FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気息のみがある

平和を求めている者には平和はこない

求めがあるところ 即ち受けのあるところに

それは来ない

受けのない所

そこにブラフマンそのものが立ち上る


受けがないとは何か

それは現象世界の形相をとること 

つまり存在事物の形をもとり除くのである


ブラフマンは宇宙を呼吸する一者なるものである

その一者が自らを呼吸するのである

それがブラフマンの公式 すなわち

1-1=0 0=1-1


1という数が消され 0だけが残る

一者さえもそこでは消される

一者自らが 一者に吸い込まれるのだ

そして再び 一者が吹き出される 

ここには気息があるだけである 


そこには距離のない世界 

即ち時間も むろん相もない世界がある

形も消されるのである


ブラフマンなる一者があった 

そこから夜の静けさも 波打つ大洋も

出来た


しかし一者は

それを創ろうと意志したのではない

彼は呼吸するのみであった


そこで創造するという意志は消された

美感とか知情意は そこにはなかった


ただあるものだけがあった 

それは気息である


2004.02.13.
スポンサーサイト

| 2004年 | 09:48 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT