2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コップが消えた

極大にかけたスピードと

極小にかけたスピードとがある


極小の中につっ込んでゆくことと

極大の中につっこんでゆくことである


極小の中へのつっこみには

直接直感があり

極大の中へのつっこみには

大きなエネルギーと

大きいスピードとがある


それをもっと 能率よくしようと思えば

極大にかけたスピードを

極小の方にむけるのだ


すると すべてが消える

消えたコップが現われた


1985.05.07.
スポンサーサイト

| 1985年 | 21:14 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔は徹底的にやっつけてやる

今まで 悪魔や悪霊を

うつくし事で包んできたが

それは 一時の効果はあったが

やはり 悪魔は悪魔だ


こちらがきれい事で

悪魔を包もうとすると

余計つけ上がってくる


悪魔は徹底的にやっつける事だ


矢をもち

矢を 百も千も放つ

ドルガとなるぞ


ドルガ女神を創った理由は

やはりそこにあった


バガヴァッドギータの神

クリシュナの あの悪との闘い

絶対 ひるまないでやっつける

それでなくてはならない


絶対 宗教的な善的

うつくし事では ダメだ


悪魔は つけ上ってくる

一寸でも 後に引いたら

一寸でも 善に

一寸でも うつくし事でひいたら

そのすきにつけ上ってくる


これからは 悪魔をやっつける鬼に

なってやる

悪魔よ こい

お前たちを皆 やっつけてやる


世の中の病気苦労に

ひっついている悪魔め

わしはお前たちを 一掃してやる


1985.04.10.

| 1985年 | 20:10 | TOP↑

≫ EDIT

波動とリズムの同時存在

音は 波動であると同時に

リズムである

声も そのとうりだ


生きたもの

それだ


余裕 余裕

短波 短波 短波

長波 長波 長波


短波 長波 短波 長波

短波 長波 短波 長波


1985.04.05. 

| 1985年 | 20:05 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔もほほえみの一群

悪魔も ほほえみの一群

これがなかなかわからないのだ


悪魔は 人間に悪い事をするし

そこで 人間が苦しめられる

頭痛になったり 腹痛になったり


そこで 線香を12本たいて

それら悪因縁をおっぱら

うのであった

その線香12本の効果は

ものすごいものである


ところが 宇宙のすべて
 
あなたも あの人も この人も

あの花も あの石も

あの空間も あの時間も

すべて「幾何学的ほほえみ」

である事がわかった頃

そして私が そのアシュラムを去って

他にうつった頃から

子供が 腹痛 耳痛 頭痛に

急におそわれた


家の者たちは あわてふためいて

線香を12本たいた


だが五回たいても

その悪霊はおちなかった

そこで 私に電話をかけて来た


お線香を もっとつづけろと

私はいっておいて

お祈りをした


するとすぐ 治ると啓示があった

その頃から 子供の病は

治ってしまったという


ところが翌日 学校には無事に行けたが

学校の帰り 自分のプロパティ 

即ち我々のアシュラムの敷地内に 入った途端

又急にその子のお腹が 痛み出した


そしてその子の眼に

アシュラムの屋根の上に

悪魔がおどっているのが 見えたのである


その事を聞いた家の者は

おそれおののいて

部屋中 悪魔ばらいの線香をたいた


私は昨夜から その悪魔の事と

子供の病気の事を気にしていた


今朝である

お祈りに参加して

そのアシュラムを占領している悪魔の

成仏を祈っていた


その時である

ふとわかった事があった

インスピレーションに ひらめいたのである


悪魔たち 

屋根の上で踊っている悪魔たち

これも「宇宙の幾何学的ほほえみ」である事を

知ったのである


おお 悪魔たちよ

お前たちも 悪魔でなしに

「ほほえみ」そのものだったのだ


ゆるしておくれ

お前たちを 追っ払おうとしたり

又は 成仏させようとした事を


宇宙のほほえみ

幾何学的ほほえみ

お前たちはそれを教える為に

子供に病気をさせたり

屋根の上で踊っていたのか


子供たちもさんざんだったが

彼等がこのようにして

子供の時から

悪魔も 悪魔でなくて

宇宙のほほえみそのものなのだと

知った事は 非常にいい事だった


すべては ほほえみに

輝いているのだ

この宇宙は


ほほえみが 幾何学的ほほえみが

はるか彼方まで 輝いている


1984.01.18.

| 1984年 | 19:58 | TOP↑

≫ EDIT

笑いは物質

笑いは透明

笑いは透明


笑いは物質

笑いは物質


心のない笑い

心のない笑い


笑いは物質

笑いは透明

笑いは透明


高貴 透明 礼拝 笑い

物質 物質

心のない笑い

心のない笑い


透明 透明 透明 

物質 物質 物質


心のないもの 

心のない世界

心のない 笑いの世界


1983.11.18.

| 1983年 | 19:44 | TOP↑

≫ EDIT

まかしておけ

まかしておけ

まかしておけ

「今」に


とぶ今に まかしておけ

彼は最も 確かなもの

確かに彼は

とんでくれているものだ


自分がそれになって

とぼうとしなくても


まかしておけ


それは確かなもの

この上もなしだ


1982.07.20.

| 1982年 | 16:12 | TOP↑

| PAGE-SELECT |