FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高貴なる線の世界

高貴なる線の世界がある
それは スローテンポの線である
直線が波長となって 舞いながらそれは行く

しかもそのスローテンポは オチャメの隠れ家
合理と非合理の関係をもちながら それはゆく
静かで高貴で 誰に知られずにそれはある

人は 波形は直線ではないという
アインシュタインはこの世には 直線はないのだという
なぜならこの宇宙は 球形だからという
しかしそこに 見落としているものがある
形而上学的に それらを見ていないからである

直線がなくて 曲線があったとする
その曲線には 円には直径があるように
曲線は円の一部である
故にその曲線には 見えない直径がある
そこに 直線と曲線に見えない遊戯がある

その遊戯を我がものとしよう
直線が踊って 曲線を創った
直線と曲線の遊戯の世界
悠々とそれらは無音で流れてゆく

見えない遊戯の世界
姿を隠して それらはゆく
常に自己をなくして それらは行く

おお 高貴なるものたちよ
スローテンポを隠れ家として
宇宙全体が流れてゆく

オチャメたちのささやき
声なき声が 音なき音が
静かに しかもどよめきながら
咆え音勇ましく 未来に向って流れてゆく

おお 直線と曲線の遊戯よ!!

2002.02.20.
スポンサーサイト



| 2002年 | 20:58 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT