FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊張からの解放

形相が主人公となり

思わなくても 太陽の笑い顔が

出来上ってきた

即ち意識が 従となってしまった

のである


そして 精神や心が

形相さえ正せば それに従がって良くなる

という新たな道を 発見したのであった


太古においては 形相が言語で

あったと言う事が 実現されてきた

のである


これは大成功だ

形相の天下が やって来たのだ

これを感覚的悟性という


神話は この世界の産物である

それで考えられる事は

人はいつも緊張している

立派な心の人間に 

立派な意識の人間に 成らねばならないと


顔も 眼も 耳も緊張し続けて

来ている

それが 人間というものであった


だから眼は見張り 大きい眼を

して見張り番のような役目をしていた

時には 疑うような目つき

時には 警戒するような目つき

時には よろこびの目つき

時には 困り切った目つき


これと同じで

口も耳も間違いをおかしては

ならない 

聞き逃してはならないと……


また頭も 体全体も そういう

性格のものとなりきっていた

それを解放せねばならないのだ


それを解放してくれるのは 先ず

眼を小さくして 細くし

口許を横に 少し長くする


ただその形相をつくるだけで

太陽の種が花開いて

春風に帆をはって進む舟のように

静かになめらかに 優しく安らいが

出て来るのである


苦も欲も徐々に 減ってくるのである

世界秩序も そこから整ってくるので

ある 

羽毛のように 軽い人間が出来て来る

何の苦も持たない人間が


2007.01.15.
スポンサーサイト



| 2007年 | 21:20 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT