FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近くに来た太陽

太陽の笑いをもてば という

詩を読んだ時

これだと思った


それから 太陽の笑っている顔を

自分に作ろうとしてきたが

瞬刻 瞬刻につくれたわけではなかった


振り返って考えてみるに

その時の太陽の笑いは 

自分の前に 距離をおいてあった太陽の

笑いであった


それが身近かに来て

それの笑いを 持てるようになった


手拍子をうって 踊り出している

近くに来た太陽

その太陽と 共に笑う

手拍子と 踊りが始まる


2007.01.12.
スポンサーサイト



| 2007年 | 21:41 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT