FC2ブログ

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

光の大鳥が飛ぶ

光が斜めに走った
そこから宇宙が創造された
光が斜めに走った
光が斜めに走らなければ 創造は起きない

光は創造するもので 光は斜めに走るものである
光が創造の元なるもので 斜めに走るものである
光になって斜めに飛ぶと 宇宙創造を起こせる
光で飛ぶと創造が起きる

光で飛ぶ訓練をすること 金のトビとなること
光の翼は飛ぶ 光の大鳥よ飛べ 光の大鳥よ飛べ

感謝は光の大鳥の飛翔である
感謝は創造の大鳥である
感謝には限度がない

大鳥は無限の感謝である
大鳥になれ 創造が起きる
感謝は創造の大鳥
大鳥となれ 光の大鳥となれ
大鳥よ 飛べ

感謝の大鳥が飛ぶ
飛べ 翼となって

小箱を開けよ オープンザボックス

2008.08.31.
スポンサーサイト



| 2008年 | 17:18 | TOP↑

≫ EDIT

太陽の魔法

朝焼けも 夕焼けも

あれは魔法の顔だ


黄金の音と

黄金の色彩と

黄金の香りの波動によって

出来ている


2008.08.28.

| 2008年 | 17:10 | TOP↑

≫ EDIT

静かに燃えるもの 宇宙

自分自身を呼吸するものは 再び出会うが故に
その出会いの懐かしさの興奮が起きる
その時の興奮は物理的なものでなく 
そこに神的なものが起きる

呼吸の時の出会いが 神的な心を創り
生命に神的な心を宿らせるのである
それ故 人間の心というものは
神的なものであるという事を忘れてはならない

人間の意志にしろ 宇宙意志にしろ それはそれの生命であり
神的な出会いの「命」が そこにあるのである

その出会いは 常にお祭における興奮であり 
黄金がまき散らされる
眉間から出る魔法の 限度はない
距離の生命創造の力は黄金のお祭である

三人姉妹が 全ての催の初めに欠かす事が出来ないのは
静かな興奮がその時 その場所で創造され
それが 宇宙の力強い未来力となっているからである

人は力のかたまりである 炎である
限りなき言語を絶する言語がそこに歌われている
宇宙の調べは それである
燃える人 静かに燃える人
お祭り太鼓を高々と打ち鳴らせ!

2008.08.26.

| 2008年 | 20:12 | TOP↑

≫ EDIT

魔法の距離

朝のお祈りの時 歌い始めた頃 魔法の王者の席に着いたら
不思議にも自分の額に赤い7mmぐらいの円の印が付いている
その自分の顔を見た
img046.jpg

非合理は斜めの性格がある
だから魔法の距離は非合理なる由に 創造を司る

長い距離は 魔法にすると非合理な距離となり
現実のそれと 違う性質のものとなり
その距離が 創造力を持つ斜めの距離となった

これで生命の創造も 可能となるのだ
単なる物理的な距離では力は造れるが 生命は造れない
それを魔法とひっつけると 距離は無限の創造力 創造者 
王者と化する事が出来る

私はそれを発見したので 額に赤丸のパワーの出る「印」を
もらったのである
 img045.jpg
力 歌 意識などを 眉間から出すのである

2008.08.12.

| 2008年 | 17:15 | TOP↑

≫ EDIT

太陽への懺悔

見事な夕焼けの太陽
今夕も又 出て来ておくれ
お詫びを申し上げたい

太陽よ
真っ赤に燃える太陽の物凄さよ

そんな偉大な太陽に
私の如き小者 バカでも手伝を
させて頂けるというのは
一体どうなっている事なのか

近づいても良いのだろうかと
おそれるのだ

空を紅に染める手伝いをさせてもらうだけの
値打ちのない自分を
感じた
あの自然の太陽に

2008.08.09.

| 2008年 | 16:51 | TOP↑

≫ EDIT

距離が飛ぶのである 一元の調べ

鳥は翼によって 距離の中を飛ぶのでなく
距離そのものが飛ぶのである
ここに一元がある

距離の中を飛ぶのであれば
二元であって
この幻想は 力を生まず
ただの幻想に終ってしまう

宇宙的なものは 何一つなく
無気力な幻想で終ってしまう

それを距離そのものが 自分となって
すなわち大鳥となって
飛ぶのである
距離と飛ぶ者の二つはないのである

そこに一元がある
生きたものが そこにあり
大生命そのものが
すでに そこにあるのである
この幻想こそ本物である

これを芸術といい 芸術作品という
芸術作品は造るのでなく
一つになった時
そこに芸術があるのだ

2008.08.08.

| 2008年 | 22:54 | TOP↑

≫ EDIT

距離と膨張は救世主

距離と膨張が人の生命
距離をもたないから自己も社会も 迷いと苦を持つのである
宗教も哲学も科学も皆 中途半端で未完成なのである
言葉は無用だ

距離と膨張は救世主である
創造の中に エジプト文明と
インドのリグ・ヴェーダにある斜めを生かせ
これによって 現実の創造と膨張が幻想化してくる
合理的では生命は 生命とならない

斜めの線を創りながら 宇宙を飛び拡げる
すると その興奮が芸術化するのだ

芸術とは何か 即ち幻想である
幻想でない芸術は あり得ないのである
写実的な絵は芸術作品ではないのだ

翼をはばたかせて 宇宙を飛ぶのだ
エジプトのイシス女神の登場だ
夫の生命を甦らせた女神の登場だ
芸術はかくして芸術となる
生命はかくして生命となる

斜めの線を描く翼の上下運動――それが創造の秘訣であった
最後に隠されていた秘訣はこれ
エジプトにあるものだった

2008.08.06.

| 2008年 | 21:47 | TOP↑

| PAGE-SELECT |