FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水文明と香り

水文明の方程式が現われた
1-1=0 或いは 1-1=1である
0=1
この1-1とは自己を消すと0となる
手伝うこと 下僕となる事である

何に下僕となるのか
それは天の下僕となるのである それが1-1=0である
すると0=1と言う事は 0になるとはじめて1となる
即ち 本当の自己となるのである
水文明とはこの事である

本当の自己をつくるのには 自己を何者かに捧げねばならない
それが天への手伝いである 水文明とはこれである
すると人は黄金の香りそのものとなってくる

0=1は無我である
成ることを欲する者は0にも1にもなれないで
知識だけの人生で終ってしまう

花は咲かねばならない 人も人にならねばならない
しかし成ろうとすると成らない
0になり1になって 黄金の香り波に自己を捧げねばならない
そこに溶けてゆくと そのものになる

ここで初めて命そのものが出てくる 誕生である
お祭り 踊り 命の躍動が起きて来る

相対を消して 自己の中にとどまれ
ギリシャの神 それへの信仰は静かであった 
燃えてはいなかった
ああしてくれ こうしてくれと 燃えていなかった

静かに神の前にひざまずいて
聖なる神のみ姿 形相を仰ぎ見るだけであった
そこで自己を消すのである

日本庭園や茶の湯にはそれがある
はでやかで 燃える世界に入ってゆかない
花はどのように生けるのですか それに対して
「野にあるように生ける」と答えが返って来た

ここに日本がある ここに日本人がある
日本人は大昔から流れ伝わって来ている
精神に帰らねばならない そこにこそ自由がある
本当の自由をもった日本人に帰らねばならない

自然は眼の前にあるのではない
自然は自己の内にあるのである
老子は自然に帰れと説いた 神も仏もそこにはなかった
天だけがそこにあった
そして天は我が内にあった

野にある花は 我が内にあった
夕焼けの女神はただ つっ立っただけであった
それが詩そのものであった
香りそのものであった

2006.10.17.
スポンサーサイト



| 2006年 | 21:22 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT