘えはついに 遊戯をさそい 

平和実現となる


2007.02.18.

| 2007年 | 15:32 | TOP↑

≫ EDIT

こんなうれしい事はない

今朝 顔を洗いにいって 鏡にうつる

自分の顔をみて 驚いた 

そこにあるのは 太陽の顔だった


いつもは その顔になろうとして

意識して 目を小さく細くして

その顔をつくるのであるが

今日はそうしなくて

その顔そのものに なっているのを見た


それは力をぬく事と 甘えと 遊戯の

結果から

もう出来上がってしまったのだ――と分かった


こんなうれしい事はない

実現がみのりとなって来たのだ


2007.02.17.

| 2007年 | 20:29 | TOP↑

≫ EDIT

自己に甘える道

人はいつも 力をもっている

自己を守ろうとする力

自己を押し出そうとする力

その他 自己の知力という力


その力が 人をよろこばせたり

悲しませたり 

様々な事をして いつもおだやか 

と言う事はない


いつも緊張の連続である

私は最近……

自己の顔を 太陽の笑いの形相として

大分救われて来ている


しかし まだ十分ではない

そして太陽の笑いの形相から

もたらされた春風と 発芽と

春風に甘える舟出の帆を

思い出した


そこで すくい出したのが

甘えるという事であった

それで甘えが発芽を助ける

と言う事を考えていた


そして甘えについて 考えている間に

人はいつも 力の中にいるので

発芽そのものをおくらせている

という事に気がついた


それで大事な事は自己に

甘えるという そういう

とても良い方法を見つけた


自己に甘えると 心の緊張が

ゆるむ

そこが 大切なところである


ゆるめば 幸せの入り込む

すきが出来る

緊張で幸せをふさいで

入れないようにしていたのである


人は時々 幸せを得るが

いつも幸せという事はない

それは 心がゆるんでいない

からである

力によって 本当の自己が

支配されているのである


それで その力をぬく為に

役立つのが 自己に甘えるという

事だと

とても良い事を見つけた


2007.02.16.

| 2007年 | 20:27 | TOP↑

≫ EDIT

瞬間をねらう者こそ宇宙を知る

瞬間をもって

時間の流れを切る

また その瞬間を

それより速い瞬間で 

それを割る


そして 時間の向こうにある

宇宙の秘密をのぞき見る


私ばかりでなく 

その技は 太陽も持っている

太陽は その瞬間を割る

技によって

太陽の舟を 進ませている


太陽の笑いの形相の中に

その技を入れよ

その者こそ 宇宙を知る


2007.02.05.

| 2007年 | 09:22 | TOP↑

| PAGE-SELECT |