FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

糸車があった

糸車があった
中点を中心として それは回る

円周は踊っている
踊りながら 円周は中点の中へ消えてゆく
中点には不動がある
詩的存在がある
その中へ 踊りながら円周は入ってゆく

糸車は回っている
中点はそれを受け 吸収してゆく

円周のない中点もなければ 中点のない円周もない
それらは 互の相互存在の中に存在している

引き入れられるものも 引き入れるものも
二つは 一つのものである

糸車は回る 糸車は回る
踊りながら中点へ消え そして出てくる
歌いながら 舞いながら 神話が顔を出す

未来も 時間も
夢なる手拍子を打って 踊り続ける

1995.01.09.
スポンサーサイト



| 1995年 | 23:47 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT