FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吸い込まれ 消えて踊るもの

ここで起きる踊りは
自己が消えつつ 炎となる
命の甦りとは この消えて
それから 燃えるに移るのである

そこに 自己増殖の秘密がある
一旦消えること
消えつつ炎となること
命の炎は消え 飲み込まれ
軽やかになること

その軽やかになる事が命である
そういう命が燃えるのである

中性子の運動も そこにあるのである
消えて再び現れる命の運動
そこに 永遠に連なる命の姿が
あるようだ

無価値なるもの 軽やかなるもの 悦ばしきもの
この三要素が 自己を自己の道へ
ブラフマンの道へ導いてくれるのである

詩とは 無価値なるもの 軽やかなるもの 
悦ばしきものの羽ばたき
その舞である

2005.10.18.
スポンサーサイト



| 2005年 | 19:40 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT