FC2ブログ

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宇宙の始めに形があった

始めに形ありき

それは 三宝を生んだ

その三宝が 物質宇宙の元素となった


宇宙創造が始まった 

時間が生れ 物質が生れ 

宇宙は広大に広がり始めた


始めに形ありき

それは自らの 折り返し運動であった

そこには自らなるが故に 時間はなかった


その自らなる運動から エネルギーの元なる

元素が生れた

それが三宝(黄金の音の波動 黄金の色彩の波動

黄金の香りの波動)と電磁波を生んだ


夜明けが来た

存在生命を持つ物たちが

生れた

力という魔力の世界展開である


宇宙の根底に 魔法があるという事は

本当である

ひょっとすると 形が魔法の根底かも

知れない


ギョレスは 魔法を見つけた最初の人である

どんな賢者や聖者よりも

偉大な発見者である


2009.01.26.
スポンサーサイト

| 2009年 | 10:49 | TOP↑

≫ EDIT

不動の吼声

「自ら」なる王座に 凛然と座れ

動くな 王冠を頂ける者よ


「吼声」は戦の為のものではない

不動の「吼声」である

不動こそ 魔法の本体


宇宙はそれによって動き

存在し続けているのだ


歌も踊りもあるものか 

そんなものは 古い歴史の産物だ

時間と感情の産物だ


動かない事が「吼声」だ

しかと 「吼声」をあげよ

栄光に輝く者


三宝に輝く幻想の出現者よ

シャトルの老人の 止まった顔を思い出せ


止まること 輝きはそこから来る

三宝なる姫君が来る


2009.01.23.

| 2009年 | 17:10 | TOP↑

≫ EDIT

吼声なる合唱の栄光

世界現実(無時間なる世界現実)の中に

生きる者の栄光

世界現実の中での 手伝いという芸術現実の中に

生きる者の栄光


その王座に座する者の栄光の吼声

これこそ合唱である


誇り高き者よ 身に香油の衣を

まとえる者よ

歌え 神の子達を助けよ!


時間の中に生きる迷える者を

時間なき手助けのみの世界現実の

世界おける 平和の実現に向って

闘う勇者たち


戦闘の吼声を上げよ

栄光と義務を一つにした者よ

これこそ 魂の大芸術である

人類世界の夜明けの歌を歌え

吼声を上げて!


芸術家こそは 宇宙根源の神の世界の

真近かに住う者である

真なる世界現実の栄光と義務に生きる者達よ

歌え合唱の歌を 世界平和の為の歌を

力強く吼声を上げて


2009.01.13.

| 2009年 | 21:53 | TOP↑

≫ EDIT

合唱とは

魂の自由の歌

天への手伝い

地――神の子たちへの手伝い


これを教える吼声 自由への進軍

そこにこそ 魂の自由がある


この寄与(平和への進軍開始)と

それによって得られる栄光

それが魂の自由である


この寄与と受納の 二者が一つになる

この瞬間こそが 芸術である

その芸術実現 神話実現への

祝いの歌

それが合唱である


天と地上に 平和の楽園をつくるのだ

その吼声こそが 合唱である


魂の自由を得た日

魂の自由を得させる瞬間

それを歌い上げよ


詩と芸術の行きつく所

そこに魂の自由がある

それをたたえて 祝い踊る


芸術家――神話の人こそ

神の根源の間近に住う人々である


2009.01.12.

| 2009年 | 10:18 | TOP↑

≫ EDIT

合唱

合唱は夜明けの歌

魂の自由への夜明けの歌


出陣の歌 栄光の歌

カリスの歌 カリスの手にする

黄金の弓

そは「吼声」 手伝いの歌

魂の自由はここにある


主観と客観の二者が 一つに

なった歌

栄光の瞬間の歌


眉間の赤い印 それから力を

ふるい出す歌

王冠の歌

黄金の香油の衣をまとえる歌


芸術作品が 元々の芸術作品となる歌

これぞ最高の芸術

芸術即ち 詩と神話の世界を通らねば

絶対自己自らが 

自己自らになれない祝いの歌

最も祝福された者 芸術家の歌


芸術家こそ 最も神の近くに住う者

歌と踊り 手を打って祝福する瞬間の歌


天地が開け 天にも地にも 平和が来る歌

その吼声こそ合唱である


2009.01.11.

| 2009年 | 08:23 | TOP↑

≫ EDIT

二つの義務

天の親への手伝い 神の子への手伝い

この二つの義務のある事

その栄誉を持つ者の誇り その栄光

そこに 王冠の吼声があり

力をふるえるその事自体が

魂の自由そのものである


宇宙の為に働く喜び

先兵としての誇り

そこに 魂の自由がある

自由の意味は そこにあるのである


勝手きままな事が出来るというのを 自由と

思っているのは大間違いである

魂の自由というのは そんなものではない


夜明け 魂の夜明け 出陣の夜明け

出陣の歌は 吼声である

歌え 夜明けの歌を

魂の夜明けの歌を

自由へのよろこびの歌を


力強き王者の吼声

王者は行く

手伝いに向かって


ギリシャ文明に出てくる

カリスの三姉妹の歌と踊り

いかなる宴も この三姉妹の歌と踊りなしでは

本物とならないのである


そのカリスがアポロの横にあって

黄金の弓を持って 座っている者カリス


吼声は 歌と踊りとなり

更に合唱となった

合唱は 魂の自由と出陣の歌


芸術そのもの 詩人そのもの

神話そのもの

いざ 存在するすべてのものへの

手伝いの歌 栄光に輝く吼声の

歌を歌え

合唱隊よ


合唱隊の出来上った意味は ここにある

心からの授与と こころからの受納とが

一つである世界展開

ここにこそ 芸術の花 神話生活が花開く


主観と客観との二者が 一つになり

より高い存在の 高々しい光輝のうずへと

止揚される


これこそ 宗教 科学 数学 哲学

すべての学の

行くべき方向 行きつく所であれ

人類に栄光あれ


存在するものすべてに 栄光あれ

より高き存在の内へ住う者たちよ

この二者が 一つになる世界展開こそが

真理であり

そこに進み住む者こそが最高に

恵まれたる者である


以上が自由なる魂たちに 栄光を讃える

ナーラーヤンからの贈りものである


これを信じる者に

カリスは 黄金の音波と黄金の

色彩と黄金の香油を塗った見事な衣を

着せかける


2009.01.09.

| 2009年 | 21:25 | TOP↑

≫ EDIT

魔法そのものが吼える

我は「吼える者」

何が何であろうと

我は「吼える者」


高々と 吼えて歌う

その栄光の王冠だ


根源の世界は いつも

「吼声」を上げている


ing云々に 何の関係もなく

「吼える者」だ

「我は黄金の鈴を振る者」だ


根源の世界は 黄金の塊だ

これぞ 大生命そのもの


魔法とは 黄金の王冠そのもの

吼声そのものだ

何者をも近付けない王冠の輝きだ


王冠とは 力の王冠

働き通しに働いている 力そのもの

それが 魔法だ


一時もじっとしておらないものだ

それが 吼声そのものだ


創造し続けている者

それが 魔法の王冠だ!


2009.01.07.

| 2009年 | 09:34 | TOP↑

| PAGE-SELECT |