FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

詩のつっ立ち

最後に残るもの 
それは 詩と神話という幻想の世界である
正しく彼らは ピュアーというものだ

幻想こそが命である
幻想の行為を 存立たらしめるものは
子が親の手伝いをするということにある
天の手伝いをする為に子があるのである

そこに欲や 個我から離れた子が存在する
欲望は個をつくり 妄想をつくる元となる

手伝いの中に歓びを見い出し
手伝いそのものを命とし
手伝いそのものを幻想の住み家とする

ここで幻想は 迷いの幻想でなく
歓びの幻想となる

幻想を 迷いの幻想としないためには
停めたところから それは来ねばならない
停めるところに 幻想の幻想たるいわれがある

幻想に止めがなければ
それは とりとめもないものになってしまう
ふわついた幻想であってはならないのである

この世で一番止めねばならないもの
それは幻想であり
止まり つっ立っているものが詩である

夕焼け空 その香り
天界の反映像

あれは 詩の香りである
樹は一本立っているように
詩のつっ立ちである

神や 神々や 女神やという名称を
そこでは越えている

名称のあるもの 人 動物
その他生命という名称も
取り除かれた世界
そこに詩がある

その止めるもの
その止めをどこにおくか
何がその止めをつくる役目をするのか
それが見つかれば 幻想が幻想たる意味と
価値が出て来るのである

扇を考えてみよ
その開かれた姿
それが幻想そのものであり
それが宇宙そのものの姿である

しかしその扇には要(かなめ)なくして
扇は開かない

宇宙は開かれ動いている
詩のつっ立ちが 宇宙の錦絵を開くのである

2005.12.26.
スポンサーサイト



| 2005年 | 00:05 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT