FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素朴とオチャメ

今まで求め 得ようとしていた

オチャメは

何だか温かいものを土台にして

求め考え出されていたものである

ということに気がついた


温かいものを土台にしていると 

このよごれた世界での求めに

一歩足を踏み入れる事になる 

すると俗世のにおいから抜けられない 


では素朴を元とするオチャメとは 

どんなものか

それは子供のもつ素朴さ そこから出て来る

そこには温かさを求めているものは何もない


温かさを求めるのは大人である

子供は純粋なものを求め その中で生き 

その中で 親の懐の中にいる 

特別に温かいものを求めるという知力など

毛頭持っていない


子供は純心というが それは純粋なものを求め

純粋なものの中に憩い 遊んでいる 

その遊びも 遊んでいるというより 

憩っているのである


子供は純粋さの中で 憩える魂なのだ

それに比べ 大人は安心と温かさを求めなければ

憩うことすら出来ない存在と

なっているのである


素朴とオチャメ これは一つのものだったのだ

温か味のあるオチャメから抜け出そう 

そして子供の魂をお手本として

本当のオチャメをつかめ


天上から魂に そよ風が

吹いて来た


2002.03.05.
スポンサーサイト

| 2002年 | 21:40 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT