FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すべては礼拝から

礼拝の時の鐘の音 鈴の音 

その幾何学的な波動

角度と線の交錯 透明な神

いたるところにかくれている

透明な神


神は礼拝することによって

つくられてくる

神が尊いから拝むのではなく

人間に神性があるから拝むのでなく

そんなことに何も関係なく

ただ礼拝する


透明 透明という角度はどこから

現われてくるのか

それは礼拝することによって 現われてくる


現象世界での様々な問題

そこでそれらを解決しようとしても

うまくいかない

その時 心の中で「礼拝」とつぶやく 


礼拝に焦点をあてたら 即座に

始まりの世界へ

ブラフマンと現象界の橋渡しのところへ

もどっていく


人間の感情の世界から瞬間的に

意識は根源へ帰郷し

時間の噴出口そのものとなる


噴出口は創るもの おどりそのもの

躍動そのもの

自己が時間をつくるもの

そのものとして立つのである


時間そのものとして 自分たちは在る

常に創るものとして在る

現象界に在ると誤解してはならない

つねに噴出口に 創るものとして

在ることを忘れるな


そのすべては

礼拝によって導かれるのである


1998.03.21.
スポンサーサイト

| 1998年 | 23:52 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT