FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本のドルガプジャへのメッセージ

今年は第30回のドルガプジャです。1973年に始めて日本の大阪の我々の本部でドルガ女神のお祭りをしたのです。それで、ドルガ女神は日本でもお祭りをしてもらえるので大変よろこばれました。

そして1975年、その2年後にはナーラーヤン先生がアメリカに行かれ、アメリカでもドルガのお祭りを始められた………といういうわけです。そして先生の写真やお弟子さんが写真をとると、そこに白光の光として、女神の魂が現われる………という不思議な事が起きています。

次はアメリカの先生から本年度贈られて来たメッセージを読み上げさせていただきますが、そこにも不思議な出来事が書かれてあります。
アンが6月のなかばに日本に帰った、その後の出来ごとです。

7月の或る日、いつものように七面鳥の群れ15羽位が庭に入って来ていました。
これは、これまでは畑に入っては困るので、時々は追うようにしていました。
むろん人間が近かづきますと、そそくさと逃げて移動し始めるのです。

ところがその日は、全然ちがった事が起きたのです。私がその七面鳥の群れに近寄ると、やはり逃げ始め、我々の屋敷内から外へ出て行きました……。

しかしふと眼の前に、一羽の七面鳥が下を向いて、餌をついばんでいるのです。私は何か錯覚が起きたのかと、呆然と見とれていました。(この一羽の七面鳥は眼がみえないのだ。だから私が1m程の所に立っていても、私が見れないのだ)と思い込んで、それを見ていました。眼を他にむけると、逃げた15匹近い七面鳥がどんどん遠くへ移動していっています。この一羽だけ逃げ遅れたのでした。

私はそれで、その逃げ遅れた1羽の七面鳥を少しあわれに思って見ていました。そして、やはり眼が見えないのだな……と思いながら見ていましたが、その1匹を可哀相に……と思っていたものが、そこにある少しの水溜りの水を飲み始めたのです。

そこで私はやっと、この鳥は眼が見えるのだ、と気付いたのです。よく考えたら眼が見えていないはずはないのです。それまで5分間程見ている間でも、ちゃんと餌をついばんでいるのですから、見えているのです。それなのになぜそれがわからなかったのでしょう。それは七面鳥は皆逃げるものと思いこんでいたからです。

私の足許にいるその七面鳥を私は見下ろしている、それなのに私に気にも留めず、私の身近かにいてくれたからでした。私はそのかわいい垢ぬけした子供の七面鳥のそばで、15分ぐらい一緒に時を過ごしていました。そしてやっと私の心に、次のような考えが湧いて来ました

仲間の他の鳥はどこかに行ってしまった。それをどうするのだろう。……皆の行った所が分らない、その哀れさが、その1羽の鳥に集められていたのです。

いつも七面鳥の群を見ると、追っていたのにこの鳥は逃げない。これは、神がこの1羽を私の前に現わしてくれたものだ……と思うと、それが光って見えるように
なりました。(七面鳥を追ってはいけないよ)と、言われているのだ……と思いました。そして 私自身を「哀れ」に思えるようになったのです。

「哀れ」なのは人間の方でした。何かあると、動物などの生き物を人間扱いしないのが人間です。そしてそれらを見下げ、我々は人間だ……これらは人間ではない……という差別をもって見ている人間。 それが「哀れ」になって来たのです。

神様がそういう事を教える為に、今日はその1羽の七面鳥をつくって、私の眼の前に置き、離れなかったのだ……。これからは七面鳥の群れが庭にやって来ても追わないことにする……と決心しました。

そして七面鳥こそ、ここの住人であって、そこへ我々人間様が入って来て、これは我々の土地だと言っているのです。これではいけない。心を改めて、この土地を彼らと共に共有しよう……という気になりました。

我々は七面鳥ばかりでなく、人でもそうです。善し悪しで眺めます。その、そう眺める者そのものが、自分そのものが「哀れ」な者であるのだ、と自分に言い聞かせました。

善し悪しはないのだ。全て、この地球上にいる共有者だ。自分から他を見るのでなく、同じ位置にいるべきだ。自分と他を分けているから、良し悪しが出て来るのだ。「哀れ」なのは人間であり、自分なのだと反省しました。

このようにして、人間以外の生き物をも大切に扱い、地球上に同じく生き、住んでいるという共同体生活という心のかまえが出来てきたのです。すると七面鳥の群が庭に来ても我々が5mぐらいの所に来ても、逃げずに安心しきって餌をついばむようになりました。

こうして7月8月9月はすぎ10月4日となりました。
……ちょうどドルガ・プジャが9日から始まるので、その準備を少しずつ始めようとしている時でした。10月4日の朝食時に、いつものように七面鳥の13羽の群が庭の大きい池に来て、一列に並んで水を飲んでいました。

朝食をとりながら我々5人(私 メアリ マヤ アラン フランク)が眺めて、七面鳥が水を飲んでいる……と言いながら、あれが白鳥のように白いのがいたら良いのになあ……と口々に言うし、七面鳥が黒いまだらな羽なので、ある者は「黒くて汚いし、格好がハゲタカみたいで気持ち悪い、白かったらねぇ……」などと七面鳥があまり格好のいい鳥でないので白鳥のようようなのがいたら、どんなにか庭と池に良い風景をそえてくれるのに……と思った事を口々に言ったのです。

そして一夜は開けました。そしたら翌朝食事の時に、またいつものように13羽の黒い七面鳥の中に、白い七面鳥が3羽混じっているのが見つかりました。私たちは自分の眼を疑いました!!まさに天から降って湧いたものとしか思えません。

私は始め、あの3羽は一夜の内に真白になったのだと思いました。そうでないとそんな白い七面鳥などあるはずはないからです。かつて今まで20年間ここにいて、
白い七面鳥など見たことがなかったからだし、常識的に考えても居ようはずはない。

まして、昨朝言ったばっかりだった……それがちゃんと、現れて来たのです。……こんなびっくりした事はありません。ムカデ成仏もびっくりしましたが、それは私以外に誰も見た事がなく、その驚きを間近に直接に味わうことが出来ませんでした。

しかしこの七面鳥の件は、皆んなで口々に白い七面鳥が来たらどんなに良いか知れない……と空想し、夢をそこにぶち上げたからです。それが見事に……思いもせぬ事が現実化したのですから、みんなの驚きと喜びは言いようもありませんでした。

魔法の小箱から小鳩が取り出されたように、白い七面鳥が3羽も13匹の黒い鳥の中に混じって、同じように水を飲み、庭をうろつき半時間ほど餌をあさっていました。私たちはこれこそビデオカメラにおさめねば……と嬉しい気持ちを抑えながら撮影しました。こんな事はこれきりで、もう二度と見れないかもしれない思ったからです。

そしてその翌朝も、又その翌日も待ちましたが、思ったように二度と現われて来てくれませんでした。10月9日にドルガ・プジャが始りました。私たちの心の内には今日はドルガの祭だから、ひょっとしたらドルガがまた白い七面鳥を遣わしてくれるかも……と思っていたのです。

しかしもう夢を見終わったようなはかない気分が湧いてきました。七面鳥が現われて来なかったからです。せめてビデオカメラにおさめた事だけが後にまで救いになる現実なのだと、淋しい心を慰めていました。

私はこの出来事で、今書いている本の最後の所をどんな風にしてまとめようかとしていましたが、この白い魔法の鳥の出現の出来事をその最後の文に見事にまとめる事が出来ました。

それは神は魔法使いであるという内容です。「幻想 一体感の世界」というまとまった内容が書けたのです。即ち我々の世界は時々刻々に景色が変化していっています。夜の星空もそうです。我々の生命も時々刻々に変化して、終いに姿を消します。

するとこの「ある」という実在は、刻々の幻なのです。直ぐ消え変化する……もう最前のものは消されて幻となっているのです。
それをこの七面鳥が消えた事から学びました。そして神は魔法使いであるという結論でした。

現実……というものはないのです。幻の連続という幻想の世界です。それからというもの景色を見ても、全て神の魔法である。幻に見えて来て、それを見ている自分もその幻の一員であると感じるようになりました。

それで「幻想一元論」というものが生まれたのです。「幻想一元論」即ち全ては幻なのです。それを人は幻と分からず、現実というものがあるように錯覚しているだけなのです。

時間というゆっくりした流れの中に身をおいているから、幻が分らないのです。映像でもスピードを落として撮ると、花が急につぼみから開花するのを見たことがあるでしょう。それは魔法のように感じるのです。急にすごいスピードで花が開く……それを我々はゆっくりした時間で見ているから、魔法のような雰囲気が感じとれないのです。この世はすべて幻なのだと白鳥の消えた事で教えられました

皆さんへ!!
こうして第二日目のドルガプジャの朝です。白鳥の七面鳥が又一群に混じって現われたのです。この時の喜びは天にも昇るようでした。これらの映像をいつか日本に送りますので見て下さい。
スポンサーサイト



| 講話など | 22:39 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT