FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆれ動く透明なほほえみ

ラーマクリシュナは偉大だ

彼には根源なるブラフマンは

なかった

ゆれ動くオチャメのゆれだけがあった


そのゆれ動くものとは何か

それは1-1=0 0=1-1という数式

それに意識を集め

その数式になり切るのである

それは人間という形相から 逃れる事でもある


これは自らが自らを呼吸することである

そして自らが自らを呼吸するとは

自らさえも消えるのであって

自らは何者でもなくなってしまうのだ


知情意でもなく 考えの湧く何者でもない

いわば暖かい世界を求める中にいない

では冷たい世界ということになるが

それは暖かいの反対の冷たいではない


有無の世界でなく中性の世界

即ち点の世界でもある

知情意によって求めつづけてきた自己が消えて

自らは人間でないものとなって

軽くなり 踊り出して来るのである


結果的に来るべき何かを

待ちわびるのでもない

受け取るべきものもないのである

実りとか実現というものも

ないのである


そこで身が軽くなる

即ち羽毛だ

軽くなるのである 


それが暖かさを求めない透明な

中性的オチャメである

いわゆる冷たいオチャメともいえる


冷たいとは暖かさの中にいた人間模様を

おさらばした状態をいうのである

暖かいものを求め

暖かいものの中に住まう自己がなくなり

自らが消えた瞬間である 


踊りが始まる

冷たい自らがもつ躍動の舞の姿 

それが現われて来た

やっと 何ものかを求めていた自己から

解放されたのである


押さえられていた覆いがなくなり

自らそのものの踊り 躍動がやって来た


ゆれ動く1-1=0 0=1-1が

0そのものに帰ったのである

あるものそれ以上のものも それ以外のものも 

そこにはなかった


自らの冷たい熱情だけがあった 

他に何も関係のない自らである

慄然と立ち そこに揺れている者があった

慄然と一人ほほえむ

言語は消えて ゆれ動く自らだけがあった


一者はほほえむ

それは静かで

ラーマクリシュナのように

世界をつつんでいる


それは最高のものになった

透明なほほえみであり 

透明な静かさである


1-1=0 0=1-1

このブラフマンの数式の偉大さが

これをもたらした


2004.02.25.
スポンサーサイト

| 2004年 | 13:35 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT