2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

甘えから遊戯へ

自己に甘える事は

他者に関係がないから

一元の近くの行為である


その間近に 宇宙の素材である

三宝がある

その香りが その者を包む


自己を香りのそばに 行かすには

自己に甘える行為しかない


知では 三宝に近づく事は出来ない

いくら自己の本質は 三宝であると

知っていても

宇宙創造の素材が 三宝であると

知っていても

それに近づく事も 成る事も出来ない


なぜなら人間は いつも緊張している

からである

本当の自分に帰ろうとするのも 一つの

緊張である


だから その緊張をゆるめ 取り除かねば

何一つ本道が 自己の内から

現われて来ないのである


その緊張を 取り除く方法は

自己に甘えるという事である

この妙薬を忘れるな


2007.03.07.   
スポンサーサイト

| 2007年 | 22:31 | TOP↑

≫ EDIT

自己自ら

自己は 自己自らである

その自己が 自己自ら遊戯する

そこからずれるな


ずれると 地上に転落する

即ち 他との関わりの中に入り込む

自己が自己自らであるところに

春風が吹くのである


他のない世界が 自らの世界だ

春風は 自らの中からやって来る

他に気がとられると 春風は消える


自らは 自らしかないのである

そこに春風がつくられる


春風は生命の発芽である

発芽は創造そのものである

春風は香気である

香気は 宇宙創造の素材である

ブラフマンは創造者ではない


2007.03.07.

| 2007年 | 21:12 | TOP↑

≫ EDIT

甘えから春風へ

根源ブラフマンは その宇宙存在及び

宇宙創造には 何ら直接に関係がない

ブラフマンは ただ自己自らを

呼吸しているだけである


その呼吸に 折り返し運動の遊戯がある

その遊戯から黄金の音波と

黄金の色彩波と そして

黄金の香り波がうまれた


それが創造の素材となった


人間にとって その三宝が春風である

春風は 発芽を意味する

発芽は お祭りである


しかし呼吸の元に 甘えを入れねば

それが起きない

その遊戯も 発芽も


2007.03.07.

| 2007年 | 19:18 | TOP↑

≫ EDIT

メキシコのカンクーンに行く

メキシコのカンクーンに 初めて行った

人々は素朴でとてもよかった

小鳥の鳴き声も とてもおだやかだった


ところが帰りに アメリカのアトランタ

空港に降りて

キング牧師の所に行った

地下に町があると言っていたが

地上は淋しい 人通りの少ない町

だった


そしてキリスト教が 一杯に根を

はっていた

牧師が一番立派な人かのように

その職に就く事が 望まれているかの

ようだった


こんな所には 他の精神文化が入り

込むすき間がないと思った

宗教というもののおそろしさを知った


こんなアメリカを どう動かせるのかと

少々とまどいを感じた

その点 宗教にも自由なカリフォルニヤは

いいなと思った


実に明るい天地だ

ヨーロッパより アジアその他より


2007.03.06.

| 2007年 | 13:08 | TOP↑

| PAGE-SELECT |