FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太古の人々の知恵

神話性と詩の心でないと入って行けません。ヴィーコはそれについて次のように述べています。「プラトンは、知恵とは人間を完成するものと定義している。しかし太古の人々の知恵というのは、詩的な知恵であって、今日の学者たちのような理論的・抽象的な形而上学で無かったが故に、太古を解明しようとする者は感覚的でなければならない。しかもそれが空想的、想像的な形而上学でなければならない。彼らには我々の考えるような理性などほとんど通用しない。彼らの感覚はすばらしく、その空想力は自由奔放である。」
この自由奔放な空想力、これこそ神話の領域に入る通行手形のようなものです。そしてそれは無知の深淵から清く、静かに踊り出るものなのです。詩人であったヴィーコは象形文字も解読されていない時期にもかかわらず、そのエジプトの太古人々の無知の深淵にまでもぐる事が出来た天才ともいえます。そして空想力と感覚的悟性の必要性を未来の人々の為に示してくれたのです。
ここで問題となるのは「感覚」という言語です。現代人は感覚的であるとかいって、感覚を知性より下位に見る傾向があります。(あの人は感覚的な人だ)など、知的でない人だと、人を見下げたような言葉をよく聞きます。ところが知性より感覚の方が上位なのです。現代人は、その超感覚性――超感覚的悟性を失っているのです。
一言で言うなら太古の人は、肌で宇宙を感じていたという事です。空想力はそこから出てくるのです。ヴィーコは更に述べています。彼等は事物を知的に追及するのでなく、空想力の中で生き呼吸していた。現代人はそれを無知という言語で彼等を見ようと努めるが、その太古の人々をつかまえて無知な人々と簡単に言えるだろうか。――無知と言われてもよい、無知こそ驚きの母なのだから。この宇宙で至高神を志向し、神について語ることである。」
言い変えると、太古の人々はすぐれた感覚を持って、動物や物や樹々や空気や太陽や星々と語りあい、その中で遊戯していた人々であり、現代人は知性という限られた……ともすれば凍ってしまう道具を持て、歴史の中をうろつき、おびえ、おびえさせているのです。
無知は驚きの母である……何とすばらしい言葉ではありませんか。ちょうど地上の草樹を焼き尽くそうとしている知性の火に、水をかけた思いがします。我々の文明はやたらと燃えている火の文明です。一寸先も見えないでは在りませんか。その火がますます拡がろうとしている火遊びのような歴史をくりひろげています。それで「頭を冷やせ」と。……アホ、バカと言われてもいい。ホラ吹きと言われてもいい、その人は幸せをそこにつかむでしょう。

スポンサーサイト



| エッセイ | 13:25 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT